majiko

Mushroom / majiko

  • Title: Mushroom
  • Also Known As: マッシュルーム
  • Composer: majiko
  • Arranger: NAOTO
  • Lyricist: CyoucyoP

"Mushroom" is the 10th track from the "Sabishii Hito ga Ichiban Erainda" album released by majiko. It was released on June 19, 2019.

"Mushroom" Lyrics

誰かを愛するその事実は
ずっと近くにあると思ってた
曖昧な形で誤魔化している
こんな想いに意味など無いのに

独りにまみれた僕の部屋には
君の温度が残っているよ
吐き出した言葉に隠した嘘が
剥がれ落ちて音を立てるの

甘いキスの痕が癒えない程
溺れてた自分に嫌気が差すよ

悲しみも寂しさも
この世界ごと全部僕の物にして
心から笑えたら君は要らないよ
どうせなら夢のまま
未来なんて壊して捨てて欲しかった
変われない僕がまだ此処にいるから

相対を重ねた君の姿に
知りたい答えがあると思ってた
曖昧な形で誤魔化している
こんな想いに意味など無いのに

溶けかけの夜に滲む空が
あまりにも綺麗で息が詰まるよ

裏切りも過ちも
最初から何にもなかった事にして
忘れたり出来るならそれでも良いんだ
届かない声の中
これからはきっと僕以外の誰かに
愛されて満たされて生きていくんだろう

閉じ込めた過去と終わる景色を見つめて
下らない憂いを繰り返すのでしょう
間違いじゃないってこの僕に教えてくれ

叶わない幸せも
当たり前に縋って求めてた日々も
思い出すその度に胸が苦しいの
言い訳を押し付けて
君が消えればいいと願った理由は
傍に居た僕にすら解らないんだよ

悲しみも寂しさも
この世界ごと全部僕の物にして
心から笑えたら君は要らないよ
どうせなら夢のまま
未来なんて壊して捨てて欲しかった
変われない僕がまだ此処にいるから
さよならだけが此処にあるから
dareka wo aisuru sono jijitsu wa
zutto chikaku ni aru to omotteta
aimai na katachi de gomakashiteiru
konna omoi ni imi nado nai no ni

hitori ni mamireta boku no heya ni wa
kimi no ondo ga nokotteiru yo
hakidashita kotoba ni kakushita uso ga
hagareochite oto wo tateru no

amai kisu no ato ga ienai hodo
oboreteta jibun ni iyake ga sasu yo

kanashimi mo sabishisa mo
kono sekaigoto zenbu boku no mono ni shite
kokoro kara waraetara kimi wa iranai yo
douse nara yume no mama
mirai nante kowashite sutete hoshikatta
kawarenai boku ga mada koko ni iru kara

aitai wo kasaneta kimi no sugata ni
shiritai kotae ga aru to omotteta
aimai na katachi de gomakashiteiru
konna omoi ni imi nado nai no ni

tokekake no yoru ni nijimu sora ga
amari ni mo kirei de iki ga tsumaru yo

uragiri mo ayamachi mo
saisho kara nannimo nakatta koto ni shite
wasuretari dekiru nara sore demo iin da
todokanai koe no naka
kore kara wa kitto boku igai no dareka ni
aisarete mitasarete ikite ikun darou

tojikometa kako to owaru keshiki wo mitsumete
kudaranai urei wo kurikaesu no deshou
machigai janai tte kono boku ni oshiete kure

kanawanai shiawase mo
atarimae ni sugatte motometeta hibi mo
omoidasu sono tabi ni mune ga kurushii no
iiwake wo oshitsukete
kimi ga kiereba ii to negatta riyuu wa
soba ni ita boku ni sura wakaranain da yo

kanashimi mo sabishisa mo
kono sekaigoto zenbu boku no mono ni shite
kokoro kara waraetara kimi wa iranai yo
douse nara yume no mama
mirai nante kowashite sutete hoshikatta
kawarenai boku ga mada koko ni iru kara
sayonara dake ga koko ni aru kara
Romaji
dareka wo aisuru sono jijitsu wa
zutto chikaku ni aru to omotteta
aimai na katachi de gomakashiteiru
konna omoi ni imi nado nai no ni

hitori ni mamireta boku no heya ni wa
kimi no ondo ga nokotteiru yo
hakidashita kotoba ni kakushita uso ga
hagareochite oto wo tateru no

amai kisu no ato ga ienai hodo
oboreteta jibun ni iyake ga sasu yo

kanashimi mo sabishisa mo
kono sekaigoto zenbu boku no mono ni shite
kokoro kara waraetara kimi wa iranai yo
douse nara yume no mama
mirai nante kowashite sutete hoshikatta
kawarenai boku ga mada koko ni iru kara

aitai wo kasaneta kimi no sugata ni
shiritai kotae ga aru to omotteta
aimai na katachi de gomakashiteiru
konna omoi ni imi nado nai no ni

tokekake no yoru ni nijimu sora ga
amari ni mo kirei de iki ga tsumaru yo

uragiri mo ayamachi mo
saisho kara nannimo nakatta koto ni shite
wasuretari dekiru nara sore demo iin da
todokanai koe no naka
kore kara wa kitto boku igai no dareka ni
aisarete mitasarete ikite ikun darou

tojikometa kako to owaru keshiki wo mitsumete
kudaranai urei wo kurikaesu no deshou
machigai janai tte kono boku ni oshiete kure

kanawanai shiawase mo
atarimae ni sugatte motometeta hibi mo
omoidasu sono tabi ni mune ga kurushii no
iiwake wo oshitsukete
kimi ga kiereba ii to negatta riyuu wa
soba ni ita boku ni sura wakaranain da yo

kanashimi mo sabishisa mo
kono sekaigoto zenbu boku no mono ni shite
kokoro kara waraetara kimi wa iranai yo
douse nara yume no mama
mirai nante kowashite sutete hoshikatta
kawarenai boku ga mada koko ni iru kara
sayonara dake ga koko ni aru kara
Original
誰かを愛するその事実は
ずっと近くにあると思ってた
曖昧な形で誤魔化している
こんな想いに意味など無いのに

独りにまみれた僕の部屋には
君の温度が残っているよ
吐き出した言葉に隠した嘘が
剥がれ落ちて音を立てるの

甘いキスの痕が癒えない程
溺れてた自分に嫌気が差すよ

悲しみも寂しさも
この世界ごと全部僕の物にして
心から笑えたら君は要らないよ
どうせなら夢のまま
未来なんて壊して捨てて欲しかった
変われない僕がまだ此処にいるから

相対を重ねた君の姿に
知りたい答えがあると思ってた
曖昧な形で誤魔化している
こんな想いに意味など無いのに

溶けかけの夜に滲む空が
あまりにも綺麗で息が詰まるよ

裏切りも過ちも
最初から何にもなかった事にして
忘れたり出来るならそれでも良いんだ
届かない声の中
これからはきっと僕以外の誰かに
愛されて満たされて生きていくんだろう

閉じ込めた過去と終わる景色を見つめて
下らない憂いを繰り返すのでしょう
間違いじゃないってこの僕に教えてくれ

叶わない幸せも
当たり前に縋って求めてた日々も
思い出すその度に胸が苦しいの
言い訳を押し付けて
君が消えればいいと願った理由は
傍に居た僕にすら解らないんだよ

悲しみも寂しさも
この世界ごと全部僕の物にして
心から笑えたら君は要らないよ
どうせなら夢のまま
未来なんて壊して捨てて欲しかった
変われない僕がまだ此処にいるから
さよならだけが此処にあるから

Comments (0)

Please feel free to correct me if you see any mistakes. It will help me a lot.

Leave a Reply

From The Same Artists

Wonderland / majiko
Wonderland
majiko
Paranoia / majiko
Paranoia
majiko
Late Show / majiko
Late Show
majiko
Glamor / majiko
Glamor
majiko
Mimizu / majiko
Mimizu
majiko