5 days ago

Futoumei Ningen / flumpool

Futoumei Ningen / flumpool
  • Title: 不透明人間
  • Also Known As: Futoumei Ningen
  • Performer: flumpool
  • Composer: Kazuki Sakai
  • Arranger: Rui Momota
  • Lyricist: Ryuta Yamamura

Futoumei Ningen is the 5th track from the Real album released by flumpool. It was released on May 20, 2020.

"Futoumei Ningen" Lyrics

kurai heya de hitori yubi de nazotta sukuriin
tsukurimono no hikari mabushii

koraete kita kokoro kuzurete itta kawa yo
akiramereba tashou raku ni naru hazu datta

kietakute sotto tozashita tobira
mitsukete hoshikute yona yona tataite itan da

kizu hitotsu nai toumei ningen ni natte
mamoritakatta no wa kirei na yume
mijime na kako nante asayake ni moyashite sa
nakatta koto ni shitakatta

saishuukai no dorama tochuu de keshita gamen
owatte shimau to munashiku naru kara

yarikirenai omoi tomatta mama no tokei
kizutsukanai you ni hitori ni natta hazu datta

mado nagametara mou hitori no boku ga
maigo no you na me de nanika uttaete irun da

"koko ni iru" tte furishiboru koe de itta
kimi no mimimoto ni wa mada todokanai
shizukesa no naka de oshikometa yoru no sakebi
hakidashite yogoretai

nakushita koe wa torimodosenain da
sore demo ikite takute kimi wo sagashite irun da

futoumei datte "boku" to iu ningen dakara
tada kirei na yume nante mou sutesatte
mijime na sugata de mukaeru asayake nara
kizamikonde kizutsukitai
kono koe de "koko ni irun da" tte
暗い部屋で一人 指でなぞったスクリーン
作り物の光 まぶしい

堪えてきた心 崩れていった川よ
諦めれば多少 楽になるはずだった

消えたくて そっと閉ざした扉
見つけて欲しくて 夜な夜な叩いていたんだ

傷ひとつない 透明人間になって
守りたかったのは 綺麗な夢
惨めな過去なんて 朝焼けに燃やしてさ
なかったことにしたかった

最終回のドラマ 途中で消した画面
終わってしまうと 虚しくなるから

やりきれない想い 止まったままの時計
傷つかないように 独りになったはずだった

窓眺めたら もう一人の僕が
迷子のような目で 何か訴えているんだ

“ここにいる”って 振り絞る声で言った
君の耳元には まだ届かない
静けさの中で 押し込めた夜の叫び
吐き出して 汚れたい

なくした声は 取り戻せないんだ
それでも生きてたくて 君を探しているんだ

不透明だって“僕”という人間だから
ただ綺麗な夢なんて もう捨て去って
惨めな姿で 迎える朝焼けなら
刻み込んで 傷つきたい
この声で“ここにいるんだ”って
Romaji
kurai heya de hitori yubi de nazotta sukuriin
tsukurimono no hikari mabushii

koraete kita kokoro kuzurete itta kawa yo
akiramereba tashou raku ni naru hazu datta

kietakute sotto tozashita tobira
mitsukete hoshikute yona yona tataite itan da

kizu hitotsu nai toumei ningen ni natte
mamoritakatta no wa kirei na yume
mijime na kako nante asayake ni moyashite sa
nakatta koto ni shitakatta

saishuukai no dorama tochuu de keshita gamen
owatte shimau to munashiku naru kara

yarikirenai omoi tomatta mama no tokei
kizutsukanai you ni hitori ni natta hazu datta

mado nagametara mou hitori no boku ga
maigo no you na me de nanika uttaete irun da

"koko ni iru" tte furishiboru koe de itta
kimi no mimimoto ni wa mada todokanai
shizukesa no naka de oshikometa yoru no sakebi
hakidashite yogoretai

nakushita koe wa torimodosenain da
sore demo ikite takute kimi wo sagashite irun da

futoumei datte "boku" to iu ningen dakara
tada kirei na yume nante mou sutesatte
mijime na sugata de mukaeru asayake nara
kizamikonde kizutsukitai
kono koe de "koko ni irun da" tte
Original
暗い部屋で一人 指でなぞったスクリーン
作り物の光 まぶしい

堪えてきた心 崩れていった川よ
諦めれば多少 楽になるはずだった

消えたくて そっと閉ざした扉
見つけて欲しくて 夜な夜な叩いていたんだ

傷ひとつない 透明人間になって
守りたかったのは 綺麗な夢
惨めな過去なんて 朝焼けに燃やしてさ
なかったことにしたかった

最終回のドラマ 途中で消した画面
終わってしまうと 虚しくなるから

やりきれない想い 止まったままの時計
傷つかないように 独りになったはずだった

窓眺めたら もう一人の僕が
迷子のような目で 何か訴えているんだ

“ここにいる”って 振り絞る声で言った
君の耳元には まだ届かない
静けさの中で 押し込めた夜の叫び
吐き出して 汚れたい

なくした声は 取り戻せないんだ
それでも生きてたくて 君を探しているんだ

不透明だって“僕”という人間だから
ただ綺麗な夢なんて もう捨て去って
惨めな姿で 迎える朝焼けなら
刻み込んで 傷つきたい
この声で“ここにいるんだ”って

Comments (0)