2 weeks ago

Usotsuki / Yorushika

Usotsuki / Yorushika
  • Title: 嘘月
  • Also Known As: Usotsuki
  • Performer: Yorushika
  • Composer: n-buna
  • Arranger: n-buna
  • Lyricist: n-buna

"Usotsuki" Lyrics

ame ga futta hana ga chitta
tada somatta hoho wo omotta
boku wa zutto baketsu ippai no gekkou wo nonderu

hontou nan da yoru mitai de
usuku toumei na kuchizawari de
sou nan datte
waratte mo ii kedo
boku wa kimi wo matte iru

natsu ga satta machi wa shizuka
boku wa yatto heya ni modotte
yoru ni natta konna yoizuki wo hitori de miteiru
hontou nan da mukashi no boku wa
namida ga houseki de dekitetan da
sou nan datte waratte mo ii kedo
koe wa mou tokuni wasureta
omoide mo ai mo shinda
kaze no nai umibe wo aruita ano natsu e

boku wa sayonara ga hoshiin da
tada madoromu you na
mono hitotsu sae iwanai mama
boku wa kimi wo matte iru

toshi wo totta hitotsu totta
nanimo nai heya de haru ni natta
boku wa ai wo soko ga nuketa eshaku de nonderu
hontou nan da aji mo shinakute
nomeba nomu hodo nodo ga kawaite
sou nan datte waratte mo ii kedo

boku wa yoru wo matte iru
kimi no hanauta ga hoshiin da
tada madoromu you na
mono hitotsu sae iwanai mama

boku wa kimi wo matte iru
kimi no me wo oboete inai
kimi no kuchi wo egaite inai
mono hitotsu sae iwanai mama

boku wa kimi wo matte inai
kimi no hana wo shitte inai
kimi no hoho wo omotte inai
sayonara sura iwanai mama

kimi wa yoru ni natte yuku

(hontou nan da yoru mitai de
natsu ga toumei na kuchizawari de)
雨が降った 花が散った
ただ染まった 頬を想った
僕はずっと バケツいっぱいの月光を飲んでる

本当なんだ 夜みたいで
薄く透明な口触りで
そうなんだって
笑ってもいいけど
僕は君を待っている

夏が去った 街は静か
僕はやっと 部屋に戻って
夜になった こんな宵月を一人で見ている
本当なんだ 昔の僕は
涙が宝石でできてたんだ
そうなんだって 笑ってもいいけど
声はもう特に忘れた
思い出も愛も死んだ
風のない海辺を歩いた あの夏へ

僕はさよならが欲しいんだ
ただ微睡むような
もの一つさえ言わないまま
僕は君を待っている

歳を取った 一つ取った
何も無い部屋で 春になった
僕は愛を底が抜けた 柄酌で飲んでる
本当なんだ 味もしなくて
飲めば飲むほど喉が渇いて
そうなんだって 笑ってもいいけど

僕は夜を待っている
君の鼻歌が欲しいんだ
ただ微睡むような
もの一つさえ言わないまま

僕は君を待っている
君の目を覚えていない
君の口を描いていない
もの一つさえ言わないまま

僕は君を待っていない
君の鼻を知っていない
君の頬を思っていない
さよならすら言わないまま

君は夜になって行く

(本当なんだ 夜みたいで
夏が透明な口触りで)
Romaji
ame ga futta hana ga chitta
tada somatta hoho wo omotta
boku wa zutto baketsu ippai no gekkou wo nonderu

hontou nan da yoru mitai de
usuku toumei na kuchizawari de
sou nan datte
waratte mo ii kedo
boku wa kimi wo matte iru

natsu ga satta machi wa shizuka
boku wa yatto heya ni modotte
yoru ni natta konna yoizuki wo hitori de miteiru
hontou nan da mukashi no boku wa
namida ga houseki de dekitetan da
sou nan datte waratte mo ii kedo
koe wa mou tokuni wasureta
omoide mo ai mo shinda
kaze no nai umibe wo aruita ano natsu e

boku wa sayonara ga hoshiin da
tada madoromu you na
mono hitotsu sae iwanai mama
boku wa kimi wo matte iru

toshi wo totta hitotsu totta
nanimo nai heya de haru ni natta
boku wa ai wo soko ga nuketa eshaku de nonderu
hontou nan da aji mo shinakute
nomeba nomu hodo nodo ga kawaite
sou nan datte waratte mo ii kedo

boku wa yoru wo matte iru
kimi no hanauta ga hoshiin da
tada madoromu you na
mono hitotsu sae iwanai mama

boku wa kimi wo matte iru
kimi no me wo oboete inai
kimi no kuchi wo egaite inai
mono hitotsu sae iwanai mama

boku wa kimi wo matte inai
kimi no hana wo shitte inai
kimi no hoho wo omotte inai
sayonara sura iwanai mama

kimi wa yoru ni natte yuku

(hontou nan da yoru mitai de
natsu ga toumei na kuchizawari de)
Original
雨が降った 花が散った
ただ染まった 頬を想った
僕はずっと バケツいっぱいの月光を飲んでる

本当なんだ 夜みたいで
薄く透明な口触りで
そうなんだって
笑ってもいいけど
僕は君を待っている

夏が去った 街は静か
僕はやっと 部屋に戻って
夜になった こんな宵月を一人で見ている
本当なんだ 昔の僕は
涙が宝石でできてたんだ
そうなんだって 笑ってもいいけど
声はもう特に忘れた
思い出も愛も死んだ
風のない海辺を歩いた あの夏へ

僕はさよならが欲しいんだ
ただ微睡むような
もの一つさえ言わないまま
僕は君を待っている

歳を取った 一つ取った
何も無い部屋で 春になった
僕は愛を底が抜けた 柄酌で飲んでる
本当なんだ 味もしなくて
飲めば飲むほど喉が渇いて
そうなんだって 笑ってもいいけど

僕は夜を待っている
君の鼻歌が欲しいんだ
ただ微睡むような
もの一つさえ言わないまま

僕は君を待っている
君の目を覚えていない
君の口を描いていない
もの一つさえ言わないまま

僕は君を待っていない
君の鼻を知っていない
君の頬を思っていない
さよならすら言わないまま

君は夜になって行く

(本当なんだ 夜みたいで
夏が透明な口触りで)

Comments (0)

From The Same Series