4 months ago

Departure / SCANDAL

Departure / SCANDAL
  • Title: Departure
  • Performer: SCANDAL
  • Composer: MAMI
  • Arranger: N/A
  • Lyricist: MAMI

Departure is the 1st track from the Departure single released by SCANDAL. It was released on April 23, 2014.

"Departure" Lyrics

sakura no kisetsu ga kita ne
shoutengai no ano kouen mo
samusa ni makezu ni hira hira to
kotoshi mo mankai wo mukaete masu

issho ni aruita yoru wa
kirei ni akari ga tomotteta ne
mijikai hohaba de chaku chaku to
watashi mo ippo zutsu aruite masu

are kara dore kurai
tsukihi ga tatta no ka nante sa
wasuresou ni naru na
tachidomatte miageta sakura

deai mo areba wakare mo aru nante
dareka ga kimeta kisetsu ni
mata ne to ookikute wo futte
sayonara janai koto tashikameta
kotoba ni naranai kimochi wa
kono hanabira ni nosereba iin da yo
tte kimi ga oshiete kureta koto
ima demo chanto oboete iru kara

sakura no kisetsu ga sugiru to
shoutengai no ano kouen mo
yakume wo oeta you ni shizuka de
nandaka sukoshi samishiku nari masu

ima demo kawaranai?
shiranai koto mo kitto fueta ne
amae takunai kara
ano hi ni oite kita futatsu no kage

saisho no namida mo saigo no egao mo
mimamotte kureta kimi wo
mabataki suru no mo kowagatte
nando mo nando mo yakitsuketeta
kotoba ga tarinai
sonna wagamama wo
sakende wa komaraseta
kimi ga omotte kureta koto
kidzuke nakatta wake de wa nai kedo

are kara takusan no
tsukihi ga watashi wo kaeta kara
chigatte mieta no kana
kirei ni sakihokotta sakura

deai mo areba wakare mo aru nante
dareka ga kimeta kisetsu ni
mata ne to ookiku te wo futte
sayonara janai koto tashikameta
kotoba ni naranai kimochi wa
kono hanabira ni nosereba iin da yo
tte kimi ga oshiete kureta koto
ima nara chanto wakatte iru kara
ima demo...
桜の季節が来たね
商店街のあの公園も
寒さに負けずにヒラヒラと
今年も満開を迎えてます

一緒に歩いた夜は
綺麗に明かりが灯ってたね
短い歩幅で着々と
私も一歩ずつ歩いてます

あれからどれくらい
月日が経ったのかなんてさ
忘れそうになるな
立ち止って見上げた サクラ

出会いもあれば別れもあるなんて
誰かが決めた季節に
またね と大きく手を振って
さよならじゃないこと確かめた
言葉にならない気持ちは
この花びらに乗せればいいんだよ
って君が教えてくれたこと
いまでもちゃんと覚えているから

桜の季節が過ぎると
商店街のあの公園も
役目を終えたように静かで
なんだか少し寂しくなります

いまでも変わらない?
知らないこともきっと増えたね
甘えたくないから
あの日に置いてきた二つの影

最初の涙も最後の笑顔も
見守ってくれた君を
瞬きするのも怖がって
何度も何度も焼き付けてた
言葉が足りない
そんなわがままを
叫んでは困らせた
君が想ってくれたこと
気づけなかったわけではないけど

あれからたくさんの
月日が私を変えたから
違って見えたのかな
綺麗に咲き誇った サクラ

出会いもあれば別れもあるなんて
誰かが決めた季節に
またね と大きく手を振って
さよなら じゃないこと確かめた
言葉にならない気持ちは
この花びらに乗せればいいんだよ
って君が教えてくれたこと
いまなら ちゃんとわかっているから
いまでも…
Romaji
sakura no kisetsu ga kita ne
shoutengai no ano kouen mo
samusa ni makezu ni hira hira to
kotoshi mo mankai wo mukaete masu

issho ni aruita yoru wa
kirei ni akari ga tomotteta ne
mijikai hohaba de chaku chaku to
watashi mo ippo zutsu aruite masu

are kara dore kurai
tsukihi ga tatta no ka nante sa
wasuresou ni naru na
tachidomatte miageta sakura

deai mo areba wakare mo aru nante
dareka ga kimeta kisetsu ni
mata ne to ookikute wo futte
sayonara janai koto tashikameta
kotoba ni naranai kimochi wa
kono hanabira ni nosereba iin da yo
tte kimi ga oshiete kureta koto
ima demo chanto oboete iru kara

sakura no kisetsu ga sugiru to
shoutengai no ano kouen mo
yakume wo oeta you ni shizuka de
nandaka sukoshi samishiku nari masu

ima demo kawaranai?
shiranai koto mo kitto fueta ne
amae takunai kara
ano hi ni oite kita futatsu no kage

saisho no namida mo saigo no egao mo
mimamotte kureta kimi wo
mabataki suru no mo kowagatte
nando mo nando mo yakitsuketeta
kotoba ga tarinai
sonna wagamama wo
sakende wa komaraseta
kimi ga omotte kureta koto
kidzuke nakatta wake de wa nai kedo

are kara takusan no
tsukihi ga watashi wo kaeta kara
chigatte mieta no kana
kirei ni sakihokotta sakura

deai mo areba wakare mo aru nante
dareka ga kimeta kisetsu ni
mata ne to ookiku te wo futte
sayonara janai koto tashikameta
kotoba ni naranai kimochi wa
kono hanabira ni nosereba iin da yo
tte kimi ga oshiete kureta koto
ima nara chanto wakatte iru kara
ima demo...
Original
桜の季節が来たね
商店街のあの公園も
寒さに負けずにヒラヒラと
今年も満開を迎えてます

一緒に歩いた夜は
綺麗に明かりが灯ってたね
短い歩幅で着々と
私も一歩ずつ歩いてます

あれからどれくらい
月日が経ったのかなんてさ
忘れそうになるな
立ち止って見上げた サクラ

出会いもあれば別れもあるなんて
誰かが決めた季節に
またね と大きく手を振って
さよならじゃないこと確かめた
言葉にならない気持ちは
この花びらに乗せればいいんだよ
って君が教えてくれたこと
いまでもちゃんと覚えているから

桜の季節が過ぎると
商店街のあの公園も
役目を終えたように静かで
なんだか少し寂しくなります

いまでも変わらない?
知らないこともきっと増えたね
甘えたくないから
あの日に置いてきた二つの影

最初の涙も最後の笑顔も
見守ってくれた君を
瞬きするのも怖がって
何度も何度も焼き付けてた
言葉が足りない
そんなわがままを
叫んでは困らせた
君が想ってくれたこと
気づけなかったわけではないけど

あれからたくさんの
月日が私を変えたから
違って見えたのかな
綺麗に咲き誇った サクラ

出会いもあれば別れもあるなんて
誰かが決めた季節に
またね と大きく手を振って
さよなら じゃないこと確かめた
言葉にならない気持ちは
この花びらに乗せればいいんだよ
って君が教えてくれたこと
いまなら ちゃんとわかっているから
いまでも…

Comments (0)