Good Morning, Polar Night / Wolpis Kater
Share Report

Good Morning, Polar Night / Wolpis Kater Lyrics

TitleGood Morning, Polar Night
Performed byWolpis Kater
Composed byyukkedoluce
Arranged byyukkedoluce
Lyrics byyukkedoluce

"Good Morning, Polar Night" is the 2nd track from the Wolpis Sha no Teikyo de Okuri Shimashita. album released by Wolpis Kater. It was released on February 22, 2017.

Good Morning, Polar Night 歌詞

きっといつかの僕に殺されるんだ
どこにも行けないと叫んでは啼いた

目の冴えるような夜
は嫌いだと不貞た

信じていろよと待ち惚けを喰らった

震えるのはお前のせいだと
吠えて待った
身の冷めるような朝の空気で
気道と胸を満たした

価値はないんだけど 灯りを灯して
震える声を聞いた
どこまでも行けるとお前が言うのか

明けない夜の乾いた
大氷原に立ったなら
重ねた明日でさえも
知るのが怖くもなるかい
このまま降り頻る声に
埋もれてしまうなら
さあ語りに行こう ひとつの夜を
Good morning, polar night

泣いてなんかないで
なんて言うんだろうな
哀しいものはないって
分かった風なもんさ
零れ落ちるものこそを
信じてもいいだろう

まず間違いなく夜を
彷徨うんだろうな
楽しいものもないって
気付いてた振りだ
溢れ出るものこそが
僕らの生きる印なのに

他意もないんだけど 
灯りを濡らして
震える足を伸ばした
どこまでも行けるとお前が……

(お前が言うんだ)

明けない夜の最深層で
溜息すら潜めた
黒い水面を仰ぎ
息が止まるまで待つかい
泣くのも笑うのも
許さないのは自分だけだろう 
さあ言葉にしよう素敵な夜を 
Good morning, polar night

決して戻れないこと
歩けばいずれ知ること
その眼が見ている以上に
どこまでも行けるのだから

体調はt'’うだい準備はいいかい
ロ帝いた夜に別れをしよう 
踏み出したその足が
夜を終わらせるから

どこまで行けるか
答えも知らないまま
歩けるお前だからこそ 
星明かりも映るだろう 
泣いた夜も笑えた夜も 
夢のようだったよ
さあ確かめに行こう明日の方へ 
Good morning, polar day

Good bye, good night
Wolpis Kater

Wolpis Kater (ウォルピスカーター) or also known as Wolpis Carter is an utaite who started singing in 2012. Wolpis Kater has a high pitched voice which can be mistaken for female at times, but his voice can become manly when he sings lower, such as in his cover of "How-to Sekai Seifuku" or "Sarishinohara". He is known for his ballad songs, ...

All site material is property of their respective copyrights owners. All material provided for educational purposes and personal use only. No copyright infringement intended. Please support the artists by purchasing related recordings and merchandise.

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.