Youtube: Wakusei / Omoinotake
Omoinotake

Wakusei / Omoinotake

  • Title: 惑星
  • Also Known As: Wakusei
  • Performer: Omoinotake
  • Composer: Reo Fujii
  • Arranger: N/A
  • Lyricist: Tomoaki Fukushima

"Wakusei" is the 1st track from the "Wakusei" digital single released by Omoinotake. It was released on July 31, 2019.

"Wakusei" Lyrics

aikawarazu boku wa
hitogomi to yurete
me no mae no ichinichi wo
konasu you ni ikiteru
socchi wa doudai
tsurai koi wa shitenai kai
itai, demo amai you na omoide wo omou
tamani wa nebou mo suru kedo
jikan wa mamotteru
dareka wo kizutsukeru you na
uso mo yameta yo
"atarimae no hito ni natte"
saigo no yakusoku wa
kimi ga soba ni inakya
imi ga nain da yo
heya no sumi de
tobezu ni tatazunderu piasu wa
wakusei no katachi narande ukande ita no ni
itsunomanika tojite shimatta
migimimi no piasu hooru
kitto nidoto modoranai
bokura no inryoku

aikawarazu kimi no yume wo mite shimau
sono mama samezu ni yarinaosetara
kocchi wa doumo
umaku ikanai koto no hou ga
ooikedo nantoka kokyuu wo tsuzuketeru
imagoro kimi wa donna hito no tonari de
donna fuku wo kite
donna uta ni namida shitari suru no
atarimae no you ni
kimi ga tonari ni ita hibi no
omomi ni dou shite
kizukenakattan darou
heya no sumi de
tobezu ni tatazunderu piasu wa
wakusei no katachi narande ukande ita no ni
itsu ni natte mo suteru koto sae
dekinai mama irun da
kitto nidoto modorenai
ooame no meriigooraundo
rookaru shinema no reitoshoo
shihatsu kaeri no asayake fukai arukooru
boyaketa mama
futari hadaka de kurumatta moufu
kimi to nara nandatte yokattan da
heya no sumi de
tobezu ni tatazunderu piasu wa
wakusei no katachi narande ukande ita no ni
itsunomanika kusunde shimatta
migai tatte kagayakanai
kitto nidoto modoranai
kitto nidoto modoranai
bokura no inryoku
相変わらず僕は
人混みと揺れて
目の前の1日を
こなすように生きてる
そっちはどうだい
辛い恋はしてないかい
痛い、でも甘いような思い出を想う
たまには寝坊もするけど
時間は守ってる
誰かを傷つけるような
嘘もやめたよ
「当たり前の人になって」
最後の約束は
君がそばにいなきゃ
意味がないんだよ
部屋の隅で
飛べずに佇んでるピアスは
惑星の形 並んで 浮かんでいたのに
いつのまにか閉じてしまった
右耳のピアスホール
きっと二度と戻らない
僕らの引力

相変わらず君の 夢を見てしまう
そのまま覚めずに やり直せたら
こっちはどうも
上手くいかないことのほうが
多いけど なんとか呼吸を続けてる
今ごろ君は どんな人の隣で
どんな服を着て
どんな歌に涙したりするの
当たり前のように
君が隣にいた日々の
重みにどうして
気づけなかったんだろう
部屋の隅で
飛べずに佇んでるピアスは
惑星の形 並んで 浮かんでいたのに
いつになっても捨てることさえ
できないままいるんだ
きっと二度と戻れない
大雨のメリーゴーラウンド
ローカルシネマのレイトショー
始発帰りの朝焼け 深いアルコール
ぼやけたまま
二人裸でくるまった毛布
君とならなんだってよかったんだ
部屋の隅で
飛べずに佇んでるピアスは
惑星の形 並んで 浮かんでいたのに
いつのまにかくすんでしまった
磨いたって輝かない
きっと二度と戻らない
きっと二度と戻らない
僕らの引力
Romaji
aikawarazu boku wa
hitogomi to yurete
me no mae no ichinichi wo
konasu you ni ikiteru
socchi wa doudai
tsurai koi wa shitenai kai
itai, demo amai you na omoide wo omou
tamani wa nebou mo suru kedo
jikan wa mamotteru
dareka wo kizutsukeru you na
uso mo yameta yo
"atarimae no hito ni natte"
saigo no yakusoku wa
kimi ga soba ni inakya
imi ga nain da yo
heya no sumi de
tobezu ni tatazunderu piasu wa
wakusei no katachi narande ukande ita no ni
itsunomanika tojite shimatta
migimimi no piasu hooru
kitto nidoto modoranai
bokura no inryoku

aikawarazu kimi no yume wo mite shimau
sono mama samezu ni yarinaosetara
kocchi wa doumo
umaku ikanai koto no hou ga
ooikedo nantoka kokyuu wo tsuzuketeru
imagoro kimi wa donna hito no tonari de
donna fuku wo kite
donna uta ni namida shitari suru no
atarimae no you ni
kimi ga tonari ni ita hibi no
omomi ni dou shite
kizukenakattan darou
heya no sumi de
tobezu ni tatazunderu piasu wa
wakusei no katachi narande ukande ita no ni
itsu ni natte mo suteru koto sae
dekinai mama irun da
kitto nidoto modorenai
ooame no meriigooraundo
rookaru shinema no reitoshoo
shihatsu kaeri no asayake fukai arukooru
boyaketa mama
futari hadaka de kurumatta moufu
kimi to nara nandatte yokattan da
heya no sumi de
tobezu ni tatazunderu piasu wa
wakusei no katachi narande ukande ita no ni
itsunomanika kusunde shimatta
migai tatte kagayakanai
kitto nidoto modoranai
kitto nidoto modoranai
bokura no inryoku
Original
相変わらず僕は
人混みと揺れて
目の前の1日を
こなすように生きてる
そっちはどうだい
辛い恋はしてないかい
痛い、でも甘いような思い出を想う
たまには寝坊もするけど
時間は守ってる
誰かを傷つけるような
嘘もやめたよ
「当たり前の人になって」
最後の約束は
君がそばにいなきゃ
意味がないんだよ
部屋の隅で
飛べずに佇んでるピアスは
惑星の形 並んで 浮かんでいたのに
いつのまにか閉じてしまった
右耳のピアスホール
きっと二度と戻らない
僕らの引力

相変わらず君の 夢を見てしまう
そのまま覚めずに やり直せたら
こっちはどうも
上手くいかないことのほうが
多いけど なんとか呼吸を続けてる
今ごろ君は どんな人の隣で
どんな服を着て
どんな歌に涙したりするの
当たり前のように
君が隣にいた日々の
重みにどうして
気づけなかったんだろう
部屋の隅で
飛べずに佇んでるピアスは
惑星の形 並んで 浮かんでいたのに
いつになっても捨てることさえ
できないままいるんだ
きっと二度と戻れない
大雨のメリーゴーラウンド
ローカルシネマのレイトショー
始発帰りの朝焼け 深いアルコール
ぼやけたまま
二人裸でくるまった毛布
君とならなんだってよかったんだ
部屋の隅で
飛べずに佇んでるピアスは
惑星の形 並んで 浮かんでいたのに
いつのまにかくすんでしまった
磨いたって輝かない
きっと二度と戻らない
きっと二度と戻らない
僕らの引力

Comments (0)

Leave a Reply

From The Same Artists

One day / Omoinotake
One day
Omoinotake
Akubi / Omoinotake
Akubi
Omoinotake
Nightfly / Omoinotake
Nightfly
Omoinotake
1992 / Omoinotake
1992
Omoinotake
So Far So Good / Omoinotake
So Far So Good
Omoinotake