2 months ago

Under the Summer Breeze / TUYU

Under the Summer Breeze / TUYU
  • Title: Under the Summer Breeze
  • Also Known As: 風薫る空の下 , Kazekaoru Sora no Shita
  • Performer: TUYU
  • Composer: Pusu
  • Arranger: Pusu
  • Lyricist: Pusu

Under the Summer Breeze is the 3rd track from the It's Raining After All album released by TUYU. It was released on February 19, 2020.

"Under the Summer Breeze" Lyrics

shoka no hizashi ni sugatte mo
tachidomatte wa kurenai kara
ushirosugata wo ou dake de seiippai nan dakedo nee
asayake yuuyake koyake no naka de
futari toonoiteku nara
tentou mitai ni natte
bokura wa

nessarete toketa michibata no aisu datte
moto wa dareka ga katta yo
sonna koto bakka kangaete
mi ga hainnakute

gomen ne

seizei
te toka tsunaide hashaidatte
sore dake demo miageta mono ne
seikai toka yoku wakattenai kedo
mada hayai yo chotto matte
rettousei dai

shinpai shitatte sontoku ni kurande
kono kotoba no saki souzou shite mitatte
miete konai mama no kimochi wo ase ni nagashitan da

kimi to natsu no se wo mukaete shimaisou na
kazekaoru sora no shita

saidaa mitai na koi da ne

sora no ue kara mita keshiki
chiisakute totemo hakanai kara
kimi wa hitomi wo hikarasete taishouteki nan dakedo nee
hajimete yatte kita basho wa
dokoka natsukashiku omoeta wa
ryuukyuu kokusai doori kaze ni natte

umigiwa de mitsuketa hoshi no suna datte
moto wa ikimono datta yo
sonna koto shitte
nan no toku ni narun datte hanashi da yo ne

seizei
me toka fusaide nageitatte
sore dake nara mashi datta no ni sa
jinsei toka mada saki nagai kedo
mou owatte ii ka na tte
rettousei dai

teitai shitatte kokoro kizande
kono akane no sora mitaku mo nai yatte
nigete bakari dakedo kimochi wa kimi hitotsu datta

hitori natsu no kage mitorete shimattan da
kazekaoru sora no shita

mata asa ga kite omotta yo

seizei
koe toka hatte nanbo no sekai de
tada tojikomeru no wa doushite?
sonna koto dekitara komattenai yo
dakara boku wa itsudatte
rettousei dai rettousei dai rettousei dai

seizei
te toka tsunaide hashaidatte
sore dake demo miageta mono ne
seikai toka yoku wakattenai kara
oshiete yo donna ko ga
yuutousei dai?

shippai shitatte sontoku ni kurande
kono kotoba no saki souzou shite mitatte
miete konai mama no kimochi wo ase ni nagashitan da

kimi to natsu no yume mezamete shimattan da
kazekaoru sora no shita

itai no wa ne narekko da yo
初夏の日差しに縋っても
立ち止まってはくれないから
後ろ姿を追うだけで精一杯なんだけど ねぇ 
朝焼け夕焼けこやけの中で
二人遠のいてくなら
テントウみたいになって
僕らは

熱されて溶けた道ばたのアイスだって
元は誰かが買ったよ
そんなことばっか考えて
身が入んなくて

ごめんね

せいぜい
手とか繋いではしゃいだって
それだけでも見上げたものね
正解とかよく分かってないけど
まだ早いよ ちょっとまって
劣等生だい

心配したって損得に眩んで
この言葉の先 想像してみたって
見えてこないままのキモチを汗に流したんだ

君と夏の背を迎えてしまいそうな
風薫る空の下

サイダーみたいな恋だね

空の上から見た景色
小さくてとても儚いから
君は瞳を光らせて対照的なんだけど ねぇ
初めてやって来た場所は
どこか懐かしく思えたわ
琉球 国際通り 風になって

海際で見つけた星の砂だって
元は生き物だったよ
そんなこと知って
何の得になるんだって話だよね

せいぜい
目とか塞いで嘆いたって
それだけならマシだったのにさ
人生とかまだ先長いけど
もう終わっていいかなって
劣等生だい

停滞したって心刻んで
この茜の空 見たくもないやって
逃げてばかりだけどキモチは君一つだった

独り夏の陰 見惚れてしまったんだ
風薫る空の下

また朝が来て想ったよ

せいぜい
声とか張ってなんぼの世界で
ただ閉じ込めるのはどうして?
そんなこと出来たら困ってないよ
だから僕はいつだって
劣等生だい 劣等生だい 劣等生だい

せいぜい
手とか繋いではしゃいだって
それだけでも見上げたものね
正解とかよく分かってないから
教えてよ どんな子が
優等生だい?

失敗したって損得に眩んで
この言葉の先 想像してみたって
見えてこないままのキモチを汗に流したんだ

君と夏の夢 目覚めてしまったんだ
風薫る空の下

痛いのはね 慣れっこだよ
Romaji
shoka no hizashi ni sugatte mo
tachidomatte wa kurenai kara
ushirosugata wo ou dake de seiippai nan dakedo nee
asayake yuuyake koyake no naka de
futari toonoiteku nara
tentou mitai ni natte
bokura wa

nessarete toketa michibata no aisu datte
moto wa dareka ga katta yo
sonna koto bakka kangaete
mi ga hainnakute

gomen ne

seizei
te toka tsunaide hashaidatte
sore dake demo miageta mono ne
seikai toka yoku wakattenai kedo
mada hayai yo chotto matte
rettousei dai

shinpai shitatte sontoku ni kurande
kono kotoba no saki souzou shite mitatte
miete konai mama no kimochi wo ase ni nagashitan da

kimi to natsu no se wo mukaete shimaisou na
kazekaoru sora no shita

saidaa mitai na koi da ne

sora no ue kara mita keshiki
chiisakute totemo hakanai kara
kimi wa hitomi wo hikarasete taishouteki nan dakedo nee
hajimete yatte kita basho wa
dokoka natsukashiku omoeta wa
ryuukyuu kokusai doori kaze ni natte

umigiwa de mitsuketa hoshi no suna datte
moto wa ikimono datta yo
sonna koto shitte
nan no toku ni narun datte hanashi da yo ne

seizei
me toka fusaide nageitatte
sore dake nara mashi datta no ni sa
jinsei toka mada saki nagai kedo
mou owatte ii ka na tte
rettousei dai

teitai shitatte kokoro kizande
kono akane no sora mitaku mo nai yatte
nigete bakari dakedo kimochi wa kimi hitotsu datta

hitori natsu no kage mitorete shimattan da
kazekaoru sora no shita

mata asa ga kite omotta yo

seizei
koe toka hatte nanbo no sekai de
tada tojikomeru no wa doushite?
sonna koto dekitara komattenai yo
dakara boku wa itsudatte
rettousei dai rettousei dai rettousei dai

seizei
te toka tsunaide hashaidatte
sore dake demo miageta mono ne
seikai toka yoku wakattenai kara
oshiete yo donna ko ga
yuutousei dai?

shippai shitatte sontoku ni kurande
kono kotoba no saki souzou shite mitatte
miete konai mama no kimochi wo ase ni nagashitan da

kimi to natsu no yume mezamete shimattan da
kazekaoru sora no shita

itai no wa ne narekko da yo
Original
初夏の日差しに縋っても
立ち止まってはくれないから
後ろ姿を追うだけで精一杯なんだけど ねぇ 
朝焼け夕焼けこやけの中で
二人遠のいてくなら
テントウみたいになって
僕らは

熱されて溶けた道ばたのアイスだって
元は誰かが買ったよ
そんなことばっか考えて
身が入んなくて

ごめんね

せいぜい
手とか繋いではしゃいだって
それだけでも見上げたものね
正解とかよく分かってないけど
まだ早いよ ちょっとまって
劣等生だい

心配したって損得に眩んで
この言葉の先 想像してみたって
見えてこないままのキモチを汗に流したんだ

君と夏の背を迎えてしまいそうな
風薫る空の下

サイダーみたいな恋だね

空の上から見た景色
小さくてとても儚いから
君は瞳を光らせて対照的なんだけど ねぇ
初めてやって来た場所は
どこか懐かしく思えたわ
琉球 国際通り 風になって

海際で見つけた星の砂だって
元は生き物だったよ
そんなこと知って
何の得になるんだって話だよね

せいぜい
目とか塞いで嘆いたって
それだけならマシだったのにさ
人生とかまだ先長いけど
もう終わっていいかなって
劣等生だい

停滞したって心刻んで
この茜の空 見たくもないやって
逃げてばかりだけどキモチは君一つだった

独り夏の陰 見惚れてしまったんだ
風薫る空の下

また朝が来て想ったよ

せいぜい
声とか張ってなんぼの世界で
ただ閉じ込めるのはどうして?
そんなこと出来たら困ってないよ
だから僕はいつだって
劣等生だい 劣等生だい 劣等生だい

せいぜい
手とか繋いではしゃいだって
それだけでも見上げたものね
正解とかよく分かってないから
教えてよ どんな子が
優等生だい?

失敗したって損得に眩んで
この言葉の先 想像してみたって
見えてこないままのキモチを汗に流したんだ

君と夏の夢 目覚めてしまったんだ
風薫る空の下

痛いのはね 慣れっこだよ

Comments (0)