H△G

Tomodachi no Uta / H△G

  • Title: 友達の詩
  • Also Known As: Tomodachi no Uta
  • Composer: H△G
  • Arranger: Miyata “Lefty” Ryo
  • Lyricist: H△G

"Tomodachi no Uta" is the 10th track from the "Without Blinking" album released by H△G. It was released on March 25, 2020.

"Tomodachi no Uta" Lyrics

約束をするのが好きじゃないのは、 約束をしないと会えないのは嫌だから。 写真を撮るのが好きじゃないのは、 思い出はこの胸の中にあるから。 “親友” という曖昧な言葉が嫌いだ。 言わなくても分かりあえる。そんな感じがいい。 なんとなく過ぎてゆく夏のはじっこで、 僕ら ずっと笑っていられたらいいな。 下手くそな歌を歌いあった、 何気ないこんな日を大切にしたくて。 ありふれてるメロディを何度も紡いで、 どこにもない歌に変える。そんな感じがいい。 音もなく途切れてく夜の真ん中で、 僕ら ずっと一緒にいられたらいいな。 くだらないことを語りあった、 何気ないこんな日が また夏にとけてく。
yakusoku wo suru no ga suki janai no wa, yakusoku wo shinai to aenai no wa iya dakara. shashin wo toru no ga suki janai no wa, omoide wa kono mune no naka ni aru kara. "shinyuu" to iu aimai na kotoba ga kirai da. iwanakute mo wakariaeru. sonna kanji ga ii. nanto naku sugite yuku natsu no hajikko de, bokura zutto waratte iraretara ii na. hetakuso na uta wo utai atta, nanigenai konna hi wo taisetsu ni shitakute. arifureteru merodi wo nandomo tsumuide, doko ni mo nai uta ni kaeru. sonna kanji ga ii. oto mo naku togireteku yoru no mannaka de, bokura zutto issho ni iraretara ii na. kudaranai koto wo katariatta, nanigenai konna hi ga mata natsu ni toketeku.
Romaji
yakusoku wo suru no ga suki janai no wa, yakusoku wo shinai to aenai no wa iya dakara. shashin wo toru no ga suki janai no wa, omoide wa kono mune no naka ni aru kara. "shinyuu" to iu aimai na kotoba ga kirai da. iwanakute mo wakariaeru. sonna kanji ga ii. nanto naku sugite yuku natsu no hajikko de, bokura zutto waratte iraretara ii na. hetakuso na uta wo utai atta, nanigenai konna hi wo taisetsu ni shitakute. arifureteru merodi wo nandomo tsumuide, doko ni mo nai uta ni kaeru. sonna kanji ga ii. oto mo naku togireteku yoru no mannaka de, bokura zutto issho ni iraretara ii na. kudaranai koto wo katariatta, nanigenai konna hi ga mata natsu ni toketeku.
Original
約束をするのが好きじゃないのは、 約束をしないと会えないのは嫌だから。 写真を撮るのが好きじゃないのは、 思い出はこの胸の中にあるから。 “親友” という曖昧な言葉が嫌いだ。 言わなくても分かりあえる。そんな感じがいい。 なんとなく過ぎてゆく夏のはじっこで、 僕ら ずっと笑っていられたらいいな。 下手くそな歌を歌いあった、 何気ないこんな日を大切にしたくて。 ありふれてるメロディを何度も紡いで、 どこにもない歌に変える。そんな感じがいい。 音もなく途切れてく夜の真ん中で、 僕ら ずっと一緒にいられたらいいな。 くだらないことを語りあった、 何気ないこんな日が また夏にとけてく。

Comments (0)

Please feel free to correct us if you see any mistakes. It will help us a lot.
If you like what we do, you can support us by making a donation using Ko-Fi.

Leave a Reply