Rokudenashi - Stood me up

"Stood me up" is the 1st track from the "Stood me up" digital single released by Rokudenashi. It was released on October 27, 2021.

Details

  • Title: Stood me up
  • Also Known As: Machibouke , まちぼうけ
  • Genre: Pop
  • Language: Japanese
  • Country: Japan

Credits

Lyrics

Lyrics for Stood me up by Rokudenashi.

The following lyrics are unofficial and may contain errors. Discuss changes, corrections and interpretations below.
ねえ、どうして いつもそんな 顔するの?
優しさが 苦しいって 知らないでしょ?
あの子にだって 同じ笑顔でさ
話さないでよ だって 辛いよ

だんだん 冷たい季節に なってくね
年末 独りで過ごすの 寂しくな るでも
貴方は 私と違って 楽しそう
そっか、出掛ける予定なんだっけ

静かな部屋 消え入る白い息
今頃 あの子と いるのかな
虚しさで 心が冷えるの
早く 私の番にならないかなって
思ったりしてさ

だから まってる ずっと まってる いつか終わるまで
狡い人になっても 構わないの
だってさ 手を伸ばしても 握ってくれないだろうから
気持ちを隠すために 胸を押さえた

少し窓を 開けてみたら 澄んだ風
火照りすぎた この気持ちを 覚ましてくれそう
それでも 寂しくなってさ 温もりを
なんで 求めてしまうのだろう

肩にかかる くたびれた毛布
心だけが 震えているの
秒針と 傾く陽と 影
ああ 何かしないといけないのに
何も手につかないの

って、絡まってる 空回ってる あなたを思う度に
あの子の姿が 遮ってくるの
なんでさ 神様ってさ 少し意地悪なんだろね
呆れ顔で 遠くの空へ ぼやいた

貴方じゃない人から よく連絡が来て
「これが貴方だったら」 なんて思ったりして
私 そのうち ほかのひとになびいちゃうよ
独りで こんな気持ちなのって 不公平だよね

だから まってる ずっと まってる 早く終わってよ
静かに 灯した気持ちが 辛いの
だってさ 日が沈んでも 明日が来てしまうように
あなたの事を 諦められないから
冷えた指先で カーテンを 閉めたの
nee, doushite itsumo sonna kao suru no?
yasashisa ga kurushii tte shiranai desho?
ano ko ni datte onaji egao de sa
hanasanaide yo datte tsurai yo

dandan tsumetai kisetsu ni natteku ne
nenmatsu hitori de sugosu no samishiku naru demo
anata wa watashi to chigatte tanoshisou
sokka, dekakeru yotei nan da kke

shizuka na heya kieiru shiroi iki
imagoro ano ko to iru no ka na
munashisa de kokoro ga hieru no
hayaku watashi no ban ni naranai ka na tte 
omottari shite sa

dakara matteru zutto matteru itsuka owaru made
zurii hito ni natte mo kamawanai no
datte sa te wo nobashite mo nigitte kurenai darou kara
kimochi wo kakusu tame ni mune wo osaeta

sukoshi mado wo akete mitara sunda kaze
hoterisugita kono kimochi wo samashite kuresou
sore demo samishiku natte sa nukumori wo
nande motomete shimau no darou

kata ni kakaru kutabireta moufu
kokoro dake ga furuete iru no
byoushin to katamuku hi to kage
aa nanika shinai to ikenai no ni
nanimo te ni tsukanai no

tte, karamatteru karamawatteru anata wo omou tabi ni
ano ko no sugata ga saegitte kuru no
nande sa kami-sama tte sa sukoshi ijiwaru nan daro ne
akiregao de tooku no sora e boyaita

anata janai hito kara yoku renraku ga kite
"kore ga anata dattara" nante omottari shite
watashi sono uchi hoka no hito ni nabiichau yo
hitori de konna kimochi na no tte fukouhei da yo ne

dakara matteru zutto matteru hayaku owatte yo
shizuka ni tomoshita kimochi ga tsurai no
datte sa hi ga shizunde mo ashita ga kite shimau you ni
anata no koto wo akiramerarenai kara
hieta yubisaki de kaaten wo shimeta no
Original
ねえ、どうして いつもそんな 顔するの?
優しさが 苦しいって 知らないでしょ?
あの子にだって 同じ笑顔でさ
話さないでよ だって 辛いよ

だんだん 冷たい季節に なってくね
年末 独りで過ごすの 寂しくな るでも
貴方は 私と違って 楽しそう
そっか、出掛ける予定なんだっけ

静かな部屋 消え入る白い息
今頃 あの子と いるのかな
虚しさで 心が冷えるの
早く 私の番にならないかなって
思ったりしてさ

だから まってる ずっと まってる いつか終わるまで
狡い人になっても 構わないの
だってさ 手を伸ばしても 握ってくれないだろうから
気持ちを隠すために 胸を押さえた

少し窓を 開けてみたら 澄んだ風
火照りすぎた この気持ちを 覚ましてくれそう
それでも 寂しくなってさ 温もりを
なんで 求めてしまうのだろう

肩にかかる くたびれた毛布
心だけが 震えているの
秒針と 傾く陽と 影
ああ 何かしないといけないのに
何も手につかないの

って、絡まってる 空回ってる あなたを思う度に
あの子の姿が 遮ってくるの
なんでさ 神様ってさ 少し意地悪なんだろね
呆れ顔で 遠くの空へ ぼやいた

貴方じゃない人から よく連絡が来て
「これが貴方だったら」 なんて思ったりして
私 そのうち ほかのひとになびいちゃうよ
独りで こんな気持ちなのって 不公平だよね

だから まってる ずっと まってる 早く終わってよ
静かに 灯した気持ちが 辛いの
だってさ 日が沈んでも 明日が来てしまうように
あなたの事を 諦められないから
冷えた指先で カーテンを 閉めたの
Romaji
nee, doushite itsumo sonna kao suru no?
yasashisa ga kurushii tte shiranai desho?
ano ko ni datte onaji egao de sa
hanasanaide yo datte tsurai yo

dandan tsumetai kisetsu ni natteku ne
nenmatsu hitori de sugosu no samishiku naru demo
anata wa watashi to chigatte tanoshisou
sokka, dekakeru yotei nan da kke

shizuka na heya kieiru shiroi iki
imagoro ano ko to iru no ka na
munashisa de kokoro ga hieru no
hayaku watashi no ban ni naranai ka na tte 
omottari shite sa

dakara matteru zutto matteru itsuka owaru made
zurii hito ni natte mo kamawanai no
datte sa te wo nobashite mo nigitte kurenai darou kara
kimochi wo kakusu tame ni mune wo osaeta

sukoshi mado wo akete mitara sunda kaze
hoterisugita kono kimochi wo samashite kuresou
sore demo samishiku natte sa nukumori wo
nande motomete shimau no darou

kata ni kakaru kutabireta moufu
kokoro dake ga furuete iru no
byoushin to katamuku hi to kage
aa nanika shinai to ikenai no ni
nanimo te ni tsukanai no

tte, karamatteru karamawatteru anata wo omou tabi ni
ano ko no sugata ga saegitte kuru no
nande sa kami-sama tte sa sukoshi ijiwaru nan daro ne
akiregao de tooku no sora e boyaita

anata janai hito kara yoku renraku ga kite
"kore ga anata dattara" nante omottari shite
watashi sono uchi hoka no hito ni nabiichau yo
hitori de konna kimochi na no tte fukouhei da yo ne

dakara matteru zutto matteru hayaku owatte yo
shizuka ni tomoshita kimochi ga tsurai no
datte sa hi ga shizunde mo ashita ga kite shimau you ni
anata no koto wo akiramerarenai kara
hieta yubisaki de kaaten wo shimeta no

Comments (0)

Please feel free to correct us if you see any mistakes. It will help us a lot.
If you like what we do, you can support us by making a donation using Ko-Fi.

You must be logged in to post a comment.

From The Same Artists

One Voice / Rokudenashi
One Voice
Rokudenashi
3 o’clock Kiss / Rokudenashi
3 o’clock Kiss
Rokudenashi
dawn / FUZI × Hifumi
dawn
FUZI × Hifumi
Bloom in This Town / FUZI × Hifumi
Bloom in This Town
FUZI × Hifumi
Starry Starry / FUZI × Hifumi
Starry Starry
FUZI × Hifumi