Youtube: Sono Ato / MEMAI SIREN
MEMAI SIREN

Sono Ato / MEMAI SIREN

  • Title: その後
  • Also Known As: Sono Ato
  • Composer: N/A
  • Arranger: N/A
  • Lyricist: N/A

"Sono Ato" is the 5th track from the "Shujin no Dilemma" mini album released by MEMAI SIREN. It was released on December 21, 2018.

"Sono Ato" Lyrics

騒々しい雑踏に紛れ 月日を刻む
自分の時間は簡単に通り過ぎていくのに
貴方は永遠に変わらないままだ

部屋の隅に置かれた机の上には
他愛のないやり取りだけが残っている
何を話したかなど
ほとんど覚えてはいないけれど
その笑った顔だけは確かに覚えている

楽しい日々も時が進み
悲しみにばかり気を取られていた
全てが過ぎ去った後に気付いても
戻らない現状に もはや何の意味もない
貴方は何でも無いフリをして

いつから考えていたんだろう
こうなる事を
付き纏う言葉の数々は
「どうして気付けなかったんだ」
もっともらしい理由すら要らなかった
ただ生きてさえいれば

貴方の代わりに自分が死ねば良い
なんて言うときっとまた傷付けてしまうから
一緒に頑張ろうと出来ない約束をした事を
自分はずっと後悔しているんだ

どんな事を言えば正しかったんだろうか
どんな事をしていれば
結果は変えられたんだろうか

今さらになって大切さに気付くだとか
本当にムシのいい話だ 最低だ

終わらない空想の袋小路の中
もし、やり直せたらと何度も願った

タイムリープなんて都合の良いものの
無い世界で面影を生涯、背負って
これから続く毎日を
自分は

笑えて過ごせてる
大丈夫、大丈夫、大丈夫
思い出に取り残された人達の為にも
自分は大丈夫でいないと

些細な日常の風景のどれを取っても
思考が行き着くのは
そこに貴方がいないという答え
記憶の残骸を探さないように
いつの間にか自分は取り繕う事を覚えた

話したい事がある
話したい事がまだあったんだ
過去の帰り道の続きを夢に見る
疲れたなんて言いながら笑う表情の裏で
本当はどんな明日を思っていたんだろう
確かめる術は永遠に無い
もっともらしい理由は要らなかったんだ
ただ生きてさえいれば

貴方の代わりに自分が死ねば良い
なんて言うときっとまた傷付けてしまうから
一緒に頑張ろうと出来ない約束をした事を
自分はずっと後悔しているんだ

どんな事を言えば正しかったんだろうか
どんな事をしていれば
結果は変えられたんだろうか
記憶の中の貴方が 強がって笑う顔が
頭から離れない

死にたいと思いながら生きる事と
生きたいと思いながら死ぬ事は
どっちが不幸だ

答えを探すこと自体がそもそもの間違えだ
誰もが無為に過ごす一日の一コマは
堪え難い程に優しい
無気力に失ったその数秒を
数時間、数日、数年を
貴方にあげたいと思った

生きてさえいれば
ただ生きてさえいれば
souzoushii zattou ni magire tsukihi wo kizamu
jibun no jikan wa kantan ni toorisugite iku no ni
anata wa eien ni kawaranai mama da

heya no sumi ni okareta tsukue no ue ni wa
tawai no nai yaritori dake ga nokotte iru
nani wo hanashita ka nado
hotondo oboete wa inai keredo
sono waratta kao dake wa tashika ni oboete iru

tanoshii hibi mo toki ga sumi
kanashimi ni bakari ki wo torarete ita
subete ga sugisatta ato ni kizuite mo
modoranai genjou ni mohaya nanno imi mo nai
anata wa nandemonai furi wo shite

itsu kara kangaete itan darou
kounaru koto wo
tsukimatou kotoba no kazukazu wa
"dou shite kizukenakattan da"
mottomorashii riyuu sura iranakatta
tada ikite sae ireba

anata no kawari ni jibun ga shineba ii
nante iu to kitto mata kizutsukete shimau kara
issho ni ganbarou to dekinai yakusoku wo shita koto wo
jibun wa zutto koukai shite irun da

donna koto wo ieba tadashikattan darou ka
donna koto wo shite ireba
kekka wa kaeraretan darou ka

imasara ni natte taisetsusa ni kizukuda to ka
hontou ni mushi no ii hanashi da saitei da

owaranai kuusou no fukurokouji no naka
moshi, yarinaosetara to nandomo negatta

taimuriipu nante tsugou no ii mono no
nai sekai de omokage wo shougai, seotte
korekara tsuzuku mainichi wo
jibun wa

waraete sugoseteru
daijoubu, daijoubu, daijoubu
omoide ni torinokosareta hitotachi no tame ni mo
jibun wa daijoubu de inai to

sasai na nichijou no fuukei no dore wo totte mo
shikou ga ikitsuku no wa
soko ni anata ga inai to iu kotae
kioku no zangai wo sagasanai you ni
itsunomanika jibun wa toritsukurou koto wo oboeta

hanashitai koto ga aru
hanashitai koto ga mada attan da
kako no kaerimichi no tsuzuki wo yume ni miru
tsukareta nante ii nagara warau hyoujou no ura de
hontou wa donna ashita wo omotte itan darou
tashikameru sube wa eien ni nai
mottomorashii riyuu wa iranakattan da
tada ikite sae ireba

anata no kawari ni jibun ga shineba ii
nante iu to kitto mata kizutsukete shimau kara
issho ni ganbarou to dekinai yakusoku wo shita koto wo
jibun wa zutto koukai shite irun da

donna koto wo ieba tadashikattan darou ka
donna koto wo shite ireba
kekka wa kaeraretan darou ka
kioku no naka no anata ga tsuyogatte warau kao ga
atama kara hanarenai

shinitai to omoi nagara ikiru koto to
ikitai to omoi nagara shinu koto wa
dotchi ga fukouda

kotae wo sagasu koto jitai ga somosomo no machigae da
daremo ga mui ni sugosu ichinichi koma wa
taegatai hodo ni yasashii
mukiryoku ni ushinatta sono suubyou wo
suujikan, suujitsu, suunen wo
anata ni agetai to omotta

ikite sae ireba
tada ikite sae ireba
Romaji
souzoushii zattou ni magire tsukihi wo kizamu
jibun no jikan wa kantan ni toorisugite iku no ni
anata wa eien ni kawaranai mama da

heya no sumi ni okareta tsukue no ue ni wa
tawai no nai yaritori dake ga nokotte iru
nani wo hanashita ka nado
hotondo oboete wa inai keredo
sono waratta kao dake wa tashika ni oboete iru

tanoshii hibi mo toki ga sumi
kanashimi ni bakari ki wo torarete ita
subete ga sugisatta ato ni kizuite mo
modoranai genjou ni mohaya nanno imi mo nai
anata wa nandemonai furi wo shite

itsu kara kangaete itan darou
kounaru koto wo
tsukimatou kotoba no kazukazu wa
"dou shite kizukenakattan da"
mottomorashii riyuu sura iranakatta
tada ikite sae ireba

anata no kawari ni jibun ga shineba ii
nante iu to kitto mata kizutsukete shimau kara
issho ni ganbarou to dekinai yakusoku wo shita koto wo
jibun wa zutto koukai shite irun da

donna koto wo ieba tadashikattan darou ka
donna koto wo shite ireba
kekka wa kaeraretan darou ka

imasara ni natte taisetsusa ni kizukuda to ka
hontou ni mushi no ii hanashi da saitei da

owaranai kuusou no fukurokouji no naka
moshi, yarinaosetara to nandomo negatta

taimuriipu nante tsugou no ii mono no
nai sekai de omokage wo shougai, seotte
korekara tsuzuku mainichi wo
jibun wa

waraete sugoseteru
daijoubu, daijoubu, daijoubu
omoide ni torinokosareta hitotachi no tame ni mo
jibun wa daijoubu de inai to

sasai na nichijou no fuukei no dore wo totte mo
shikou ga ikitsuku no wa
soko ni anata ga inai to iu kotae
kioku no zangai wo sagasanai you ni
itsunomanika jibun wa toritsukurou koto wo oboeta

hanashitai koto ga aru
hanashitai koto ga mada attan da
kako no kaerimichi no tsuzuki wo yume ni miru
tsukareta nante ii nagara warau hyoujou no ura de
hontou wa donna ashita wo omotte itan darou
tashikameru sube wa eien ni nai
mottomorashii riyuu wa iranakattan da
tada ikite sae ireba

anata no kawari ni jibun ga shineba ii
nante iu to kitto mata kizutsukete shimau kara
issho ni ganbarou to dekinai yakusoku wo shita koto wo
jibun wa zutto koukai shite irun da

donna koto wo ieba tadashikattan darou ka
donna koto wo shite ireba
kekka wa kaeraretan darou ka
kioku no naka no anata ga tsuyogatte warau kao ga
atama kara hanarenai

shinitai to omoi nagara ikiru koto to
ikitai to omoi nagara shinu koto wa
dotchi ga fukouda

kotae wo sagasu koto jitai ga somosomo no machigae da
daremo ga mui ni sugosu ichinichi koma wa
taegatai hodo ni yasashii
mukiryoku ni ushinatta sono suubyou wo
suujikan, suujitsu, suunen wo
anata ni agetai to omotta

ikite sae ireba
tada ikite sae ireba
Original
騒々しい雑踏に紛れ 月日を刻む
自分の時間は簡単に通り過ぎていくのに
貴方は永遠に変わらないままだ

部屋の隅に置かれた机の上には
他愛のないやり取りだけが残っている
何を話したかなど
ほとんど覚えてはいないけれど
その笑った顔だけは確かに覚えている

楽しい日々も時が進み
悲しみにばかり気を取られていた
全てが過ぎ去った後に気付いても
戻らない現状に もはや何の意味もない
貴方は何でも無いフリをして

いつから考えていたんだろう
こうなる事を
付き纏う言葉の数々は
「どうして気付けなかったんだ」
もっともらしい理由すら要らなかった
ただ生きてさえいれば

貴方の代わりに自分が死ねば良い
なんて言うときっとまた傷付けてしまうから
一緒に頑張ろうと出来ない約束をした事を
自分はずっと後悔しているんだ

どんな事を言えば正しかったんだろうか
どんな事をしていれば
結果は変えられたんだろうか

今さらになって大切さに気付くだとか
本当にムシのいい話だ 最低だ

終わらない空想の袋小路の中
もし、やり直せたらと何度も願った

タイムリープなんて都合の良いものの
無い世界で面影を生涯、背負って
これから続く毎日を
自分は

笑えて過ごせてる
大丈夫、大丈夫、大丈夫
思い出に取り残された人達の為にも
自分は大丈夫でいないと

些細な日常の風景のどれを取っても
思考が行き着くのは
そこに貴方がいないという答え
記憶の残骸を探さないように
いつの間にか自分は取り繕う事を覚えた

話したい事がある
話したい事がまだあったんだ
過去の帰り道の続きを夢に見る
疲れたなんて言いながら笑う表情の裏で
本当はどんな明日を思っていたんだろう
確かめる術は永遠に無い
もっともらしい理由は要らなかったんだ
ただ生きてさえいれば

貴方の代わりに自分が死ねば良い
なんて言うときっとまた傷付けてしまうから
一緒に頑張ろうと出来ない約束をした事を
自分はずっと後悔しているんだ

どんな事を言えば正しかったんだろうか
どんな事をしていれば
結果は変えられたんだろうか
記憶の中の貴方が 強がって笑う顔が
頭から離れない

死にたいと思いながら生きる事と
生きたいと思いながら死ぬ事は
どっちが不幸だ

答えを探すこと自体がそもそもの間違えだ
誰もが無為に過ごす一日の一コマは
堪え難い程に優しい
無気力に失ったその数秒を
数時間、数日、数年を
貴方にあげたいと思った

生きてさえいれば
ただ生きてさえいれば

Comments (0)

Please feel free to correct us if you see any mistakes. It will help us a lot.
If you like what we do, you can support us by making a donation using Ko-Fi.

Leave a Reply

From The Same Artists

life finds away / MEMAI SIREN
life finds away
MEMAI SIREN
fleet debility / MEMAI SIREN
fleet debility
MEMAI SIREN
Yue ni Kareru / MEMAI SIREN
Yue ni Kareru
MEMAI SIREN
HAKU / MEMAI SIREN
HAKU
MEMAI SIREN
Chiriisogu / MEMAI SIREN
Chiriisogu
MEMAI SIREN
Halcyon / MEMAI SIREN
Halcyon
MEMAI SIREN