Reol - Shinkuu Old Rose Lyrics

"Shinkuu Old Rose" is the 7th track from the "Jijitsujou" album released by Reol. It was released on October 17, 2018.

Details

  • Title: 真空オールドローズ
  • Also Known As: Hollow Old Rose , Shinkuu Old Rose
  • Genre: Pop
  • Language: Japanese
  • Country: Japan

Credits

Lyrics for Shinkuu Old Rose by Reol

信じきれぬことばかり言うね
不安定だ 受話器隔て
腐った愛 過干渉のせいだ
わからなくなってしまえたら

駐車場に捨てた鈍色と
凍えていく夜に待つ摩天楼
黙っていないで教えてよ

傍にいてもなぜだか嫌な予感がするの
たったの数秒息をとめることすらも怖かった
触れる温度はあたしには少し熱くて
囁かれるたびに壊したくなって嫌になる

あたしには少しも関係ない
今のあなたが何に傷付つこうとも
日の出を辿る、
責められることも今や厭わない

唯だらだらと日々を食らい
なんであの時出逢ってしまった
西陽が差して、
時は進めどもあなたを許せない

薄くなぞった東西線
騙し騙し迎えて午前二時
多分きっと不要な弁解も
あなたが望むならば叶えよう

あの日あたしは従順に
全部わかっていたけど従順に
下手すぎる芝居だって笑って
それが愛情だと思っていた

いつもそこに最後がある気がしてたから
問いただすことなど愚かなことよ無粋でしょう
オールドローズがふしだらに香り蔑んで
隣にいたって結局あたしたちは一人きりなんだ

あたしには少しも関係ない
今のあなたが誰を愛していようと
陽に背いて、
重ねた熱もひとつにはならない

嫌だ嫌だ拒む十六の今日
知ったことかよ あゝまた堕ちていく
西陽は差して、
二人の横顔に応じている

衛星都市に聳えたつ因果
観覧車が見せた世界は
左手 口遊む声を
あの日になくした さよなら

あたしには少しも関係ない
今のあなたが何に傷付つこうとも
日の出を辿る、
責められることも今や厭わない

唯だらだらと日々を食らい
なんであの時出逢ってしまった
西陽が差して、
時は進めどもあなたを許せない

あたしには少しも関係ない
今のあなたが何に傷付つこうとも
茜の下で、
時は過ぎ去る二度と会うこともない

唯だらだらと日々を食らい
なんであの時出逢ってしまった
西陽が差して、
時が殺してくあなたがいなくなる

もういらない
甘すぎた匂い
shinjikirenu koto bakari yuu ne 
fuantei da juwaki hedate 
kusatta ai ka kanshou no sei da 
wakaranaku natte shimaetara 

chuushajou ni suteta nibiiro to 
kogoete iku yoru ni matsu maten rou 
damatte inaide oshiete yo 

soba ni ite mo naze da ka iya na yokan ga suru no 
tatta no suu byou iki wo tomeru koto sura mo kowakatta 
fureru ondo wa atashi ni wa sukoshi atsukute 
sasayakareru tabi ni kowashitaku natte iya ni naru 

atashi ni wa sukoshi mo kankei nai 
ima no anata ga nan ni kizutsuke tsu kou tomo 
hinode wo tadoru, 
semerareru koto mo ima ya itowanai 

tada daradara to hibi wo kurai 
nande ano toki deatte shimatta 
nishibi ga sashite, 
toki wa susume do mo anata wo yurusenai 

usuku nazotta touzai sen 
damashidamashi mukaete gozen ni ji 
tabun kitto fuyou na benkai mo 
anata ga nozomu naraba kanaeyou 

ano hi atashi wa juujun ni 
zenbu wakatteita kedo juujun ni 
heta sugiru shibai datte waratte 
sore ga aijou da to omotte ita 

itsumo soko ni saigo ga aru ki ga shiteta kara 
toitadasu koto nado oroka na koto yo busui deshou 
ourudo rouzu ga fushidara ni kaorisagesunde 
tonari ni itatte kekkyoku atashitachi wa hitori kiri nanda 

atashi ni wa sukoshi mo kankei nai 
ima no anata ga dare wo aishite iyou to 
hi ni somuite, 
kasaneta netsu mo hitotsu ni wa naranai 

iya da iya da kobamu juuroku no kyou 
shitta koto ka yo aa mata ochite iku 
nishibi wa sashite, 
futari no yokogao ni oujite iru 

eisei toshi ni sobietatsu inga 
kanransha ga miseta sekai wa 
hidarite kuchizusamu koe wo 
ano hi ni nakushita sayonara 

atashi ni wa sukoshi mo kankei nai 
ima no anata ga nan ni kizutsuke tsu kou tomo 
hinode wo tadoru, 
semerareru koto mo ima ya itowanai 

tada daradara to hibi wo kurai 
nande ano toki deatte shimatta 
nishibi ga sashite, 
toki wa susume do mo anata wo yurusenai 

atashi ni wa sukoshi mo kankei nai 
ima no anata ga nan ni kizutsuke tsu kou tomo 
akane no moto de, 
toki wa sugisaru ni do to au koto mo nai 

tada daradara to hibi wo kurai 
nande ano toki deatte shimatta 
nishibi ga sashite, 
toki ga koroshiteku anata ga inakunaru 

mou iranai 
ama sugita nioi
Romaji
shinjikirenu koto bakari yuu ne 
fuantei da juwaki hedate 
kusatta ai ka kanshou no sei da 
wakaranaku natte shimaetara 

chuushajou ni suteta nibiiro to 
kogoete iku yoru ni matsu maten rou 
damatte inaide oshiete yo 

soba ni ite mo naze da ka iya na yokan ga suru no 
tatta no suu byou iki wo tomeru koto sura mo kowakatta 
fureru ondo wa atashi ni wa sukoshi atsukute 
sasayakareru tabi ni kowashitaku natte iya ni naru 

atashi ni wa sukoshi mo kankei nai 
ima no anata ga nan ni kizutsuke tsu kou tomo 
hinode wo tadoru, 
semerareru koto mo ima ya itowanai 

tada daradara to hibi wo kurai 
nande ano toki deatte shimatta 
nishibi ga sashite, 
toki wa susume do mo anata wo yurusenai 

usuku nazotta touzai sen 
damashidamashi mukaete gozen ni ji 
tabun kitto fuyou na benkai mo 
anata ga nozomu naraba kanaeyou 

ano hi atashi wa juujun ni 
zenbu wakatteita kedo juujun ni 
heta sugiru shibai datte waratte 
sore ga aijou da to omotte ita 

itsumo soko ni saigo ga aru ki ga shiteta kara 
toitadasu koto nado oroka na koto yo busui deshou 
ourudo rouzu ga fushidara ni kaorisagesunde 
tonari ni itatte kekkyoku atashitachi wa hitori kiri nanda 

atashi ni wa sukoshi mo kankei nai 
ima no anata ga dare wo aishite iyou to 
hi ni somuite, 
kasaneta netsu mo hitotsu ni wa naranai 

iya da iya da kobamu juuroku no kyou 
shitta koto ka yo aa mata ochite iku 
nishibi wa sashite, 
futari no yokogao ni oujite iru 

eisei toshi ni sobietatsu inga 
kanransha ga miseta sekai wa 
hidarite kuchizusamu koe wo 
ano hi ni nakushita sayonara 

atashi ni wa sukoshi mo kankei nai 
ima no anata ga nan ni kizutsuke tsu kou tomo 
hinode wo tadoru, 
semerareru koto mo ima ya itowanai 

tada daradara to hibi wo kurai 
nande ano toki deatte shimatta 
nishibi ga sashite, 
toki wa susume do mo anata wo yurusenai 

atashi ni wa sukoshi mo kankei nai 
ima no anata ga nan ni kizutsuke tsu kou tomo 
akane no moto de, 
toki wa sugisaru ni do to au koto mo nai 

tada daradara to hibi wo kurai 
nande ano toki deatte shimatta 
nishibi ga sashite, 
toki ga koroshiteku anata ga inakunaru 

mou iranai 
ama sugita nioi
Original
信じきれぬことばかり言うね
不安定だ 受話器隔て
腐った愛 過干渉のせいだ
わからなくなってしまえたら

駐車場に捨てた鈍色と
凍えていく夜に待つ摩天楼
黙っていないで教えてよ

傍にいてもなぜだか嫌な予感がするの
たったの数秒息をとめることすらも怖かった
触れる温度はあたしには少し熱くて
囁かれるたびに壊したくなって嫌になる

あたしには少しも関係ない
今のあなたが何に傷付つこうとも
日の出を辿る、
責められることも今や厭わない

唯だらだらと日々を食らい
なんであの時出逢ってしまった
西陽が差して、
時は進めどもあなたを許せない

薄くなぞった東西線
騙し騙し迎えて午前二時
多分きっと不要な弁解も
あなたが望むならば叶えよう

あの日あたしは従順に
全部わかっていたけど従順に
下手すぎる芝居だって笑って
それが愛情だと思っていた

いつもそこに最後がある気がしてたから
問いただすことなど愚かなことよ無粋でしょう
オールドローズがふしだらに香り蔑んで
隣にいたって結局あたしたちは一人きりなんだ

あたしには少しも関係ない
今のあなたが誰を愛していようと
陽に背いて、
重ねた熱もひとつにはならない

嫌だ嫌だ拒む十六の今日
知ったことかよ あゝまた堕ちていく
西陽は差して、
二人の横顔に応じている

衛星都市に聳えたつ因果
観覧車が見せた世界は
左手 口遊む声を
あの日になくした さよなら

あたしには少しも関係ない
今のあなたが何に傷付つこうとも
日の出を辿る、
責められることも今や厭わない

唯だらだらと日々を食らい
なんであの時出逢ってしまった
西陽が差して、
時は進めどもあなたを許せない

あたしには少しも関係ない
今のあなたが何に傷付つこうとも
茜の下で、
時は過ぎ去る二度と会うこともない

唯だらだらと日々を食らい
なんであの時出逢ってしまった
西陽が差して、
時が殺してくあなたがいなくなる

もういらない
甘すぎた匂い
Please feel free to correct us if you see any mistakes. It will help us a lot.
If you like what we do, you can support us by making a donation using Ko-Fi.

Tags

Reol

Comments (0)

You must be logged in to post a comment.

From The Same Artists

Q? / Reol
Q?
Reol
GRIMOIRE / Reol
GRIMOIRE
Reol
Dali / Reol
Dali
Reol
insider / Reol
insider
Reol