ZUTOMAYO - Samayoi Yoi Ondo Lyrics

"Samayoi Yoi Ondo" is the 5th track from the "Ima wa Ima de Chikai wa Emi de" mini album released by ZUTOMAYO. It was released on June 12, 2019.

Details

  • Title: 彷徨い酔い温度
  • Also Known As: Samayoi Yoi Ondo
  • Genre: Pop, Rock
  • Language: Japanese
  • Country: Japan

Credits

  • Performer: ZUTOMAYO
  • Composer: ACAne
  • Lyricist: ACAne

Lyrics for Samayoi Yoi Ondo by ZUTOMAYO

夢かな 酔っ払った屋台に 悲しいまつげと影 ふわっと踊ってる 忙しない かげろう畑は 誰も思い出せぬような 問いが揺れてるから 誰かは 滝のように笑えば 頼りに堅い志は 距離も煮詰める だらしない 汗のかいた ラムネが 太鼓の音に仕向けられて ぽっかり二番手さ わからないままで いるから 確かめもしないで 全てにしないで 今すぐ逸らせるもんか 予想も届かない 言葉にかまわない 上っ面に揺さぶられたくないから ただ 凄いよ 篭って 恥ずかしい今に飛んでった僕は まだ此処には たぶん いるみたい? 走らないで 怯えないで 転げそうな 病みに酔い痴れて やっと立ち上がろ ワニになって 朱鷺になって 蟹になって 灰になってさ 完璧が つまらぬようにさ くだらない と放って とばした 心に良かったのか なんて僕も思わないけど 形にすることで開いた火花に 答え合せをして ゆっくり手を振ろう 挨拶だけで いいから 確かめもしないで 眺めたりしないで 次に進みたいのさ 予想も届かない 言葉にかまわない 上っ面に揺さぶられたくないから ただ 恥ずかしい今に飛んでった僕は まだ此処には たぶん いるみたい? 走らないで 怯えないで 転げそうな 病みに酔い痴れて やっと立ち上がろ ワニになって 朱鷺になって 蟹になって 灰になってさ 完璧が つまらぬようにさ 薄暗い夏よ、どうか この目に寄りかかる 弱さ奪ってよ 少しだけ 浅はかな体温には 消えぬ意思が宿ってしまうよ 恥ずかしい夜に飛んでった僕は まだ此処には たぶん いるみたい? 走らないで 怯えないで 転げそうな 闇に酔い痴れて やっと立ち上がろ ワニになって 朱鷺になって 蟹になって 粉になってさ いつの日か忘れてしまうのさ ラララ~
yume ka na yopparatta yatai ni kanashii matsuge to kage fuwatto odotteru sewashinai kagerou batake wa daremo omoidasenu you na toi ga yureteru kara dareka wa taki no you ni waraeba tayori ni katai kokorozashi wa kyori mo nitsumeru darashinai ase no kaita ramune ga taiko no oto ni shimukerarete pokkari niban te sa wakaranai mama de iru kara tashikame mo shinaide subete ni shinaide ima sugu soraseru mon ka yosou mo todokanai kotoba ni kamawanai uwattsura ni yusaburaretakunai kara tada sugoi yo komotte hazukashii ima ni tondetta boku wa mada koko ni wa tabun iru mitai? hashiranaide obienaide korogesou na yami ni yoishirete yatto tachiagaro wani ni natte toki ni natte kani ni natte hai ni natte sa kanpeki ga tsumaranu you ni sa kudaranai to hanatte tobashita kokoro ni yokatta no ka nante boku mo omowanai kedo katachi ni suru koto de hiraita hibana ni kotaeawase wo shite yukkuri te wo furou aisatsu dake de ii kara tashikame mo shinaide nagametari shinaide tsugi ni susumitai no sa yosou mo todokanai kotoba ni kamawanai uwattsura ni yusaburaretakunai kara tada hazukashii ima ni tondetta boku wa mada koko ni wa tabun iru mitai? hashiranaide obienaide korogesou na yami ni yoishirete yatto tachiagaro wani ni natte toki ni natte kani ni natte hai ni natte sa kanpeki ga tsumaranu you ni sa usugurai natsu yo, douka kono me ni yorikakaru yowasa ubatte yo sukoshi dake asahaka na taion ni wa kienu ishi ga yadotte shimau yo hazukashii yoru ni tondetta boku wa mada koko ni wa tabun iru mitai? hashiranaide obienaide korogesou na yami ni yoishirete yatto tachiagaro wani ni natte toki ni natte kani ni natte kona ni natte sa itsu no hi ka wasurete shimau no sa rarara~
Romaji
yume ka na yopparatta yatai ni kanashii matsuge to kage fuwatto odotteru sewashinai kagerou batake wa daremo omoidasenu you na toi ga yureteru kara dareka wa taki no you ni waraeba tayori ni katai kokorozashi wa kyori mo nitsumeru darashinai ase no kaita ramune ga taiko no oto ni shimukerarete pokkari niban te sa wakaranai mama de iru kara tashikame mo shinaide subete ni shinaide ima sugu soraseru mon ka yosou mo todokanai kotoba ni kamawanai uwattsura ni yusaburaretakunai kara tada sugoi yo komotte hazukashii ima ni tondetta boku wa mada koko ni wa tabun iru mitai? hashiranaide obienaide korogesou na yami ni yoishirete yatto tachiagaro wani ni natte toki ni natte kani ni natte hai ni natte sa kanpeki ga tsumaranu you ni sa kudaranai to hanatte tobashita kokoro ni yokatta no ka nante boku mo omowanai kedo katachi ni suru koto de hiraita hibana ni kotaeawase wo shite yukkuri te wo furou aisatsu dake de ii kara tashikame mo shinaide nagametari shinaide tsugi ni susumitai no sa yosou mo todokanai kotoba ni kamawanai uwattsura ni yusaburaretakunai kara tada hazukashii ima ni tondetta boku wa mada koko ni wa tabun iru mitai? hashiranaide obienaide korogesou na yami ni yoishirete yatto tachiagaro wani ni natte toki ni natte kani ni natte hai ni natte sa kanpeki ga tsumaranu you ni sa usugurai natsu yo, douka kono me ni yorikakaru yowasa ubatte yo sukoshi dake asahaka na taion ni wa kienu ishi ga yadotte shimau yo hazukashii yoru ni tondetta boku wa mada koko ni wa tabun iru mitai? hashiranaide obienaide korogesou na yami ni yoishirete yatto tachiagaro wani ni natte toki ni natte kani ni natte kona ni natte sa itsu no hi ka wasurete shimau no sa rarara~
Original
夢かな 酔っ払った屋台に 悲しいまつげと影 ふわっと踊ってる 忙しない かげろう畑は 誰も思い出せぬような 問いが揺れてるから 誰かは 滝のように笑えば 頼りに堅い志は 距離も煮詰める だらしない 汗のかいた ラムネが 太鼓の音に仕向けられて ぽっかり二番手さ わからないままで いるから 確かめもしないで 全てにしないで 今すぐ逸らせるもんか 予想も届かない 言葉にかまわない 上っ面に揺さぶられたくないから ただ 凄いよ 篭って 恥ずかしい今に飛んでった僕は まだ此処には たぶん いるみたい? 走らないで 怯えないで 転げそうな 病みに酔い痴れて やっと立ち上がろ ワニになって 朱鷺になって 蟹になって 灰になってさ 完璧が つまらぬようにさ くだらない と放って とばした 心に良かったのか なんて僕も思わないけど 形にすることで開いた火花に 答え合せをして ゆっくり手を振ろう 挨拶だけで いいから 確かめもしないで 眺めたりしないで 次に進みたいのさ 予想も届かない 言葉にかまわない 上っ面に揺さぶられたくないから ただ 恥ずかしい今に飛んでった僕は まだ此処には たぶん いるみたい? 走らないで 怯えないで 転げそうな 病みに酔い痴れて やっと立ち上がろ ワニになって 朱鷺になって 蟹になって 灰になってさ 完璧が つまらぬようにさ 薄暗い夏よ、どうか この目に寄りかかる 弱さ奪ってよ 少しだけ 浅はかな体温には 消えぬ意思が宿ってしまうよ 恥ずかしい夜に飛んでった僕は まだ此処には たぶん いるみたい? 走らないで 怯えないで 転げそうな 闇に酔い痴れて やっと立ち上がろ ワニになって 朱鷺になって 蟹になって 粉になってさ いつの日か忘れてしまうのさ ラララ~
Please feel free to correct us if you see any mistakes. It will help us a lot.
If you like what we do, you can support us by making a donation using Ko-Fi.

Comments (0)

You must be logged in to post a comment.