Reol - SAISAKI Lyrics

"SAISAKI" is the 1st track from the "SAISAKI" digital single released by Reol. It was released on May 16, 2018.

SAISAKI / Reol

Details

  • Title: サイサキ
  • Also Known As: SAISAKI
  • Genre: Pop
  • Language: Japanese
  • Country: Japan

Credits

  • Performer: Reol
  • Composer: Reol
  • Arranger: Satoshi Setsune
  • Lyricist: Reol

Lyrics for SAISAKI by Reol

未だ見ない幸先へと
僕は只今あるき出したところ
至るまでの途上 超高層ビル
見上げすぎて首が痛いな

見ず知らずの他人同士だから
あなたと関わり合いたい
毎晩とる食事のようにただただ
変わることなく続くと思ってた

ぐるぐる貼られる口にガムテープ
ダブるフレーズ トばす癖
僕はいつでも本当しか言えないし
とてもエゴイスティック

知ってるだろ

終わるには早すぎるから
荷物まとめて此処を出る
会いたい 期待したいまだ
ああ 僕の血を通ってる

泣いても変えられないとしても
それでも変えたいと願うのは
虚脱を壊す 今終わらす
薄志弱行な僕は

誰より誠実な味方はいつも
過去の自分と知ってるから
この身くたばる前に穿つ
怖いことなどない

また実らすため花ゆり落ちて
裏返るあの日の約束を果たそう
漂う煙草の煙に巻かれた
君の諦めすら蹴り上げる

何度殴られ罵られたって
君の言葉の掛目には満たない
ガソリンを撒け さあ今すぐに
本能に跨っていけよ

引き返せないところまで来たみたい
諸行無常 愛すべき東京
見知らぬ昨日、人、思想、時代
乱雑無章 出会いたい表情
覆したい予想通りの先

たった一世紀無い命で
できること 守れるもの
あと幾つあるんだろう

泣いても変えられないとしても
それでも変えたいと願うなら
何が変わる?何か変わる?
手を下すのはいつも

誰でもない逃げられない
今此処にいる自分と知ってるから
この身くたばる前に繋ぐ

急行の田都で丸ノ内乗って
なんて身勝手な生活
君だってそうでしょう
手放しでハッピーエンド
何年使ってもなりきれない理想
不安定な明日を見越して
とりあえず今日をキスで凌ごう

先天性のズレ
およそ1.3億息づいた劣等感を
どうか抱きしめて終わりたい

ハイトーン レスポール
ベッドに君が好き
また会える 巡り会える
そんな幸先なら

泣いても変えられないとしても
それでも変えたいと願うから

どうか

足掻いても伝わらないよそれでも
僕らには言葉しかないから

歌い続けるよ

泣いても変えられないとしても
それでも変えたいと願うのは
虚脱を壊す 今終わらす
薄志弱行な僕は

誰より誠実な味方はいつも
過去の自分と知ってるから
この身くたばる前に穿つ

怖いことなどない
何一つないよ
mada minai saisaki e to 
boku wa tadaima arukidashita tokoro 
itaru made no tojou chou kousou biru 
miagesugite kubi ga itai na 

mizushirazu no tanindoushi dakara 
anata to kakawariaitai 
maiban toru shokuji no you ni tadatada 
kawaru koto naku tsuzuku to omotteta 

guruguru harareru kuchi ni gamu teipu 
daburu fureizu to basu kuse 
boku wa itsudemo hontou shika ienai shi 
totemo egoisutikku 

shitteru daro 

owaru ni wa hayasugiru kara 
nimotsu matomete koko wo deru 
aitai kitai shitai mada 
aa boku no chi wo kayotteru 

naitemo kaerarenai toshitemo 
soredemo kaetai to negau no wa 
kyodatsu wo kowasu ima owarasu 
hakushi jakkou na boku wa 

dare yori seijitsu na mikata wa itsumo 
kako no jibun to shitteru kara 
kono mi kutabaru mae ni ugatsu 
kowai koto nado nai 

mata minorasu tame hana yuri ochite 
uragaeru ano hi no yakusoku wo hatasou 
tadayou tabako no kemuri ni makareta 
kimi no akirame sura keriageru 

nando nagurare nonoshirareta tte 
kimi no kotoba no kakeme ni wa mitanai 
gasorin wo make saa ima sugu ni 
honnou ni matagatte ikeyo 

hikikaesenai toko made kita mitai 
shogyou mujou aisubeki toukyou 
mishiranu kinou, hito, shisou, jidai 
ranzatsu mushou deaitai hyoujou 
kutsugaeshitai yosou toori no saki 

tatta ichi seiki nai inochi de 
dekiru koto mamoreru mono 
ato ikutsu arun darou 

naitemo kaerarenai toshitemo 
soredemo kaetai to negau nara 
nani ga kawaru? nanika kawaru?
te wo kudasu no wa itsumo 

dare demo nai nigerarenai 
ima koko ni iru jibun to shitteru kara 
kono mi kutabaru mae ni tsunagu 

kyuukou no tento de marunouchi notte 
nante migatte na seikatsu 
kimi datte sou deshou 
tebanashi de happii endo 
nannen tsukatte mo narikirenai risou 
fuantei na asu wo mikoshite 
toriaezu kyou wo kisu de shinogou 

sentensei no zure 
oyoso ichi ten san oku ikizuita rettou kan wo 
douka dakishimete owaritai 

haitoon resupooru 
beddo ni kimi ga suki 
mata aeru meguriaeru 
sonna saisaki nara 

naitemo kaerarenai toshitemo 
soredemo kaetai to negau kara 

douka 

agaitemo tsutawaranai yo soredemo 
bokura ni wa kotoba shika nai kara 

utaitsuzukeru yo 

naitemo kaerarenai toshitemo 
soredemo kaetai to negau no wa 
kyodatsu wo kowasu ima owarasu 
hakushi jakkou na boku wa 

dare yori seijitsu na mikata wa itsumo 
kako no jibun to shitteru kara 
kono mi kutabaru mae ni ugatsu 

kowai koto nado nai 
nani hitotsu nai yo
Romaji
mada minai saisaki e to 
boku wa tadaima arukidashita tokoro 
itaru made no tojou chou kousou biru 
miagesugite kubi ga itai na 

mizushirazu no tanindoushi dakara 
anata to kakawariaitai 
maiban toru shokuji no you ni tadatada 
kawaru koto naku tsuzuku to omotteta 

guruguru harareru kuchi ni gamu teipu 
daburu fureizu to basu kuse 
boku wa itsudemo hontou shika ienai shi 
totemo egoisutikku 

shitteru daro 

owaru ni wa hayasugiru kara 
nimotsu matomete koko wo deru 
aitai kitai shitai mada 
aa boku no chi wo kayotteru 

naitemo kaerarenai toshitemo 
soredemo kaetai to negau no wa 
kyodatsu wo kowasu ima owarasu 
hakushi jakkou na boku wa 

dare yori seijitsu na mikata wa itsumo 
kako no jibun to shitteru kara 
kono mi kutabaru mae ni ugatsu 
kowai koto nado nai 

mata minorasu tame hana yuri ochite 
uragaeru ano hi no yakusoku wo hatasou 
tadayou tabako no kemuri ni makareta 
kimi no akirame sura keriageru 

nando nagurare nonoshirareta tte 
kimi no kotoba no kakeme ni wa mitanai 
gasorin wo make saa ima sugu ni 
honnou ni matagatte ikeyo 

hikikaesenai toko made kita mitai 
shogyou mujou aisubeki toukyou 
mishiranu kinou, hito, shisou, jidai 
ranzatsu mushou deaitai hyoujou 
kutsugaeshitai yosou toori no saki 

tatta ichi seiki nai inochi de 
dekiru koto mamoreru mono 
ato ikutsu arun darou 

naitemo kaerarenai toshitemo 
soredemo kaetai to negau nara 
nani ga kawaru? nanika kawaru?
te wo kudasu no wa itsumo 

dare demo nai nigerarenai 
ima koko ni iru jibun to shitteru kara 
kono mi kutabaru mae ni tsunagu 

kyuukou no tento de marunouchi notte 
nante migatte na seikatsu 
kimi datte sou deshou 
tebanashi de happii endo 
nannen tsukatte mo narikirenai risou 
fuantei na asu wo mikoshite 
toriaezu kyou wo kisu de shinogou 

sentensei no zure 
oyoso ichi ten san oku ikizuita rettou kan wo 
douka dakishimete owaritai 

haitoon resupooru 
beddo ni kimi ga suki 
mata aeru meguriaeru 
sonna saisaki nara 

naitemo kaerarenai toshitemo 
soredemo kaetai to negau kara 

douka 

agaitemo tsutawaranai yo soredemo 
bokura ni wa kotoba shika nai kara 

utaitsuzukeru yo 

naitemo kaerarenai toshitemo 
soredemo kaetai to negau no wa 
kyodatsu wo kowasu ima owarasu 
hakushi jakkou na boku wa 

dare yori seijitsu na mikata wa itsumo 
kako no jibun to shitteru kara 
kono mi kutabaru mae ni ugatsu 

kowai koto nado nai 
nani hitotsu nai yo
Original
未だ見ない幸先へと
僕は只今あるき出したところ
至るまでの途上 超高層ビル
見上げすぎて首が痛いな

見ず知らずの他人同士だから
あなたと関わり合いたい
毎晩とる食事のようにただただ
変わることなく続くと思ってた

ぐるぐる貼られる口にガムテープ
ダブるフレーズ トばす癖
僕はいつでも本当しか言えないし
とてもエゴイスティック

知ってるだろ

終わるには早すぎるから
荷物まとめて此処を出る
会いたい 期待したいまだ
ああ 僕の血を通ってる

泣いても変えられないとしても
それでも変えたいと願うのは
虚脱を壊す 今終わらす
薄志弱行な僕は

誰より誠実な味方はいつも
過去の自分と知ってるから
この身くたばる前に穿つ
怖いことなどない

また実らすため花ゆり落ちて
裏返るあの日の約束を果たそう
漂う煙草の煙に巻かれた
君の諦めすら蹴り上げる

何度殴られ罵られたって
君の言葉の掛目には満たない
ガソリンを撒け さあ今すぐに
本能に跨っていけよ

引き返せないところまで来たみたい
諸行無常 愛すべき東京
見知らぬ昨日、人、思想、時代
乱雑無章 出会いたい表情
覆したい予想通りの先

たった一世紀無い命で
できること 守れるもの
あと幾つあるんだろう

泣いても変えられないとしても
それでも変えたいと願うなら
何が変わる?何か変わる?
手を下すのはいつも

誰でもない逃げられない
今此処にいる自分と知ってるから
この身くたばる前に繋ぐ

急行の田都で丸ノ内乗って
なんて身勝手な生活
君だってそうでしょう
手放しでハッピーエンド
何年使ってもなりきれない理想
不安定な明日を見越して
とりあえず今日をキスで凌ごう

先天性のズレ
およそ1.3億息づいた劣等感を
どうか抱きしめて終わりたい

ハイトーン レスポール
ベッドに君が好き
また会える 巡り会える
そんな幸先なら

泣いても変えられないとしても
それでも変えたいと願うから

どうか

足掻いても伝わらないよそれでも
僕らには言葉しかないから

歌い続けるよ

泣いても変えられないとしても
それでも変えたいと願うのは
虚脱を壊す 今終わらす
薄志弱行な僕は

誰より誠実な味方はいつも
過去の自分と知ってるから
この身くたばる前に穿つ

怖いことなどない
何一つないよ
Please feel free to correct us if you see any mistakes. It will help us a lot.
If you like what we do, you can support us by making a donation using Ko-Fi.

Tags

Reol

Comments (0)

You must be logged in to post a comment.

From The Same Artists

Q? / Reol
Q?
Reol
GRIMOIRE / Reol
GRIMOIRE
Reol
Dali / Reol
Dali
Reol
insider / Reol
insider
Reol