2 weeks ago

Nautilus / Yorushika

Nautilus / Yorushika
  • Title: Nautilus
  • Also Known As: ノーチラス
  • Performer: Yorushika
  • Composer: n-buna
  • Arranger: n-buna
  • Lyricist: n-buna

Nautilus is the 14th track from the Elma album released by Yorushika. It was released on August 28, 2019.

"Nautilus" Lyrics

tokei ga natta kara yatto me wo samashita
kinou no kaze ga chotto uso mitai da
dekake you ni mo, aa, yohou ga ame moyou da
douse denai no wa yoru ga akenai kara

nodo ga kawaku toka, kokoro ga itai toka, ningen no zenbu ga jama shiterun da yo

sayonara no hayasa de kao wo agete,
itsuka yatto yoru ga aketara
mou me wo samashite mite
neboke manako no kimi wo nandodatte egaite iru kara

kasa wo dashite yatto soto ni dete miyou to kimeta wa ii kedo, kutsu wo sutetan da kke
hadashi no mama nante dokyou mo aru wake ga nai
ya
dou demo ii ka na nani ga shitain darou

yuuhan wa dou shiyou
haretara soto ni deyou
ningen nante sa mitaku mo nai kedo

kono mama no hayasa de kyou wo oyoide,
kimi ni yatto te ga furetara
mou me wo samashite mite
neboke manako no kimi wo wasureta tte oboete iru kara

oka no mae ni wa kimi ga ite zuibun hisashii ne tte warai nagara kao wo yosete
saa, futari de ikou tte iun da

rappurando no naya no shita
gamurasutan no furu doori
natsukusa ga jama wo suru

kono mama no hayasa de kyou wo oyoide,
kimi ni yatte te ga furetara
mou me wo samashite
mite, kimi wo wasureta boku wo

sayonara no hayasa de kao wo agete
itsuka yatto yoru ga aketara
mou me wo samashite
mite, neboke manako no kimi wo nandodatte egaite iru kara
時計が鳴ったからやっと眼を覚ました
昨日の風邪がちょっと嘘みたいだ
出かけようにも、あぁ、予報が雨模様だ
どうせ出ないのは夜が明けないから

喉が渇くとか、心が痛いとか、人間の全部が邪魔してるんだよ

さよならの速さで顔を上げて、
いつかやっと夜が明けたら
もう眼を覚まして 見て
寝ぼけまなこの君を何度だって描いているから

傘を出してやっと外に出てみようと決めたはいいけど、靴を捨てたんだっけ
裸足のままなんて度胸もある訳がない
や
どうでもいいかな 何がしたいんだろう

夕飯はどうしよう
晴れたら外に出よう
人間なんてさ見たくもないけど

このままの速さで今日を泳いで、
君にやっと手が触れたら
もう目を覚まして 見て
寝ぼけまなこの君を忘れたって覚えているから

丘の前には君がいて随分久しいねって笑いながら顔を寄せて
さぁ、二人で行こうって言うんだ

ラップランドの納屋の下
ガムラスタンの古通り
夏草が邪魔をする

このままの速さで今日を泳いで、
君にやって手が触れたら
もう眼を覚まして
見て、君を忘れた僕を

さよならの速さで顔を上げて
いつかやっと夜が明けたら
もう目を覚まして
見て、寝ぼけまなこの君を何度だって描いているから
Romaji
tokei ga natta kara yatto me wo samashita
kinou no kaze ga chotto uso mitai da
dekake you ni mo, aa, yohou ga ame moyou da
douse denai no wa yoru ga akenai kara

nodo ga kawaku toka, kokoro ga itai toka, ningen no zenbu ga jama shiterun da yo

sayonara no hayasa de kao wo agete,
itsuka yatto yoru ga aketara
mou me wo samashite mite
neboke manako no kimi wo nandodatte egaite iru kara

kasa wo dashite yatto soto ni dete miyou to kimeta wa ii kedo, kutsu wo sutetan da kke
hadashi no mama nante dokyou mo aru wake ga nai
ya
dou demo ii ka na nani ga shitain darou

yuuhan wa dou shiyou
haretara soto ni deyou
ningen nante sa mitaku mo nai kedo

kono mama no hayasa de kyou wo oyoide,
kimi ni yatto te ga furetara
mou me wo samashite mite
neboke manako no kimi wo wasureta tte oboete iru kara

oka no mae ni wa kimi ga ite zuibun hisashii ne tte warai nagara kao wo yosete
saa, futari de ikou tte iun da

rappurando no naya no shita
gamurasutan no furu doori
natsukusa ga jama wo suru

kono mama no hayasa de kyou wo oyoide,
kimi ni yatte te ga furetara
mou me wo samashite
mite, kimi wo wasureta boku wo

sayonara no hayasa de kao wo agete
itsuka yatto yoru ga aketara
mou me wo samashite
mite, neboke manako no kimi wo nandodatte egaite iru kara
Original
時計が鳴ったからやっと眼を覚ました
昨日の風邪がちょっと嘘みたいだ
出かけようにも、あぁ、予報が雨模様だ
どうせ出ないのは夜が明けないから

喉が渇くとか、心が痛いとか、人間の全部が邪魔してるんだよ

さよならの速さで顔を上げて、
いつかやっと夜が明けたら
もう眼を覚まして 見て
寝ぼけまなこの君を何度だって描いているから

傘を出してやっと外に出てみようと決めたはいいけど、靴を捨てたんだっけ
裸足のままなんて度胸もある訳がない
や
どうでもいいかな 何がしたいんだろう

夕飯はどうしよう
晴れたら外に出よう
人間なんてさ見たくもないけど

このままの速さで今日を泳いで、
君にやっと手が触れたら
もう目を覚まして 見て
寝ぼけまなこの君を忘れたって覚えているから

丘の前には君がいて随分久しいねって笑いながら顔を寄せて
さぁ、二人で行こうって言うんだ

ラップランドの納屋の下
ガムラスタンの古通り
夏草が邪魔をする

このままの速さで今日を泳いで、
君にやって手が触れたら
もう眼を覚まして
見て、君を忘れた僕を

さよならの速さで顔を上げて
いつかやっと夜が明けたら
もう目を覚まして
見て、寝ぼけまなこの君を何度だって描いているから

Comments (0)