1 year ago

Natsu no Arika / H△G

Natsu no Arika / H△G Album Cover
  • Title: 夏の在りか
  • Also Known As: Natsu no Arika
  • Performer: H△G
  • Composer: Miyata “Lefty” Ryo
  • Arranger: Miyata “Lefty” Ryo
  • Lyricist: Miyata “Lefty” Ryo

Natsu no Arika is the 1st track from the Natsu no Arika single released by H△G. It was released on July 26, 2017.

"Natsu no Arika" Lyrics

iroaseta sukoaboudo to shichigatsu no touriame.
rinto shita nyuudougumo wa itsumo yori shirokatta.

nomihoshita suitou, kodama shita kansei, tomatta mama no natsu no hi.
kimi wa ima mo yume no tsuzuki oikaketeru.

ano kanaami no mukougawa ni mitsuketa "natsu no arika" wo,
toki ga sugite itsu no hi ka "seishun" toyuu no naraba,
sono toki bokura wa mousukoshi otona ni narete iru no kana?
natsu sora ni kieta kouka seishou, kimi no namae yonde ita.

kikuzushita yunifoumu to tsuba ori no yakyuu bou.
kurenazumu guraundo ni wa kimi no kage ga mieta.

kono natsu no hi ga sotto owari wo tsugeru koro,
marude nanimo nakatta ka no youni bokura betsu no michi wo aruite yuku.

ano hakusen no mukougawa ni nakushita "natsu no arika" wo,
furikaeeru toki ga kitemo "seishun" to ieru no nara,
sono toki bokura wa nani wo mitsuke nani wo sagashite iru no kana?
wasurenu natsu ga tashika ni atta koto, sono kawari ni kono uta wo.

shiroi seifuku no mabushisa ga kage wo fumu kontorasuto.
nosutarujikku ni hibiku burasubando no oto.
natsu no mahou ni kakerarete otona ni natte ku toshite mo,
kono sora ni kieta kouka seishou, wasurenai.

ano kanaami no mukougawa ni mitsuketa "natsu no arika" wo,
sono sabishisa mo fukumete "seishun" toyuu no naraba,
kirameki no naka ni kakusareta aomigakatta mainichi to,
sugisari shi natsu no omoide tachi wa ima mo koko ni aru darou.
色褪せたスコアボードと七月の通り雨。
凛とした入道雲はいつもより白かった。

飲み干した水筒、こだました歓声、止まったままの夏の日。
君は今も夢の続き追いかけてる。

あの金網の向こう側に見つけた“夏の在りか”を、
時が過ぎていつの日か“青春”というのならば、
その時 僕らはもう少し大人になれているのかな?
夏空に消えた校歌斉唱、君の名前 呼んでいた。

着崩したユニフォームとつば折りの野球帽。
昏れなずむグラウンドには君の影が見えた。

この夏の日がそっと終わりを告げる頃、
まるで何もなかったかのように僕ら別の道を歩いてゆく。

あの白線の向こう側に失くした“夏の在りか”を、
振り返える時が来ても“青春”といえるのなら、
その時 僕らは何を見つけ 何を探しているのかな?
忘れぬ夏が確かにあったこと、その代わりにこの歌を。

白い制服の眩しさが影を踏むコントラスト。
ノスタルジックに響くブラスバンドの音。
夏の魔法にかけられて大人になってくとしても、
この空に消えた校歌斉唱、忘れない。

あの金網の向こう側に見つけた“夏の在りか”を、
その寂しさも含めて“青春”というのならば、
きらめきの中に隠された青みがかった毎日と、
過ぎ去りし夏の想い出たちは今もここにあるだろう。
Romaji
iroaseta sukoaboudo to shichigatsu no touriame.
rinto shita nyuudougumo wa itsumo yori shirokatta.

nomihoshita suitou, kodama shita kansei, tomatta mama no natsu no hi.
kimi wa ima mo yume no tsuzuki oikaketeru.

ano kanaami no mukougawa ni mitsuketa "natsu no arika" wo,
toki ga sugite itsu no hi ka "seishun" toyuu no naraba,
sono toki bokura wa mousukoshi otona ni narete iru no kana?
natsu sora ni kieta kouka seishou, kimi no namae yonde ita.

kikuzushita yunifoumu to tsuba ori no yakyuu bou.
kurenazumu guraundo ni wa kimi no kage ga mieta.

kono natsu no hi ga sotto owari wo tsugeru koro,
marude nanimo nakatta ka no youni bokura betsu no michi wo aruite yuku.

ano hakusen no mukougawa ni nakushita "natsu no arika" wo,
furikaeeru toki ga kitemo "seishun" to ieru no nara,
sono toki bokura wa nani wo mitsuke nani wo sagashite iru no kana?
wasurenu natsu ga tashika ni atta koto, sono kawari ni kono uta wo.

shiroi seifuku no mabushisa ga kage wo fumu kontorasuto.
nosutarujikku ni hibiku burasubando no oto.
natsu no mahou ni kakerarete otona ni natte ku toshite mo,
kono sora ni kieta kouka seishou, wasurenai.

ano kanaami no mukougawa ni mitsuketa "natsu no arika" wo,
sono sabishisa mo fukumete "seishun" toyuu no naraba,
kirameki no naka ni kakusareta aomigakatta mainichi to,
sugisari shi natsu no omoide tachi wa ima mo koko ni aru darou.
Original
色褪せたスコアボードと七月の通り雨。
凛とした入道雲はいつもより白かった。

飲み干した水筒、こだました歓声、止まったままの夏の日。
君は今も夢の続き追いかけてる。

あの金網の向こう側に見つけた“夏の在りか”を、
時が過ぎていつの日か“青春”というのならば、
その時 僕らはもう少し大人になれているのかな?
夏空に消えた校歌斉唱、君の名前 呼んでいた。

着崩したユニフォームとつば折りの野球帽。
昏れなずむグラウンドには君の影が見えた。

この夏の日がそっと終わりを告げる頃、
まるで何もなかったかのように僕ら別の道を歩いてゆく。

あの白線の向こう側に失くした“夏の在りか”を、
振り返える時が来ても“青春”といえるのなら、
その時 僕らは何を見つけ 何を探しているのかな?
忘れぬ夏が確かにあったこと、その代わりにこの歌を。

白い制服の眩しさが影を踏むコントラスト。
ノスタルジックに響くブラスバンドの音。
夏の魔法にかけられて大人になってくとしても、
この空に消えた校歌斉唱、忘れない。

あの金網の向こう側に見つけた“夏の在りか”を、
その寂しさも含めて“青春”というのならば、
きらめきの中に隠された青みがかった毎日と、
過ぎ去りし夏の想い出たちは今もここにあるだろう。

Comments (0)

Natsu no Arika / H△G Video