Youtube: Mushoku Toumei / LiSA
LiSA

Mushoku Toumei / LiSA

  • Title: 無色透明
  • Also Known As: Mushoku Toumei
  • Performer: LiSA
  • Composer: Kanon
  • Arranger: Keiichi Wakui, Naoki Chiba (frequency inc.)
  • Lyricist: LiSA

"Mushoku Toumei" is the 7th track from the "Letters to U" mini album released by LiSA. It was released on April 20, 2011.

"Mushoku Toumei" Lyrics

tokei no hari ga hajimari wo shiraseru hitoashisaki ni
ashibaya na machi mioroshite koohii ni miruku hitotsu

atto iu ma ni kawatteiku kappu no naka ya kono machi de
boku wa doredake hito no kioku ni ikiteirareru no darou

kitto okubyou na boku no iiwaketachi ga
kuro wo somete yuku miruku mitai ni
nozonde ita hazu no mirai wo nijimasete
itsu no ma ni ka nanimo mienaku natteku
yume mo, kitai mo, fuan toka mo, zenbu
tsumekonda ryukku motte tobinotta
densha no mado kara ano hi mita hoshitachi ni
chikatta koto senmei ni ima omoidashitan da

matsuri mitai na hitogomi ga kokoro made saratte yuku
tsudzuku saki ni wa nozomu basho nai koto wakatteru no ni

toki no nagare no sei to furumau koto wa dekiru kedo
boku wa itsu ni nattara kioku wo warau koto ga dekiru darou

kitto okubyou na boku no iiwaketachi ga
kuro mo somete yuku miruku mitai ni
yowatte ita hazu no kokoro wo gomakashite
itsu ni natte mo kokokara saki ni susumenai
kibou mo, yoyuu mo, yasurageru basho mo
doko wo sagashite mo zenzen mitsukaranai
sore demo sukoshizutsu kanatteku negai ga ureshikute tamaranakatta

nibutte ita kankaku mo wasurekaketa tokimeki mo
nemutte ita shoudou mo me wo samashite torimodoshi ni yukou

hontou ni taisetsu na mono wa zutto
zenbu kietari nanka shinai kara
te no naka ni nokoru  nukumori tashikamete ima koko de kanjiru mama ni
yume mo, kitai mo, fuan toka mo, zenbu
tsumekonda ryukku motte hashiridashita
densha no mado kara ukabu hoshitachi ni
negaikometa ano hi no you ni kokokara hajimeyou

tokei no hari ga hajimari wo shiraseru hitoashisaki ni
時計の針が 始りを 知らせる 一足先に
足早な街 見下ろして コーヒーにミルク一つ

あっという間に変わっていく カップの中や この街で
僕はどれだけ 人の記憶に生きていられるのだろう

きっと 臆病な僕の 言い訳達が
黒を染めて行く ミルクみたいに
望んでいたはずの 未来を滲ませて
いつの間にか なにも見えなくなってく
夢も、期待も、不安とかも、全部
詰め込んだリュック持って 飛び乗った
電車の窓から あの日見た星達に
誓ったこと 鮮明に今 思い出したんだ

祭みたいな 人ごみが 心までさらって行く
続く先には 望む場所ないこと わかってるのに

時の流れのせいと 振る舞うことは出来るけど
僕はいつになったら 記憶を笑う事が出来るだろう

きっと 臆病な僕の 言い訳達が
黒も染めて行く ミルクみたいに
弱っていたはずの 心を誤魔化して
いつになっても ここから先に進めない
希望も、余裕も、安らげる場所も
どこを探しても 全然 見つからない
それでも少しずつ 叶ってく願いが 嬉しくてたまらなかった

鈍っていた感覚も 忘れかけたときめきも
眠っていた衝動も 目を覚まして 取り戻しに行こう

本当に大切なものは ずっと
全部消えたりなんかしないから
手の中に残る 温もり確かめて 今ここで 感じるままに
夢も、期待も、不安とかも、全部
詰め込んだリュック持って 走り出した
電車の窓から 浮かぶ 星達に
願い込めた あの日のように ここからはじめよう

時計の針が 始りを 知らせる 一足先に
Romaji
tokei no hari ga hajimari wo shiraseru hitoashisaki ni
ashibaya na machi mioroshite koohii ni miruku hitotsu

atto iu ma ni kawatteiku kappu no naka ya kono machi de
boku wa doredake hito no kioku ni ikiteirareru no darou

kitto okubyou na boku no iiwaketachi ga
kuro wo somete yuku miruku mitai ni
nozonde ita hazu no mirai wo nijimasete
itsu no ma ni ka nanimo mienaku natteku
yume mo, kitai mo, fuan toka mo, zenbu
tsumekonda ryukku motte tobinotta
densha no mado kara ano hi mita hoshitachi ni
chikatta koto senmei ni ima omoidashitan da

matsuri mitai na hitogomi ga kokoro made saratte yuku
tsudzuku saki ni wa nozomu basho nai koto wakatteru no ni

toki no nagare no sei to furumau koto wa dekiru kedo
boku wa itsu ni nattara kioku wo warau koto ga dekiru darou

kitto okubyou na boku no iiwaketachi ga
kuro mo somete yuku miruku mitai ni
yowatte ita hazu no kokoro wo gomakashite
itsu ni natte mo kokokara saki ni susumenai
kibou mo, yoyuu mo, yasurageru basho mo
doko wo sagashite mo zenzen mitsukaranai
sore demo sukoshizutsu kanatteku negai ga ureshikute tamaranakatta

nibutte ita kankaku mo wasurekaketa tokimeki mo
nemutte ita shoudou mo me wo samashite torimodoshi ni yukou

hontou ni taisetsu na mono wa zutto
zenbu kietari nanka shinai kara
te no naka ni nokoru  nukumori tashikamete ima koko de kanjiru mama ni
yume mo, kitai mo, fuan toka mo, zenbu
tsumekonda ryukku motte hashiridashita
densha no mado kara ukabu hoshitachi ni
negaikometa ano hi no you ni kokokara hajimeyou

tokei no hari ga hajimari wo shiraseru hitoashisaki ni
Original
時計の針が 始りを 知らせる 一足先に
足早な街 見下ろして コーヒーにミルク一つ

あっという間に変わっていく カップの中や この街で
僕はどれだけ 人の記憶に生きていられるのだろう

きっと 臆病な僕の 言い訳達が
黒を染めて行く ミルクみたいに
望んでいたはずの 未来を滲ませて
いつの間にか なにも見えなくなってく
夢も、期待も、不安とかも、全部
詰め込んだリュック持って 飛び乗った
電車の窓から あの日見た星達に
誓ったこと 鮮明に今 思い出したんだ

祭みたいな 人ごみが 心までさらって行く
続く先には 望む場所ないこと わかってるのに

時の流れのせいと 振る舞うことは出来るけど
僕はいつになったら 記憶を笑う事が出来るだろう

きっと 臆病な僕の 言い訳達が
黒も染めて行く ミルクみたいに
弱っていたはずの 心を誤魔化して
いつになっても ここから先に進めない
希望も、余裕も、安らげる場所も
どこを探しても 全然 見つからない
それでも少しずつ 叶ってく願いが 嬉しくてたまらなかった

鈍っていた感覚も 忘れかけたときめきも
眠っていた衝動も 目を覚まして 取り戻しに行こう

本当に大切なものは ずっと
全部消えたりなんかしないから
手の中に残る 温もり確かめて 今ここで 感じるままに
夢も、期待も、不安とかも、全部
詰め込んだリュック持って 走り出した
電車の窓から 浮かぶ 星達に
願い込めた あの日のように ここからはじめよう

時計の針が 始りを 知らせる 一足先に

Comments (0)

Leave a Reply