1 month ago

Muse / μ (CV: Rie Takahashi)

Muse / μ (CV: Rie Takahashi)
  • Title: Muse
  • Performer: Rie Takahashi
  • Composer: JIN
  • Arranger: zukio
  • Lyricist: JIN

Muse is the 1st track from the Song of LISTENERS: side Goodbye album. It was released on May 27, 2020.

"Muse" Lyrics

utsumuite ariku gunjou no airo ni
bonyari to ukabu kage wo najimasete

ushinatta mono mo omoidasenai mama
shiranai kotoba bakari oboete iku

naite waratte
kasuresou na koe de utatte sagashite
watashi wa dare?

sayonara, mata ne kurete yuku yuuhi wo
keshite shimawanai you ni oitsuzukete

oresou na ashi wo yasumeru basho wo
ikiru riyuu wo itsuka mitsuketara

kitto kitto namae wo tsukete
baka na kotoba de

niji ga kasunde iku nishi no kanata ni
nabikaseta yume no ato wa sono mama de

kitto todokanai hane ga nai kara
kokoro no osae kata wo oboeta kara

nante, waratte
dou shiyou mo nai uso wo hatte kazatta
watashi wa dare?

sayonara, mata ne ochisou na shizuku wo
kesshite shirarenai you ni koraetsuzukete

kogesou na mune wo samaseru basho wo
kesenai jibun wo itsuka mitsukete mo

douse douse nanimo dekinai
umaku aisenai

sono mama de ite ne
kizukanaide ne
konna iiwake sugu ni wasurete ne

furikaeru machi ga tomosu akari wa
marude miokuru mitai ni yurete ite

sayonara, mata ne kurete yuku yuuhi wo
keshite shimawanai you ni oitsuzukete

oresou na ashi wo yasumeru basho wo
ikiru riyuu wo itsuka mitsuketara

kitto kitto namae wo tsukete
baka na kotoba de

hitasura aruku yuku ate mo nai no ni
michigawari no awai kage ga sasou mama ni

fui ni omoidasu kimi no ondo wo
hanikande warau kimi no kotoba wo
俯いて歩く 群青の隘路に
ぼんやりと浮かぶ影を 馴染ませて

失った物も 思い出せないまま
知らない言葉ばかり 覚えていく

泣いて 笑って
掠れそうな声で 歌って 探して
私は誰?

さよなら、またね 暮れて往く夕陽を
消してしまわないように 追い続けて

折れそうな足を 休める場所を
生きる理由を いつか見つけたら

きっと きっと 名前をつけて
馬鹿な言葉で

虹が霞んでいく 西の彼方に
靡かせた夢の痕は そのままで

きっと届かない 羽が無いから
心の抑え方を 覚えたから

なんて、笑って
どうしようもない嘘を貼って 飾った
私は誰?

さよなら、またね 落ちそうな雫を
決して知られないように 堪え続けて

焦げそうな胸を 冷ませる場所を
消せない自分を いつか見つけても

どうせ どうせ 何もできない
上手く愛せない

そのままでいてね
気づかないでね
こんな言い訳 すぐに忘れてね

振り返る街が 灯す明かりは
まるで見送るみたいに 揺れていて

さよなら、またね 暮れて往く夕陽を
消してしまわないように 追い続けて

折れそうな足を 休める場所を
生きる理由を いつか見つけたら

きっと きっと名前をつけて
馬鹿な言葉で

ひたすら歩く 行く宛もないのに
道代わりの淡い影が 誘うままに

不意に思い出す 君の温度を
はにかんで笑う 君の言葉を
Romaji
utsumuite ariku gunjou no airo ni
bonyari to ukabu kage wo najimasete

ushinatta mono mo omoidasenai mama
shiranai kotoba bakari oboete iku

naite waratte
kasuresou na koe de utatte sagashite
watashi wa dare?

sayonara, mata ne kurete yuku yuuhi wo
keshite shimawanai you ni oitsuzukete

oresou na ashi wo yasumeru basho wo
ikiru riyuu wo itsuka mitsuketara

kitto kitto namae wo tsukete
baka na kotoba de

niji ga kasunde iku nishi no kanata ni
nabikaseta yume no ato wa sono mama de

kitto todokanai hane ga nai kara
kokoro no osae kata wo oboeta kara

nante, waratte
dou shiyou mo nai uso wo hatte kazatta
watashi wa dare?

sayonara, mata ne ochisou na shizuku wo
kesshite shirarenai you ni koraetsuzukete

kogesou na mune wo samaseru basho wo
kesenai jibun wo itsuka mitsukete mo

douse douse nanimo dekinai
umaku aisenai

sono mama de ite ne
kizukanaide ne
konna iiwake sugu ni wasurete ne

furikaeru machi ga tomosu akari wa
marude miokuru mitai ni yurete ite

sayonara, mata ne kurete yuku yuuhi wo
keshite shimawanai you ni oitsuzukete

oresou na ashi wo yasumeru basho wo
ikiru riyuu wo itsuka mitsuketara

kitto kitto namae wo tsukete
baka na kotoba de

hitasura aruku yuku ate mo nai no ni
michigawari no awai kage ga sasou mama ni

fui ni omoidasu kimi no ondo wo
hanikande warau kimi no kotoba wo
Original
俯いて歩く 群青の隘路に
ぼんやりと浮かぶ影を 馴染ませて

失った物も 思い出せないまま
知らない言葉ばかり 覚えていく

泣いて 笑って
掠れそうな声で 歌って 探して
私は誰?

さよなら、またね 暮れて往く夕陽を
消してしまわないように 追い続けて

折れそうな足を 休める場所を
生きる理由を いつか見つけたら

きっと きっと 名前をつけて
馬鹿な言葉で

虹が霞んでいく 西の彼方に
靡かせた夢の痕は そのままで

きっと届かない 羽が無いから
心の抑え方を 覚えたから

なんて、笑って
どうしようもない嘘を貼って 飾った
私は誰?

さよなら、またね 落ちそうな雫を
決して知られないように 堪え続けて

焦げそうな胸を 冷ませる場所を
消せない自分を いつか見つけても

どうせ どうせ 何もできない
上手く愛せない

そのままでいてね
気づかないでね
こんな言い訳 すぐに忘れてね

振り返る街が 灯す明かりは
まるで見送るみたいに 揺れていて

さよなら、またね 暮れて往く夕陽を
消してしまわないように 追い続けて

折れそうな足を 休める場所を
生きる理由を いつか見つけたら

きっと きっと名前をつけて
馬鹿な言葉で

ひたすら歩く 行く宛もないのに
道代わりの淡い影が 誘うままに

不意に思い出す 君の温度を
はにかんで笑う 君の言葉を

Comments (0)