9 months ago

The Smell of a Midsummer Night / Aimyon

The Smell of a Midsummer Night / Aimyon
  • Title: 真夏の夜の匂いがする
  • Also Known As: Manatsu no Yoru no Nioi ga Suru , The Smell of a Midsummer Night
  • Performer: Aimyon
  • Composer: Aimyon
  • Arranger: N/A
  • Lyricist: Aimyon

Manatsu no Yoru no Nioi ga Suru is the 1st track from the Manatsu no Yoru no Nioi ga Suru single released by Aimyon. It was released on July 24, 2019.

"Manatsu no Yoru no Nioi ga Suru" Lyrics

manatsu no yoru no nioi ga suru
enogu no sore to onaji kaori
samazama na irokoi mo odoridasu
konya wa watashi mo sono hitori?

manatsu no yoru no nioi ga suru
watashi ni wa wakaru kiken na kaori
iroiro na mondai mo afuredasu
konya mo kiro nite atama wo hiyasu

motto jiyuu ni gurasu wo katate ni
jinsei wo ouka jinsei wo utaou ka
“sonna koto dekitara naa”

manatsu no yoru no nioi ga suru
erasou ni niramu mamono ga iru
uyamuya na chizu de madowasareru
maigo no maigo no koneko ni naru

aa kizukeba hora
odorasareru kuse ni natteru
nukedasenai

tengoku ka jigoku ka
wakaranai michi wo yukou
furikitte susunde yukou
kantan janai kara hamatte yukun darou
koi mo kane mo kono jinsei mo

konkyo no nai serifu ni damasaretara saigo
saikou no zaihou ga kitto koko ni aru hazu
furatsuku ashi ga fushigi to okashi na uchi e
kairaku e to gokuraku e to
suikomareteku

aa kizukeba hora
noumiso no naka ni toketeku
ito okashi

tensai ka? magyaku ka?
wakaranai michi no hito
fuzakenna mou dou shiyou
kanpeki na kotae ga denai mama ikun darou
ai no kachi mo kono ningen mo

ka to itte uragirenakattan da
ka mo fuka mo naku koko ni tatta
manatsu no yoru no nioi ga sasotta watashi no karada
“irasshai”
hora mata kikoeta

manatsu no yoru no nioi ga suru
enogu no sore to onaji kaori
samazama na irokoi mo odoridasu
konya wa watashi mo sono hitori?
konya wa watashi mo sono hitori?
konya wa watashi mo sono hitori?

tengoku ka jigoku ka
wakaranai michi wo yukou
furikitte susunde yukou
kantan janai kara hamatte yukun darou
koi mo kane mo kono jinsei mo
真夏の夜の匂いがする
絵の具のソレと同じ香り
さまざまな色恋も踊り出す
今夜は私もその一人?

真夏の夜の匂いがする
私には分かる危険な香り
いろいろな問題も溢れ出す
今夜も帰路にて頭を冷やす

もっと自由に グラスを片手に
人生を謳歌 人生を歌おうか
「そんなことできたらなぁ」

真夏の夜の匂いがする
偉そうに睨む魔物がいる
有耶無耶な地図で惑わされる
迷子の迷子の子猫になる

ああ 気づけばほら
踊らされる クセになってる
抜け出せない

天国か地獄か
分からない道を行こう
振り切って進んで行こう
簡単じゃないからハマっていくんだろう
恋も金もこの人生も

根拠のない台詞に騙されたら最期
最高の財宝がきっとここにあるはず
フラつく脚が不思議とお菓子な家へ
快楽へと ご苦楽へと
吸い込まれていく

ああ 気づけばほら
脳味噌の中に溶けていく
いとおかし

天才か?真逆か?
分からない未知の人
ふざけんな もうどうしよう
完璧な答えが出ないまま行くんだろう
愛の価値もこの人間も

かと言って裏切れなかったんだ
可も不可もなくここに立った
真夏の夜の匂いが誘った私の身体
「いらっしゃい」
ほらまた聞こえた

真夏の夜の匂いがする
絵の具のソレと同じ香り
さまざまな色恋も踊り出す
今夜は私もその一人?
今夜は私もその一人?
今夜は私もその一人?

天国か地獄か
分からない道を行こう
振り切って進んで行こう
簡単じゃないからハマっていくんだろう
恋も金もこの人生も
Romaji
manatsu no yoru no nioi ga suru
enogu no sore to onaji kaori
samazama na irokoi mo odoridasu
konya wa watashi mo sono hitori?

manatsu no yoru no nioi ga suru
watashi ni wa wakaru kiken na kaori
iroiro na mondai mo afuredasu
konya mo kiro nite atama wo hiyasu

motto jiyuu ni gurasu wo katate ni
jinsei wo ouka jinsei wo utaou ka
“sonna koto dekitara naa”

manatsu no yoru no nioi ga suru
erasou ni niramu mamono ga iru
uyamuya na chizu de madowasareru
maigo no maigo no koneko ni naru

aa kizukeba hora
odorasareru kuse ni natteru
nukedasenai

tengoku ka jigoku ka
wakaranai michi wo yukou
furikitte susunde yukou
kantan janai kara hamatte yukun darou
koi mo kane mo kono jinsei mo

konkyo no nai serifu ni damasaretara saigo
saikou no zaihou ga kitto koko ni aru hazu
furatsuku ashi ga fushigi to okashi na uchi e
kairaku e to gokuraku e to
suikomareteku

aa kizukeba hora
noumiso no naka ni toketeku
ito okashi

tensai ka? magyaku ka?
wakaranai michi no hito
fuzakenna mou dou shiyou
kanpeki na kotae ga denai mama ikun darou
ai no kachi mo kono ningen mo

ka to itte uragirenakattan da
ka mo fuka mo naku koko ni tatta
manatsu no yoru no nioi ga sasotta watashi no karada
“irasshai”
hora mata kikoeta

manatsu no yoru no nioi ga suru
enogu no sore to onaji kaori
samazama na irokoi mo odoridasu
konya wa watashi mo sono hitori?
konya wa watashi mo sono hitori?
konya wa watashi mo sono hitori?

tengoku ka jigoku ka
wakaranai michi wo yukou
furikitte susunde yukou
kantan janai kara hamatte yukun darou
koi mo kane mo kono jinsei mo
Original
真夏の夜の匂いがする
絵の具のソレと同じ香り
さまざまな色恋も踊り出す
今夜は私もその一人?

真夏の夜の匂いがする
私には分かる危険な香り
いろいろな問題も溢れ出す
今夜も帰路にて頭を冷やす

もっと自由に グラスを片手に
人生を謳歌 人生を歌おうか
「そんなことできたらなぁ」

真夏の夜の匂いがする
偉そうに睨む魔物がいる
有耶無耶な地図で惑わされる
迷子の迷子の子猫になる

ああ 気づけばほら
踊らされる クセになってる
抜け出せない

天国か地獄か
分からない道を行こう
振り切って進んで行こう
簡単じゃないからハマっていくんだろう
恋も金もこの人生も

根拠のない台詞に騙されたら最期
最高の財宝がきっとここにあるはず
フラつく脚が不思議とお菓子な家へ
快楽へと ご苦楽へと
吸い込まれていく

ああ 気づけばほら
脳味噌の中に溶けていく
いとおかし

天才か?真逆か?
分からない未知の人
ふざけんな もうどうしよう
完璧な答えが出ないまま行くんだろう
愛の価値もこの人間も

かと言って裏切れなかったんだ
可も不可もなくここに立った
真夏の夜の匂いが誘った私の身体
「いらっしゃい」
ほらまた聞こえた

真夏の夜の匂いがする
絵の具のソレと同じ香り
さまざまな色恋も踊り出す
今夜は私もその一人?
今夜は私もその一人?
今夜は私もその一人?

天国か地獄か
分からない道を行こう
振り切って進んで行こう
簡単じゃないからハマっていくんだろう
恋も金もこの人生も

Comments (0)