2 months ago

Last Train / Cö shu Nie

Last Train / Cö shu Nie
  • Title: Last Train
  • Also Known As: 最終列車 , Saishuu Ressha
  • Performer: Cö shu Nie
  • Composer: Miku Nakamura
  • Arranger: Cö shu Nie
  • Lyricist: Miku Nakamura

Last Train is the 2nd track from the asphyxia single released by Cö shu Nie. It was released on June 06, 2018.

"Last Train" Lyrics

itsunomani notteita ka wa wakaranai
toranku hitotsu de seki ni tsuiteta no

nee bokura wa doko e mukatte irun darou ne?

katamichi kippu gentei no ressha wa mou supiido de senro no owari wo mezashiteru
tadoritsuku basho ga dokoka nante dare ni mo wakaranai no desu

"tsugi wa shuuten, shuuten"

shiro wa shizuka ni utsumuki suwatteta
kuro wa namida wo nagashi mado wo tataki inotta

bakuzen to shita fuan wa maboroshi sa
bokura ni dekiru koto wa kagirareteru

shitteru no ni nuguenai no wa jittai ga tsukamenai kara

nee dou shite bokura mada mirai ga mienai no?

umareta toki kara kimatteta nante
atama no naka de nando mo rifurein shiteru

tomaranai ressha wa shuuten wo koete chuu wo mau

kioku yo hoshi no you ni hashire hashire
boku no choudo mannaka wo tsuranuite

saigo ni nigitta te ga yogitte
sayonara ga ienakatta no wo omoidashite

boku wa,
いつの間に乗っていたかはわからない
トランクひとつで席についてたの

ねえ僕らはどこへ向かっているんだろうね?

片道切符限定の列車は猛スピードで線路の終わりを目指してる
たどり着く場所がどこかなんて誰にもわからないのです

「「次は終点、終点」」

白は静かに俯き座ってた
黒は涙を流し窓を叩き祈った

漠然とした不安は幻さ
僕らにできることは限られてる

知ってるのに拭えないのは実体が掴めないから

ねえどうして僕らまだ未来が見えないの?

生まれた時から決まってたなんて
頭の中で何度もリフレインしてる

止まらない列車は終点を越えて宙を舞う

記憶よ 星のように走れ走れ
僕の丁度真ん中を貫いて

最期に握った手が過って
サヨナラが言えなかったのを思い出して

僕は、
Romaji
itsunomani notteita ka wa wakaranai
toranku hitotsu de seki ni tsuiteta no

nee bokura wa doko e mukatte irun darou ne?

katamichi kippu gentei no ressha wa mou supiido de senro no owari wo mezashiteru
tadoritsuku basho ga dokoka nante dare ni mo wakaranai no desu

"tsugi wa shuuten, shuuten"

shiro wa shizuka ni utsumuki suwatteta
kuro wa namida wo nagashi mado wo tataki inotta

bakuzen to shita fuan wa maboroshi sa
bokura ni dekiru koto wa kagirareteru

shitteru no ni nuguenai no wa jittai ga tsukamenai kara

nee dou shite bokura mada mirai ga mienai no?

umareta toki kara kimatteta nante
atama no naka de nando mo rifurein shiteru

tomaranai ressha wa shuuten wo koete chuu wo mau

kioku yo hoshi no you ni hashire hashire
boku no choudo mannaka wo tsuranuite

saigo ni nigitta te ga yogitte
sayonara ga ienakatta no wo omoidashite

boku wa,
Original
いつの間に乗っていたかはわからない
トランクひとつで席についてたの

ねえ僕らはどこへ向かっているんだろうね?

片道切符限定の列車は猛スピードで線路の終わりを目指してる
たどり着く場所がどこかなんて誰にもわからないのです

「「次は終点、終点」」

白は静かに俯き座ってた
黒は涙を流し窓を叩き祈った

漠然とした不安は幻さ
僕らにできることは限られてる

知ってるのに拭えないのは実体が掴めないから

ねえどうして僕らまだ未来が見えないの?

生まれた時から決まってたなんて
頭の中で何度もリフレインしてる

止まらない列車は終点を越えて宙を舞う

記憶よ 星のように走れ走れ
僕の丁度真ん中を貫いて

最期に握った手が過って
サヨナラが言えなかったのを思い出して

僕は、

Comments (0)