Youtube: Inochi ni Kirawarete Iru. / ASCA
ASCA

Inochi ni Kirawarete Iru. / ASCA

  • Title: 命に嫌われている。
  • Also Known As: Inochi ni Kirawarete Iru. , Hated by life itself.
  • Composer: Iori Kanzaki
  • Arranger: HALAmin.
  • Lyricist: Iori Kanzaki

"Inochi ni Kirawarete Iru." Lyrics

「死にたいなんて言うなよ。
諦めないで生きろよ。」
そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。

実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて
「それが嫌だから」っていうエゴなんです。

他人が生きてもどうでもよくて
誰かを嫌うこともファッションで
それでも「平和に生きよう」
なんて素敵なことでしょう。

画面の先では誰かが死んで
それを嘆いて誰かが歌って
それに感化された少年が
ナイフを持って走った。

僕らは命に嫌われている。
価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を
簡単に電波で流した。
僕らは命に嫌われている。
軽々しく死にたいだとか
軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。

お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する
生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。
寂しいなんて言葉でこの傷が表せていいものか
そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る

少年だった僕たちはいつか青年に変わってく。
年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。
不死身の身体を手に入れて、一生死なずに生きていく。
そんなSFを妄想してる

自分が死んでもどうでもよくて
それでも周りに生きて欲しくて
矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう。

「正しいものは正しくいなさい。」
「死にたくないなら生きていなさい。」
悲しくなるならそれでもいいなら
ずっと一人で笑えよ。

僕らは命に嫌われている。
幸福の意味すらわからず、産まれた環境ばかり憎んで
簡単に過去ばかり呪う。
僕らは命に嫌われている。
さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない僕らは命に嫌われている。

幸福も別れも愛情も友情も
滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。
明日死んでしまうかもしれない。
すべて無駄になるかもしれない。
朝も夜も春も秋も
変わらず誰かがどこかで死ぬ。
夢も明日も何もいらない。
君が生きていたならそれでいい。
そうだ。本当はそういうことが歌いたい。

命に嫌われている。
結局いつかは死んでいく。
君だって僕だっていつかは枯れ葉にように朽ちてく。
それでも僕らは必死に生きて
命を必死に抱えて生きて
殺してあがいて笑って抱えて
生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。
"shinitai nante iu na yo.
akiramenaide ikiro yo."
sonna uta ga tadashii nante bakageteru yo na.

jissai jibun wa shinde mo yokute mawari ga shindara kanashikute
"sore ga iya dakara" tte iu ego nan desu.

tanin ga ikite mo dou demo yokute
dareka wo kirau koto mo fasshon de
sore demo "heiwa ni ikiyou"
nante suteki na koto deshou.

gamen no saki de wa dareka ga shinde
sore wo nageite dareka ga utatte
sore ni kanka sareta shounen ga
naifu wo motte hashitta.

bokura wa inochi ni kirawarete iru.
kachikan mo ego mo oshitsukete itsumo dareka wo koroshitai uta wo
kantan ni denpa de nagashita.
bokura wa inochi ni kirawarete iru.
karugarushiku shinitaida toka
karugarushiku inochi wo miteru bokura wa inochi ni kirawarete iru.

okane ga nai no de kyou mo ichinichijuu damin wo ouka suru
ikiru imi nante miidasezu, muda wo jikaku shite iki wo suru.
sabishii nante kotoba de kono kizu ga arawasete ii mono ka
sonna iji bakari kakae kyou mo hitori beddo ni nemuru

shounen datta bokutachi wa itsuka seinen ni kawatteku.
toshioite itsuka kareha no you ni dare ni mo shirarezu kuchiteiku.
fujimi no karada wo te ni irete, isshou shinazu ni ikiteiku.
sonna SF wo mousou shiteru

jibun ga shinde mo dou demo yokute
sore demo mawari ni ikite hoshikute
mujun wo kakaete ikiteku nante okorarete shimau.

"tadashii mono wa tadashiku inasai."
"shinitaku nai nara ikite inasai."
kanashiku naru nara sore demo ii nara
zutto hitori de warae yo.

bokura wa inochi ni kirawarete iru.
koufuku no imi sura wakarazu, umareta kankyou bakari nikunde
kantan ni kako bakari norou.
bokura wa inochi ni kirawarete iru.
sayonara bakari ga sukisugite hontou no wakare nado shiranai bokura wa inochi ni kirawarete iru.

koufuku mo wakare mo aijou mo yuujou mo
kokkei na yume no tawamure de zenbu kane de kaeru shiromono.
ashita shinde shimau kamo shirenai.
subete muda ni naru kamo shirenai.
asa mo yoru mo haru mo aki mo
kawarazu dareka ga dokoka de shinu.
yume mo asu mo nanimo iranai.
kimi ga ikite itanara sore de ii.
sou da. hontou wa sou iu koto ga utaitai.

inochi ni kirawarete iru.
kekkyoku itsuka wa shindeiku.
kimi datte boku datte itsuka wa kareha ni you ni kuchiteku.
sore demo bokura wa hisshi ni ikite
inochi wo hisshi ni kakaete ikite
koroshite agaite waratte kakaete
ikite, ikite, ikite, ikite, ikiro
Romaji
"shinitai nante iu na yo.
akiramenaide ikiro yo."
sonna uta ga tadashii nante bakageteru yo na.

jissai jibun wa shinde mo yokute mawari ga shindara kanashikute
"sore ga iya dakara" tte iu ego nan desu.

tanin ga ikite mo dou demo yokute
dareka wo kirau koto mo fasshon de
sore demo "heiwa ni ikiyou"
nante suteki na koto deshou.

gamen no saki de wa dareka ga shinde
sore wo nageite dareka ga utatte
sore ni kanka sareta shounen ga
naifu wo motte hashitta.

bokura wa inochi ni kirawarete iru.
kachikan mo ego mo oshitsukete itsumo dareka wo koroshitai uta wo
kantan ni denpa de nagashita.
bokura wa inochi ni kirawarete iru.
karugarushiku shinitaida toka
karugarushiku inochi wo miteru bokura wa inochi ni kirawarete iru.

okane ga nai no de kyou mo ichinichijuu damin wo ouka suru
ikiru imi nante miidasezu, muda wo jikaku shite iki wo suru.
sabishii nante kotoba de kono kizu ga arawasete ii mono ka
sonna iji bakari kakae kyou mo hitori beddo ni nemuru

shounen datta bokutachi wa itsuka seinen ni kawatteku.
toshioite itsuka kareha no you ni dare ni mo shirarezu kuchiteiku.
fujimi no karada wo te ni irete, isshou shinazu ni ikiteiku.
sonna SF wo mousou shiteru

jibun ga shinde mo dou demo yokute
sore demo mawari ni ikite hoshikute
mujun wo kakaete ikiteku nante okorarete shimau.

"tadashii mono wa tadashiku inasai."
"shinitaku nai nara ikite inasai."
kanashiku naru nara sore demo ii nara
zutto hitori de warae yo.

bokura wa inochi ni kirawarete iru.
koufuku no imi sura wakarazu, umareta kankyou bakari nikunde
kantan ni kako bakari norou.
bokura wa inochi ni kirawarete iru.
sayonara bakari ga sukisugite hontou no wakare nado shiranai bokura wa inochi ni kirawarete iru.

koufuku mo wakare mo aijou mo yuujou mo
kokkei na yume no tawamure de zenbu kane de kaeru shiromono.
ashita shinde shimau kamo shirenai.
subete muda ni naru kamo shirenai.
asa mo yoru mo haru mo aki mo
kawarazu dareka ga dokoka de shinu.
yume mo asu mo nanimo iranai.
kimi ga ikite itanara sore de ii.
sou da. hontou wa sou iu koto ga utaitai.

inochi ni kirawarete iru.
kekkyoku itsuka wa shindeiku.
kimi datte boku datte itsuka wa kareha ni you ni kuchiteku.
sore demo bokura wa hisshi ni ikite
inochi wo hisshi ni kakaete ikite
koroshite agaite waratte kakaete
ikite, ikite, ikite, ikite, ikiro
Original
「死にたいなんて言うなよ。
諦めないで生きろよ。」
そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。

実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて
「それが嫌だから」っていうエゴなんです。

他人が生きてもどうでもよくて
誰かを嫌うこともファッションで
それでも「平和に生きよう」
なんて素敵なことでしょう。

画面の先では誰かが死んで
それを嘆いて誰かが歌って
それに感化された少年が
ナイフを持って走った。

僕らは命に嫌われている。
価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を
簡単に電波で流した。
僕らは命に嫌われている。
軽々しく死にたいだとか
軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。

お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する
生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。
寂しいなんて言葉でこの傷が表せていいものか
そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る

少年だった僕たちはいつか青年に変わってく。
年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。
不死身の身体を手に入れて、一生死なずに生きていく。
そんなSFを妄想してる

自分が死んでもどうでもよくて
それでも周りに生きて欲しくて
矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう。

「正しいものは正しくいなさい。」
「死にたくないなら生きていなさい。」
悲しくなるならそれでもいいなら
ずっと一人で笑えよ。

僕らは命に嫌われている。
幸福の意味すらわからず、産まれた環境ばかり憎んで
簡単に過去ばかり呪う。
僕らは命に嫌われている。
さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない僕らは命に嫌われている。

幸福も別れも愛情も友情も
滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。
明日死んでしまうかもしれない。
すべて無駄になるかもしれない。
朝も夜も春も秋も
変わらず誰かがどこかで死ぬ。
夢も明日も何もいらない。
君が生きていたならそれでいい。
そうだ。本当はそういうことが歌いたい。

命に嫌われている。
結局いつかは死んでいく。
君だって僕だっていつかは枯れ葉にように朽ちてく。
それでも僕らは必死に生きて
命を必死に抱えて生きて
殺してあがいて笑って抱えて
生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。

Comments (0)

Please feel free to correct us if you see any mistakes. It will help us a lot.
If you like what we do, you can support us by making a donation using Ko-Fi.

Leave a Reply

From The Same Artists

Libra / Takanori Nishikawa + ASCA
Libra
Takanori Nishikawa + ASCA
CHAIN / ASCA
CHAIN
ASCA