KOTOKO - Hatsuyuki Distance Lyrics

"Hatsuyuki Distance" is the 2nd track from the "SticK Out" single released by KOTOKO. It was released on November 17, 2020.

Title: 初雪ディスタンス · Also Known As: Hatsuyuki Distance · Composer: KOTOKO · Arranger: C.G mix · Lyricist: KOTOKO

Lyrics for Hatsuyuki Distance by KOTOKO

君と僕の間にあるものは 秋と冬の縫いしろみたいだ 駄目だって解っている だって 出会う順番で 人はそれを“運命”と呼ぶ 言って そんなことはないって 人目からさらって 情けない唇に触れて 大事な誰かに嘘を吐き 平気だよと笑うのはウソ?ホント? 不実と戦う正しさが 余計に君を愛おしくさせる 冷えた落ち葉の上に降る雪が ひび割れそうな心 覆って消した そして春が全てを溶かす頃 二人は一つになっているかな? 落ちた種は季節を知らない こうなって驚いたよなんて おどけて見せたって 罪悪感の棘は抜けない いっそ こんなの普通だって 仮面も脱ぎ去って 汚れた頬 ぬぐい合えたら いつかは時間が味方する 密かな期待するの 止める?止めない? 傷つける側の境界線 越えたくなくって アイマイため息 曇る小さな窓を叩く雨は これで良い…とつぶやく言葉を消した 狭いシートに沈む二つの影 濡れた街の灯り眩しくて 雨よ、雪に変われ…と祈った 君と僕の間にあるものは 白い吐息の距離 それだけなのに 破りとった温もり縫い合わせ 花綻ぶ季節を思った 閉ざされてく寒さの真ん中で
kimi to boku no aida ni aru mono wa aki to fuyu no nuishiro mitai da dame datte wakatteiru datte deau junban de hito wa sore wo "unmei" to yobu itte sonna koto wa nai tte hitome kara saratte nasakenai kuchibiru ni furete daiji na dareka ni uso wo haki heiki da yo to warau no wa uso? honto? fujitsu to tatakau tadashisa ga yokei ni kimi wo itooshiku saseru hieta ochiba no ue ni furu yuki ga hibiwaresou na kokoro outte keshita soshite haru ga subete wo tokasu koro futari wa hitotsu ni natteiru kana? ochita tane wa kisetsu wo shiranai kou natte odoroita yo nante odokete miseta tte zaiakukan no toge wa nukenai isso konna no futsuu datte kamen mo nugisatte yogoreta hoho nuguiaetara itsuka wa jikan ga mikata suru hisoka na kitai suru no yameru? yamenai? kizutsukeru gawa no kyoukaisen koetaku nakutte aimai tameiki kumoru chiisana mado wo tataku ame wa kore de ii... to tsubuyaku kotoba wo keshita semai shiito ni shizumu futatsu no kage nureta machi no akari mabushikute ame yo, yuki ni kaware... to inotta kimi to boku no aida ni aru mono wa shiroi toiki no kyori sore dake na no ni yaburitotta nukumori nuiawase hana hokorobu kisetsu wo omotta tozasareteku samusa no mannaka de
Romaji
kimi to boku no aida ni aru mono wa aki to fuyu no nuishiro mitai da dame datte wakatteiru datte deau junban de hito wa sore wo "unmei" to yobu itte sonna koto wa nai tte hitome kara saratte nasakenai kuchibiru ni furete daiji na dareka ni uso wo haki heiki da yo to warau no wa uso? honto? fujitsu to tatakau tadashisa ga yokei ni kimi wo itooshiku saseru hieta ochiba no ue ni furu yuki ga hibiwaresou na kokoro outte keshita soshite haru ga subete wo tokasu koro futari wa hitotsu ni natteiru kana? ochita tane wa kisetsu wo shiranai kou natte odoroita yo nante odokete miseta tte zaiakukan no toge wa nukenai isso konna no futsuu datte kamen mo nugisatte yogoreta hoho nuguiaetara itsuka wa jikan ga mikata suru hisoka na kitai suru no yameru? yamenai? kizutsukeru gawa no kyoukaisen koetaku nakutte aimai tameiki kumoru chiisana mado wo tataku ame wa kore de ii... to tsubuyaku kotoba wo keshita semai shiito ni shizumu futatsu no kage nureta machi no akari mabushikute ame yo, yuki ni kaware... to inotta kimi to boku no aida ni aru mono wa shiroi toiki no kyori sore dake na no ni yaburitotta nukumori nuiawase hana hokorobu kisetsu wo omotta tozasareteku samusa no mannaka de
Original
君と僕の間にあるものは 秋と冬の縫いしろみたいだ 駄目だって解っている だって 出会う順番で 人はそれを“運命”と呼ぶ 言って そんなことはないって 人目からさらって 情けない唇に触れて 大事な誰かに嘘を吐き 平気だよと笑うのはウソ?ホント? 不実と戦う正しさが 余計に君を愛おしくさせる 冷えた落ち葉の上に降る雪が ひび割れそうな心 覆って消した そして春が全てを溶かす頃 二人は一つになっているかな? 落ちた種は季節を知らない こうなって驚いたよなんて おどけて見せたって 罪悪感の棘は抜けない いっそ こんなの普通だって 仮面も脱ぎ去って 汚れた頬 ぬぐい合えたら いつかは時間が味方する 密かな期待するの 止める?止めない? 傷つける側の境界線 越えたくなくって アイマイため息 曇る小さな窓を叩く雨は これで良い…とつぶやく言葉を消した 狭いシートに沈む二つの影 濡れた街の灯り眩しくて 雨よ、雪に変われ…と祈った 君と僕の間にあるものは 白い吐息の距離 それだけなのに 破りとった温もり縫い合わせ 花綻ぶ季節を思った 閉ざされてく寒さの真ん中で

Comments (0)

Please feel free to correct us if you see any mistakes. It will help us a lot.
If you like what we do, you can support us by making a donation using Ko-Fi.

Leave a Reply