1 month ago

Hakuchuumu / Aimer

Hakuchuumu / Aimer
  • Title: 白昼夢
  • Also Known As: Hakuchuumu
  • Performer: Aimer
  • Composer: Masahiro Tobinai
  • Arranger: Kenji Tamai, Masahiro Tobinai
  • Lyricist: aimerrhythm

Hakuchuumu is the 2nd track from the Dareka, Umi wo. ep released by Aimer. It was released on September 03, 2014.

"Hakuchuumu" Lyrics

natsu no hizashi kareta hana wa
tooriame wo matte ita

ima wa sukoshi onaji kimochi
nagare kumo wo nagameteta

nakanai
koe ni sureba subete kiete shimau ki ga shiteta
dakedo kizukeba naite ita

sukoshi dake sukoshi dake
mahiru no shiroi yume ni ochite mitakatta
kurikaeshi te wo nobashi
maigo no kodomo no you ni koe wo hariageta

kaze no kieta gogo
moesakaru taiyou
asarumu no tsubuyaki kiitehoshii
kagerou dake ga yureteiru

natsu no hizashi yume no hikari
mabushisugite me wo tojita

omoi dake de saita hana wa
kareru koto wo shitte ita

nakenai
namida sae mo kareta umi no soko de kareteiku
dakedo kokoro wa naite ita

ichido dake ichido dake
saigo no kotoba no imi kiite mitakatta
ato sukoshi mou sukoshi
mahiru no shiroi yume ni dakaretetakatta

hareta sora no mukou
ukabidasu zanzou
yasashikatta anata ga katarikakeru
omoide dake ga uso wo tsuku

sukoshi dake sukoshi dake
mahiru no shiroi yume ni ochite mitakatta
kurikaeshi te wo nobashi
maigo no kodomo no you ni koe wo hariageta

kaze mo kieta gogo
tooku naru zankyou
higurashi no sasayaki kikoenakute
kagerou dake ga yureteiru
夏の日射し 枯れた花は
通り雨を待っていた

今は少し同じ気持ち
流れ雲を眺めてた

泣かない
声にすれば 全て消えてしまう気がしてた
だけど 気づけば 泣いていた

少しだけ 少しだけ
真昼の白い夢に堕ちてみたかった
繰り返し 手を伸ばし
迷子の子供のように声を張りあげた

風の消えた午後
燃え盛る太陽
アサルムの呟き 聞いてほしい
陽炎だけが揺れている

夏の日差し 夢の光
眩しすぎて目を閉じた

想いだけで 咲いた花は
枯れることを知っていた

泣けない
涙さえも 枯れた海の底で 涸れていく
だけど 心は 泣いていた

一度だけ 一度だけ
最後の言葉の意味 聞いてみたかった
あと少し もう少し
真昼の白い夢に抱かれてたかった

晴れた空の向こう
浮かび出す残像
優しかった貴方が語りかける
思い出だけが嘘をつく

少しだけ 少しだけ
真昼の白い夢に堕ちてみたかった
繰り返し 手を伸ばし
迷子の子供のように声を張りあげた

風も消えた午後
遠くなる残響
ヒグラシの囁き 聞こえなくて
陽炎だけが揺れている
Romaji
natsu no hizashi kareta hana wa
tooriame wo matte ita

ima wa sukoshi onaji kimochi
nagare kumo wo nagameteta

nakanai
koe ni sureba subete kiete shimau ki ga shiteta
dakedo kizukeba naite ita

sukoshi dake sukoshi dake
mahiru no shiroi yume ni ochite mitakatta
kurikaeshi te wo nobashi
maigo no kodomo no you ni koe wo hariageta

kaze no kieta gogo
moesakaru taiyou
asarumu no tsubuyaki kiitehoshii
kagerou dake ga yureteiru

natsu no hizashi yume no hikari
mabushisugite me wo tojita

omoi dake de saita hana wa
kareru koto wo shitte ita

nakenai
namida sae mo kareta umi no soko de kareteiku
dakedo kokoro wa naite ita

ichido dake ichido dake
saigo no kotoba no imi kiite mitakatta
ato sukoshi mou sukoshi
mahiru no shiroi yume ni dakaretetakatta

hareta sora no mukou
ukabidasu zanzou
yasashikatta anata ga katarikakeru
omoide dake ga uso wo tsuku

sukoshi dake sukoshi dake
mahiru no shiroi yume ni ochite mitakatta
kurikaeshi te wo nobashi
maigo no kodomo no you ni koe wo hariageta

kaze mo kieta gogo
tooku naru zankyou
higurashi no sasayaki kikoenakute
kagerou dake ga yureteiru
Original
夏の日射し 枯れた花は
通り雨を待っていた

今は少し同じ気持ち
流れ雲を眺めてた

泣かない
声にすれば 全て消えてしまう気がしてた
だけど 気づけば 泣いていた

少しだけ 少しだけ
真昼の白い夢に堕ちてみたかった
繰り返し 手を伸ばし
迷子の子供のように声を張りあげた

風の消えた午後
燃え盛る太陽
アサルムの呟き 聞いてほしい
陽炎だけが揺れている

夏の日差し 夢の光
眩しすぎて目を閉じた

想いだけで 咲いた花は
枯れることを知っていた

泣けない
涙さえも 枯れた海の底で 涸れていく
だけど 心は 泣いていた

一度だけ 一度だけ
最後の言葉の意味 聞いてみたかった
あと少し もう少し
真昼の白い夢に抱かれてたかった

晴れた空の向こう
浮かび出す残像
優しかった貴方が語りかける
思い出だけが嘘をつく

少しだけ 少しだけ
真昼の白い夢に堕ちてみたかった
繰り返し 手を伸ばし
迷子の子供のように声を張りあげた

風も消えた午後
遠くなる残響
ヒグラシの囁き 聞こえなくて
陽炎だけが揺れている

Comments (0)

Hakuchuumu / Aimer Video