Haikei ni Tettou, “Chizuru” wa Den’en Nite Matsu. / Wolpis Kater

Haikei ni Tettou, “Chizuru” wa Den’en Nite Matsu. / Wolpis Kater Album Cover
  • Title: 廃景に鉄塔、「千鶴」は田園にて待つ。
  • Also Known As: Haikei ni Tettou, “Chizuru” wa Den'en Nite Matsu.
  • Performer: Wolpis Kater
  • Composer: Tohma
  • Arranger: N/A
  • Lyricist: Tohma

Haikei ni Tettou, “Chizuru” wa Den'en Nite Matsu. is the 2nd track from the Korekara mo Wolpis Sha no Teikyou de Ookurishimasu. album released by Wolpis Kater. It was released on December 26, 2018.

"Haikei ni Tettou, “Chizuru” wa Den'en Nite Matsu." Lyrics

doko ka kusunda kyū gatsu no hi
karedasu taiki wa
kisetsu o kakimushitta
botai no mori wa itsu mo yori
sawagitatete ita

kyōshitsu no suisō ga kie
iku sen no sakana ga
kaigan ni uchiagatta
fukitsu ni mo boku wa jitensha de
karasu o hīta

yama koya no hitsujitachi no nakigoe wa
doko e ittarō ka
zutto nagai mirai kara
nigedasu mitai ni
"no me" to yobareru
kyodai na sōden tō wa
akaku akaku someagatte
mioroshite ita

kansei na hai kei ni tettō,
den'en ni tsukatte
kantan na kamera de
boku o utsushita
tōtotsu ni shikai ni haitta
kuroi seifuku no kanojo wa
kuchi o hiraita
"anata wa watashi no
umarekawarina no"
sō itte sugu ni
se o mukete satta
yakitsuite hanarenai hyōjō kara
mō nigerarenai

ta kure ga asufaruto o yaku
tanchō ni takidasu matsuri nanshi o nuke
kirei na ji ga kakareta
kamikire o mata mita

senro ni michibikarete
kikanai eki,
ni ban hōmu
soko ni wa yokoku tōri
kanojo wa ita
te ni wa kareta
hana higashi o motte ita

seijaku na yoru o aruita
kaiwa mo nakatta
fusagareta ishi no
tonneru ga atta
itabari no sukima kara
oku no hō ni torii ga
wazuka ni mieta
"anata no umareru
mae no hi no koto,
16 nen mae no kyō o
oshiete ageru"
hana o sonaeta me wa
naite ita
kore wa mada hajimari datta

mamorarenai inochi mo
kakushita koto mo
honno sasai na kotoba mo
dare ka ga seotte ita
どこかくすんだ九月の日
枯れだす大気は
季節を掻き毟った
母胎の森はいつもより
騒ぎ立てていた

教室の水槽が消え
幾千の魚が
海岸に打ち上がった
不吉にも僕は自転車で
カラスを轢いた

山小屋の羊たちの鳴き声は
何処へ行ったろうか
ずっと長い未来から
逃げ出すみたいに
「ウージの眼」と呼ばれる
巨大な送電塔は
赤く赤く染め上がって
見下ろしていた

閑静な廃景に鉄塔、
田園に浸かって
簡単なカメラで
僕を写した
唐突に視界に入った
黒い制服の彼女は
口を開いた
「あなたは私の
産まれ変わりなの」
そう言ってすぐに
背を向けて去った
焼き付いて離れない表情から
もう逃げられない

タ暮れがアスファルトを焼く
単調に焚きだす祭難子を抜け
綺麗な字が書かれた
紙切れをまた見た

線路に導かれて
聞かない駅, 
二番ホーム 
そこには予告通り
彼女はいた
手には枯れた
花東を持っていた

静寂な夜を歩いた 
会話もなかった
塞がれた石の
トンネルがあった 
板張りの隙間から
奥の方に鳥居が 
僅かに見えた
「あなたの産まれる
前の日のこと、 
16年前の今日を 
教えてあげる」 
花を供えた目は 
泣いていた
これはまだ始まりだった

守られない命も
隠したことも
ほんの些細な言葉も 
誰かが背負っていた
Romaji
doko ka kusunda kyū gatsu no hi
karedasu taiki wa
kisetsu o kakimushitta
botai no mori wa itsu mo yori
sawagitatete ita

kyōshitsu no suisō ga kie
iku sen no sakana ga
kaigan ni uchiagatta
fukitsu ni mo boku wa jitensha de
karasu o hīta

yama koya no hitsujitachi no nakigoe wa
doko e ittarō ka
zutto nagai mirai kara
nigedasu mitai ni
"no me" to yobareru
kyodai na sōden tō wa
akaku akaku someagatte
mioroshite ita

kansei na hai kei ni tettō,
den'en ni tsukatte
kantan na kamera de
boku o utsushita
tōtotsu ni shikai ni haitta
kuroi seifuku no kanojo wa
kuchi o hiraita
"anata wa watashi no
umarekawarina no"
sō itte sugu ni
se o mukete satta
yakitsuite hanarenai hyōjō kara
mō nigerarenai

ta kure ga asufaruto o yaku
tanchō ni takidasu matsuri nanshi o nuke
kirei na ji ga kakareta
kamikire o mata mita

senro ni michibikarete
kikanai eki,
ni ban hōmu
soko ni wa yokoku tōri
kanojo wa ita
te ni wa kareta
hana higashi o motte ita

seijaku na yoru o aruita
kaiwa mo nakatta
fusagareta ishi no
tonneru ga atta
itabari no sukima kara
oku no hō ni torii ga
wazuka ni mieta
"anata no umareru
mae no hi no koto,
16 nen mae no kyō o
oshiete ageru"
hana o sonaeta me wa
naite ita
kore wa mada hajimari datta

mamorarenai inochi mo
kakushita koto mo
honno sasai na kotoba mo
dare ka ga seotte ita
Original
どこかくすんだ九月の日
枯れだす大気は
季節を掻き毟った
母胎の森はいつもより
騒ぎ立てていた

教室の水槽が消え
幾千の魚が
海岸に打ち上がった
不吉にも僕は自転車で
カラスを轢いた

山小屋の羊たちの鳴き声は
何処へ行ったろうか
ずっと長い未来から
逃げ出すみたいに
「ウージの眼」と呼ばれる
巨大な送電塔は
赤く赤く染め上がって
見下ろしていた

閑静な廃景に鉄塔、
田園に浸かって
簡単なカメラで
僕を写した
唐突に視界に入った
黒い制服の彼女は
口を開いた
「あなたは私の
産まれ変わりなの」
そう言ってすぐに
背を向けて去った
焼き付いて離れない表情から
もう逃げられない

タ暮れがアスファルトを焼く
単調に焚きだす祭難子を抜け
綺麗な字が書かれた
紙切れをまた見た

線路に導かれて
聞かない駅, 
二番ホーム 
そこには予告通り
彼女はいた
手には枯れた
花東を持っていた

静寂な夜を歩いた 
会話もなかった
塞がれた石の
トンネルがあった 
板張りの隙間から
奥の方に鳥居が 
僅かに見えた
「あなたの産まれる
前の日のこと、 
16年前の今日を 
教えてあげる」 
花を供えた目は 
泣いていた
これはまだ始まりだった

守られない命も
隠したことも
ほんの些細な言葉も 
誰かが背負っていた

Comments (0)