ZUTOMAYO

Glass to Rum Raisin / ZUTOMAYO

  • Title: グラスとラムレーズン
  • Also Known As: Glass to Rum Raisin
  • Performer: ZUTOMAYO
  • Composer: ACAne
  • Arranger: N/A
  • Lyricist: ACAne

"Glass to Rum Raisin" is the 10th track from the "Hisohiso Banashi" album released by ZUTOMAYO. It was released on October 30, 2019.

"Glass to Rum Raisin" Lyrics

a? wa? aa.,

chikai ni tayorenai
sonoba kagiri shea shidai
gurasu to ramu reizun
kawasu taipu no ano ko ni
mimizawari da to iwareta hanauta
naki kuchi toshi ru byakkotai
kiban de nai rekoodo ni wa
karameru de iro wo tsukete dakishimeta

kirawareta kuse wa utawaseru you ni
kizukanai uchi rokkunrooru ni natte gyaku ni yokatta
kudaranai to mo ienai midori no yuugure wa
toboshii chishiki de anadori atte wa te tsunagiatta

tashika ni to mitomeaeru sukima e
otona ni natte deatte mitai
dono kuukan jikantai ni itatte
tsunagenakatta you na kanashimi datte
sore wa chigau to mamorikireru made
kodomo ni natte deatte mitai
ima de wa nai deai wa hakanakute
wasurete shimau you na wo wakare no mae ni

damarikondetara
kudaranai kyori dake ga
gikochinaku asetteku
gikochinasa ga togatteku

tashika ni to mitomeaeru sukima e
otona ni natte deatte mitai
dono kuukan jikantai ni itatte
tsunagenakatta you na kanashimi datte
sore wa chigau to mamorikireru made
kodomo ni natte deatte mitai
ima de wa nai deai wa hakanakute
wasurete shimau you na o wakare no mae ni

dou shiyokka ne
subete purasu shikou de
utaidashite ne
mimizawari datte
kizukenai kurai ni hisshi koite warai nigeru
wazato warito ishikiteki ni hitori de itain da yo

dou shiyokka ne
subete purasu shikou de
utaidashite ne
mimizawari datte
kizukenai kurai ni hisshi koite warai ageru
wazato warito ishikiteki ni hitori de itain da to
omowareru you ni

tanka kitte neru furi shite
tanka kitte neru furi shite
tanka kitte neru furi shite
tanka kitte neru furi shite

tanka kitte neru furi shite
tanka kitte neru furi shite
tanka kitte neru furi shite
tanka kitte neru furi shite

dou shiyo^CA ne
あ? は? あー。、

誓いに頼れない
その場限りシェア次第
グラスとラムレーズン
躱すタイプのあの子に
耳障りだと言われた鼻歌
泣き口歳る白虎隊
黄ばんでないレコードには
カラメルで色をつけて抱きしめた

嫌われた癖は歌わせるように
気付かないうちロックンロールに鳴って逆に良かった
くだらないとも言えない緑の夕暮れは
乏しい知識で侮りあっては手繋ぎ合った

確かにと認め合える隙間へ
大人になって出会ってみたい
どの空間時間帯にいたって
繋げなかったような悲しみだって
それは違うと守りきれるまで
子供になって出会ってみたい
今ではない出会いは儚くて
忘れてしまうようなお別れの前に

黙り込んでたら
くだらない距離だけが
ぎこちなく焦ってく
ぎこちなさが尖ってく

確かにと認め合える隙間へ
大人になって出会ってみたい
どの空間時間帯にいたって
繋げなかったような悲しみだって
それは違うと守りきれるまで
子供になって出会ってみたい
今ではない出会いは儚くて
忘れてしまうようなお別れの前に

どーしよっかね
全てプラス思考で
歌い出してね
耳障りだって
気付けないくらいに必死こいて笑い逃げる
態と割と意識的にひとりでいたいんだよ

どーしよっかね
全てプラス思考で
歌い出してね
耳障りだって
気付けないくらいに必死こいて笑いあげる
態と割と意識的にひとりでいたいんだと
思われるように

啖呵切って 寝るふりして
啖呵切って 練るふりして
啖呵切って 寝るふりして
啖呵切って 練るふりして

啖呵切って 寝るふりして
啖呵切って 練るふりして
啖呵切って 寝るふりして
啖呵切って 練るふりして

どーしよっCAね
Romaji
a? wa? aa.,

chikai ni tayorenai
sonoba kagiri shea shidai
gurasu to ramu reizun
kawasu taipu no ano ko ni
mimizawari da to iwareta hanauta
naki kuchi toshi ru byakkotai
kiban de nai rekoodo ni wa
karameru de iro wo tsukete dakishimeta

kirawareta kuse wa utawaseru you ni
kizukanai uchi rokkunrooru ni natte gyaku ni yokatta
kudaranai to mo ienai midori no yuugure wa
toboshii chishiki de anadori atte wa te tsunagiatta

tashika ni to mitomeaeru sukima e
otona ni natte deatte mitai
dono kuukan jikantai ni itatte
tsunagenakatta you na kanashimi datte
sore wa chigau to mamorikireru made
kodomo ni natte deatte mitai
ima de wa nai deai wa hakanakute
wasurete shimau you na wo wakare no mae ni

damarikondetara
kudaranai kyori dake ga
gikochinaku asetteku
gikochinasa ga togatteku

tashika ni to mitomeaeru sukima e
otona ni natte deatte mitai
dono kuukan jikantai ni itatte
tsunagenakatta you na kanashimi datte
sore wa chigau to mamorikireru made
kodomo ni natte deatte mitai
ima de wa nai deai wa hakanakute
wasurete shimau you na o wakare no mae ni

dou shiyokka ne
subete purasu shikou de
utaidashite ne
mimizawari datte
kizukenai kurai ni hisshi koite warai nigeru
wazato warito ishikiteki ni hitori de itain da yo

dou shiyokka ne
subete purasu shikou de
utaidashite ne
mimizawari datte
kizukenai kurai ni hisshi koite warai ageru
wazato warito ishikiteki ni hitori de itain da to
omowareru you ni

tanka kitte neru furi shite
tanka kitte neru furi shite
tanka kitte neru furi shite
tanka kitte neru furi shite

tanka kitte neru furi shite
tanka kitte neru furi shite
tanka kitte neru furi shite
tanka kitte neru furi shite

dou shiyo^CA ne
Original
あ? は? あー。、

誓いに頼れない
その場限りシェア次第
グラスとラムレーズン
躱すタイプのあの子に
耳障りだと言われた鼻歌
泣き口歳る白虎隊
黄ばんでないレコードには
カラメルで色をつけて抱きしめた

嫌われた癖は歌わせるように
気付かないうちロックンロールに鳴って逆に良かった
くだらないとも言えない緑の夕暮れは
乏しい知識で侮りあっては手繋ぎ合った

確かにと認め合える隙間へ
大人になって出会ってみたい
どの空間時間帯にいたって
繋げなかったような悲しみだって
それは違うと守りきれるまで
子供になって出会ってみたい
今ではない出会いは儚くて
忘れてしまうようなお別れの前に

黙り込んでたら
くだらない距離だけが
ぎこちなく焦ってく
ぎこちなさが尖ってく

確かにと認め合える隙間へ
大人になって出会ってみたい
どの空間時間帯にいたって
繋げなかったような悲しみだって
それは違うと守りきれるまで
子供になって出会ってみたい
今ではない出会いは儚くて
忘れてしまうようなお別れの前に

どーしよっかね
全てプラス思考で
歌い出してね
耳障りだって
気付けないくらいに必死こいて笑い逃げる
態と割と意識的にひとりでいたいんだよ

どーしよっかね
全てプラス思考で
歌い出してね
耳障りだって
気付けないくらいに必死こいて笑いあげる
態と割と意識的にひとりでいたいんだと
思われるように

啖呵切って 寝るふりして
啖呵切って 練るふりして
啖呵切って 寝るふりして
啖呵切って 練るふりして

啖呵切って 寝るふりして
啖呵切って 練るふりして
啖呵切って 寝るふりして
啖呵切って 練るふりして

どーしよっCAね

Comments (0)

Leave a Reply

From The Same Artists

Ham / ZUTOMAYO
Ham
ZUTOMAYO
JK BOMBER / ZUTOMAYO
JK BOMBER
ZUTOMAYO
FASTENING / ZUTOMAYO
FASTENING
ZUTOMAYO
MILABO / ZUTOMAYO
MILABO
ZUTOMAYO