ZUTOMAYO - Dear. Mr “F” Lyrics

"Dear. Mr "F"" is the 6th track from the "Hisohiso Banashi" album released by ZUTOMAYO. It was released on October 30, 2019.

Youtube: Dear. Mr “F” / ZUTOMAYO

Details

  • Title: Dear. Mr “F“
  • Also Known As: Dear. Mr「F」
  • Genre: Pop, Rock
  • Language: Japanese
  • Country: Japan

Credits

  • Performer: ZUTOMAYO
  • Composer: ACAne
  • Lyricist: ACAne

Lyrics for Dear. Mr “F” by ZUTOMAYO

追いかけて みたけれど 目を見開いて 逃げていった 緑色 囲まれた この空間から はみ出したら負けだ あの風車の 下でさ 待ち合わせしよって 約束した 僕の足音 だけが虚しく リズムをとってた 暗い 幽い 森の中 取り残された感覚 思い出した きみ無しじゃ 生きていけないって 依存しそう で厄介さ もう駄目だ もし触れたら 消えて無くなるんでしょ 真っ白に だめだ もう僕をさ 見つけないでくれよ お願いだよ そもそも 住む世界が違うな 会いたいよ 迷惑かな 間違えた ふりして笑おう どうにもならない きみが 空気が 僕のパワーが 消えないことは もう 知ってるよ ずれても 気付かないまま 輪の中 軽やかな壁が見えた 空気は 読み書きできずに 吸って吐いて 返した 居場所を決めたせいで 凹んで 嵌まって 抜け出せなくなった 無限にある時間はいらない きみが 欲しいなら もう冷めた きみどころじゃないくらい 時間に 追われたい 醒めた もう僕をさ 突き放してくれよ お願いだよ そもそも 住む世界が違うな 冗談だよ 口癖の 間違えた ふりして笑おう どうにもならない きみが 空気が 僕のパワーが 消えないことは もう 知ってるよ あぁ、なんか わからなくなりました 自分って誰 あれ 何故なれないの 降らす 張っ苦 胸が堕悪 強がり 群がり 口走り 空回り 僕なりに演じてるよ ひとりぼっちが叫んでるよ ねえ 気付いてた 知らなかったよ どこに居ても 答えなど無いな 今更 ふれた温度 覚えてる 思い出して 臆病になって それだけを ただ 繰り返したくて どうにもならない きみが 狂気な 僕のパワーが 消えないことは もう 知ってるよ 住む世界が違えば 会えないの? 何処に居ても 伝えられたら 変わったかな ひとりで平気だけど 太陽はあかるいけど きみの足跡は 消えないよ
oikakete mita keredo me wo mihiraite nigete itta midoriiro kakomareta kono kuukan kara hamidashitara make da ano kazaguruma no shita de sa machiawase shiyo tte yakusoku shita boku no ashioto dake ga munashiku rizumu wo totteta kurai yuui mori no naka torinokosareta kankaku omoidashita kimi nashi ja ikite ikenai tte izon shi sou de yakkaisa mou dame da moshi furetara kiete nakunarun desho masshiro ni dame da mou boku wo sa mitsukenaide kure yo wo negai da yo somosomo sumu sekai ga chigau na aitai yo meiwaku ka na machigaeta furi shite waraou dounimo naranai kimi ga kuuki ga boku no pawaa ga kienai koto wa mou shitteru yo zurete mo kizukanai mama wa no naka karoyaka na kabe ga mieta kuuki wa yomikaki dekizu ni sutte haite kaeshita ibasho wo kimeta sei de hekonde hamatte nukedasenakunatta mugen ni aru jikan wa iranai kimi ga hoshii nara mou sameta kimi dokoro janai kurai jikan ni owaretai sameta mou boku wo sa tsukihanashite kure yo onegai da yo somosomo sumu sekai ga chigau na joudan da yo kuchiguse no machigaeta furi shite waraou dounimo naranai kimi ga kuuki ga boku no pawaa ga kienai koto wa mou shitteru yo aa, nanka wakaranakunarimashita jibun tte dare are naze narenai no furasu hakku mune ga da aku tsuyogari muragari kuchibashiri karamawari bokunari ni enjiteru yo hitoribocchi ga sakenderu yo nee kizuiteta shiranakatta yo doko ni itemo kotae nado nai na imasara fureta ondo oboeteru omoidashite okubyou ni natte sore dake wo tada kurikaeshitakute dounimo naranai kimi ga kyouki na boku no pawaa ga kienai koto wa mou shitteru yo sumu sekai ga chigaeba aenai no? doko ni itemo tsutaeraretara kawatta ka na hitori de heiki dakedo taiyou wa akarui kedo kimi no ashiato wa kienai yo
Romaji
oikakete mita keredo me wo mihiraite nigete itta midoriiro kakomareta kono kuukan kara hamidashitara make da ano kazaguruma no shita de sa machiawase shiyo tte yakusoku shita boku no ashioto dake ga munashiku rizumu wo totteta kurai yuui mori no naka torinokosareta kankaku omoidashita kimi nashi ja ikite ikenai tte izon shi sou de yakkaisa mou dame da moshi furetara kiete nakunarun desho masshiro ni dame da mou boku wo sa mitsukenaide kure yo wo negai da yo somosomo sumu sekai ga chigau na aitai yo meiwaku ka na machigaeta furi shite waraou dounimo naranai kimi ga kuuki ga boku no pawaa ga kienai koto wa mou shitteru yo zurete mo kizukanai mama wa no naka karoyaka na kabe ga mieta kuuki wa yomikaki dekizu ni sutte haite kaeshita ibasho wo kimeta sei de hekonde hamatte nukedasenakunatta mugen ni aru jikan wa iranai kimi ga hoshii nara mou sameta kimi dokoro janai kurai jikan ni owaretai sameta mou boku wo sa tsukihanashite kure yo onegai da yo somosomo sumu sekai ga chigau na joudan da yo kuchiguse no machigaeta furi shite waraou dounimo naranai kimi ga kuuki ga boku no pawaa ga kienai koto wa mou shitteru yo aa, nanka wakaranakunarimashita jibun tte dare are naze narenai no furasu hakku mune ga da aku tsuyogari muragari kuchibashiri karamawari bokunari ni enjiteru yo hitoribocchi ga sakenderu yo nee kizuiteta shiranakatta yo doko ni itemo kotae nado nai na imasara fureta ondo oboeteru omoidashite okubyou ni natte sore dake wo tada kurikaeshitakute dounimo naranai kimi ga kyouki na boku no pawaa ga kienai koto wa mou shitteru yo sumu sekai ga chigaeba aenai no? doko ni itemo tsutaeraretara kawatta ka na hitori de heiki dakedo taiyou wa akarui kedo kimi no ashiato wa kienai yo
Original
追いかけて みたけれど 目を見開いて 逃げていった 緑色 囲まれた この空間から はみ出したら負けだ あの風車の 下でさ 待ち合わせしよって 約束した 僕の足音 だけが虚しく リズムをとってた 暗い 幽い 森の中 取り残された感覚 思い出した きみ無しじゃ 生きていけないって 依存しそう で厄介さ もう駄目だ もし触れたら 消えて無くなるんでしょ 真っ白に だめだ もう僕をさ 見つけないでくれよ お願いだよ そもそも 住む世界が違うな 会いたいよ 迷惑かな 間違えた ふりして笑おう どうにもならない きみが 空気が 僕のパワーが 消えないことは もう 知ってるよ ずれても 気付かないまま 輪の中 軽やかな壁が見えた 空気は 読み書きできずに 吸って吐いて 返した 居場所を決めたせいで 凹んで 嵌まって 抜け出せなくなった 無限にある時間はいらない きみが 欲しいなら もう冷めた きみどころじゃないくらい 時間に 追われたい 醒めた もう僕をさ 突き放してくれよ お願いだよ そもそも 住む世界が違うな 冗談だよ 口癖の 間違えた ふりして笑おう どうにもならない きみが 空気が 僕のパワーが 消えないことは もう 知ってるよ あぁ、なんか わからなくなりました 自分って誰 あれ 何故なれないの 降らす 張っ苦 胸が堕悪 強がり 群がり 口走り 空回り 僕なりに演じてるよ ひとりぼっちが叫んでるよ ねえ 気付いてた 知らなかったよ どこに居ても 答えなど無いな 今更 ふれた温度 覚えてる 思い出して 臆病になって それだけを ただ 繰り返したくて どうにもならない きみが 狂気な 僕のパワーが 消えないことは もう 知ってるよ 住む世界が違えば 会えないの? 何処に居ても 伝えられたら 変わったかな ひとりで平気だけど 太陽はあかるいけど きみの足跡は 消えないよ
Please feel free to correct us if you see any mistakes. It will help us a lot.
If you like what we do, you can support us by making a donation using Ko-Fi.

Comments (0)

You must be logged in to post a comment.