4 weeks ago

Ano Hi Ano Toki / Chiai Fujikawa

Ano Hi Ano Toki / Chiai Fujikawa Album Cover
  • Title: あの日あの時
  • Also Known As: Ano Hi Ano Toki
  • Performer: Chiai Fujikawa
  • Composer: Ryutaro Fujinaga
  • Arranger: Ryutaro Fujinaga
  • Lyricist: Nobu

Ano Hi Ano Toki is the 10th track from the Laika album released by Chiai Fujikawa. It was released on May 05, 2019.

"Ano Hi Ano Toki" Lyrics

jitensha pedaru hayakaiten de kurai michi
suki na uta ni maniau you ni
saenai hibi no shigeki nante ne nai michi
kyuu ni me ni shimiru mabushii konbini

toukyou no tawaa toka sukuranburu na kousaten toka
koko ni wa nakute hikatte ite tobidashite utau hikari no naka de demo

ano akai hashi toka mainaa na depaato mo
ine yurasu kaze toka ano yoru no seijaku mo
oboete irun da yo rooraa no suberidai
tochuu de tomatte shita ni te wo futte
ima boku ga utau kanjiru mono no subete wa tabun sou
soko ni arun da

jidousha no mado gakubuchi ni naru momijibashi
happa no iro hokorashisou ni
ano hi no nyuusu ano hi no denwa ano koe
ima demo yappari zutto nokoru ne

minareta basho ga itsuka chigatte miete kuru no wa
jibun no setake ga nobita kara toka seichou toka de atte yo
konna no wa aa

ano kawa no nagare no kikinareta fureezu mo
ano yoru wa kanashiku nigotte kikoeta yo
oboete irun da yo ano basho no iro nioi
nande nee koko na no zutto kangaeru
wakaranai kedo koerareru kara dakara ne sou kitto
bokura nan darou

ano akai hashi toka mainaa na depaato mo
ine yurasu kaze toka ano yoru no seijaku mo
oboete irun da yo ano basho no iro nioi
nande nee koko na no zutto kangaeru

ano kawa no nagare no kikinareta fureezu ga
kore kara wa yasashiku kikoedasu you ni
itsu no hi ka sora hare itsu no hi ka soranaki
itsu no hi ka waratte itsu no hi ka mata naite
kawaranai no wa zutto ikite yuku
hikari matte aa
kawaranai no wa koko de sou kore kara mo utau
自転車ペダル 早回転で 暗い道
好きな歌に 間に合うように
冴えない日々の 刺激なんてね 無い道
急に目にしみる まぶしいコンビニ

東京のタワーとかスクランブルな交差点とか
ここにはなくて 光っていて 飛び出して歌う 光の中で でも

あの赤い橋とか マイナーなデパートも
稲揺らす風とか あの夜の静寂も
覚えているんだよ ローラーの滑り台
途中で止まって 下に手を振って
今僕が歌う感じるもののすべては多分そう
そこにあるんだ

自動車の窓 額縁になる 紅葉橋
葉っぱの色 誇らしそうに
あの日のニュース あの日の電話 あの声
今でもやっぱり ずっと残るね

見慣れた場所がいつか違って見えてくるのは
自分の背丈が伸びたからとか成長とかであってよ
こんなのは 嗚呼

あの川の流れの 聞きなれたフレーズも
あの夜は悲しく 濁って聞こえたよ
覚えているんだよ あの場所の色匂い
なんでねーここなの ずっと考える
わからないけど 超えられるから だからね そうきっと
僕らなんだろう

あの赤い橋とか マイナーなデパートも
稲揺らす風とか あの夜の静寂も
覚えているんだよ あの場所の色匂い
なんでねーここなの ずっと考える

あの川の流れの 聞きなれたフレーズが
これからは優しく 聞こえ出すように
いつの日か空晴れ いつの日か空泣き
いつの日か笑って いつの日かまた泣いて
変わらないのは ずっと生きていく 
光待って 嗚呼
変わらないのは ここでそう これからも歌う
Romaji
jitensha pedaru hayakaiten de kurai michi
suki na uta ni maniau you ni
saenai hibi no shigeki nante ne nai michi
kyuu ni me ni shimiru mabushii konbini

toukyou no tawaa toka sukuranburu na kousaten toka
koko ni wa nakute hikatte ite tobidashite utau hikari no naka de demo

ano akai hashi toka mainaa na depaato mo
ine yurasu kaze toka ano yoru no seijaku mo
oboete irun da yo rooraa no suberidai
tochuu de tomatte shita ni te wo futte
ima boku ga utau kanjiru mono no subete wa tabun sou
soko ni arun da

jidousha no mado gakubuchi ni naru momijibashi
happa no iro hokorashisou ni
ano hi no nyuusu ano hi no denwa ano koe
ima demo yappari zutto nokoru ne

minareta basho ga itsuka chigatte miete kuru no wa
jibun no setake ga nobita kara toka seichou toka de atte yo
konna no wa aa

ano kawa no nagare no kikinareta fureezu mo
ano yoru wa kanashiku nigotte kikoeta yo
oboete irun da yo ano basho no iro nioi
nande nee koko na no zutto kangaeru
wakaranai kedo koerareru kara dakara ne sou kitto
bokura nan darou

ano akai hashi toka mainaa na depaato mo
ine yurasu kaze toka ano yoru no seijaku mo
oboete irun da yo ano basho no iro nioi
nande nee koko na no zutto kangaeru

ano kawa no nagare no kikinareta fureezu ga
kore kara wa yasashiku kikoedasu you ni
itsu no hi ka sora hare itsu no hi ka soranaki
itsu no hi ka waratte itsu no hi ka mata naite
kawaranai no wa zutto ikite yuku
hikari matte aa
kawaranai no wa koko de sou kore kara mo utau
Original
自転車ペダル 早回転で 暗い道
好きな歌に 間に合うように
冴えない日々の 刺激なんてね 無い道
急に目にしみる まぶしいコンビニ

東京のタワーとかスクランブルな交差点とか
ここにはなくて 光っていて 飛び出して歌う 光の中で でも

あの赤い橋とか マイナーなデパートも
稲揺らす風とか あの夜の静寂も
覚えているんだよ ローラーの滑り台
途中で止まって 下に手を振って
今僕が歌う感じるもののすべては多分そう
そこにあるんだ

自動車の窓 額縁になる 紅葉橋
葉っぱの色 誇らしそうに
あの日のニュース あの日の電話 あの声
今でもやっぱり ずっと残るね

見慣れた場所がいつか違って見えてくるのは
自分の背丈が伸びたからとか成長とかであってよ
こんなのは 嗚呼

あの川の流れの 聞きなれたフレーズも
あの夜は悲しく 濁って聞こえたよ
覚えているんだよ あの場所の色匂い
なんでねーここなの ずっと考える
わからないけど 超えられるから だからね そうきっと
僕らなんだろう

あの赤い橋とか マイナーなデパートも
稲揺らす風とか あの夜の静寂も
覚えているんだよ あの場所の色匂い
なんでねーここなの ずっと考える

あの川の流れの 聞きなれたフレーズが
これからは優しく 聞こえ出すように
いつの日か空晴れ いつの日か空泣き
いつの日か笑って いつの日かまた泣いて
変わらないのは ずっと生きていく 
光待って 嗚呼
変わらないのは ここでそう これからも歌う

Comments (0)

Ano Hi Ano Toki / Chiai Fujikawa Video