Ame / Kuhaku Gokko

Ame / Kuhaku Gokko Album Cover
  • Title:
  • Also Known As: Ame
  • Performer: Kuhaku Gokko
  • Composer: HarryP
  • Arranger: Eddy Tanahashi, koyori
  • Lyricist: Setsuko

Ame is the 1st track from the Ame digital single released by Kuhaku Gokko. It was released on March 29, 2020.

"Ame" Lyrics

rokugatsu amefuri tsutsumikonda taion ni me wo tsumuru
aa miushinatte ita toozakatte ita kyou mo mata

watashi ga kowashita monotachi wo kazoe oeru hi wa konai deshou
tabe nokoshita batsu ga tenketsu atari de nagutta nagutta
shinda sakana no me no furi wa ikani mo tokui nan desu
nante hidoi ne gomen ne

koe ga koe ga seki wo kitte atashi wo senmei ni
irozuken da sarakedashitatte soko ni anata ga iru ka hoshou nai
nee kowai na kowai na hikitomete ita hazu no kanjou
tomaranaku nattanaraba mou baibai desu

kasunde icchau anata ni yasashiku aritai dake na no
usumete shimatta omoi ni yasashiku naritai dake na no
rokugatsu yarazu ame okamai nashi ne kaeranaide yo

anata ga aishita sekai mo itsuka kowarete shimau no yo
sanatoriumu kansei oten kiwadatsushi yowatta komatta
hinsougao no mi no furi wa ikani mo fuete nan desu
nante urusai ne gomen ne

koe ga koe ga nodo wo kitte atashi no zenshin sarashi dasun da
kakushitain datte oku no pyua na kitai wa tsukareta yo
mou konai de konai de kiekakatte ita hazu no gaishou
umi tamattekita naraba mou

ano toki iitakatta no wa ano hi iezu ni ita no wa
zutto toka sou iu no nuki ni utagai mo tsumi mo wasurete
amai koohii to nigai toosuto iwakan ga honmono ni natte yuku

koe ga koe ga kurushimagire kokoro ni kizuite ikanaide yo
tonari ni ite yotte kuchi ni dasu ni wa mou osokatta
nee kowai na kowai na mukidashite ita hazu no hankou
dekinaku nattanara watashi mou

amatsubu hajiita oto ni kage made kasanete keshitai
dame da to wakatte itemo yawarakai kao wo shite itai
anata ga kizukanakute mo atashi ga watashi ni narenakute mo
nandemonai
6月 雨降り 包み込んだ体温に目をつむる
ああ 見失っていた 遠ざかっていた 今日もまた

わたしが壊したものたちを 数え終える日は来ないでしょう
食べ残した罰が転結あたりで殴った 殴った
死んだ魚の目のフリは いかにも得意なんです
なんて ひどいね ごめんね

声が 声が 堰を切ってわたしを鮮明に
色付けんだ 曝け出したって そこにあなたがいるか保証ない
ねえ怖いな 怖いな 引き止めていたはずの感情
止まらなくなったならば もう バイバイです

霞んでいっちゃうあなたに やさしくありたいだけなの
薄めてしまったおもいに やさしくなりたいだけなの
6月 遣らず雨 お構いなしね 帰らないでよ

あなたが愛した世界も いつか壊れてしまうのよ
サナトリウム閑静 汚点際立つし弱った 困った
貧相顔の身のフリは いかにも不得手なんです
なんて うるさいね ごめんね

声が 声が 喉を切ってわたしの全身 晒しだすんだ
隠したいんだって 奥のピュアな期待は疲れたよ
もう来ないで 来ないで 消えかかっていたはずの外傷
膿たまってきたならばもう 

あのとき言いたかったのは あの日言えずにいたのは
ずっととかそういうの抜きに 疑いも罪も忘れて
甘いコーヒーと苦いトースト 違和感が本物になっていく

声が 声が 苦し紛れ心に気づいて 行かないでよ
となりにいてよって 口に出すにはもう遅かった
ねえ怖いな 怖いな むき出していたはずの反抗
できなくなったなら わたし もう

雨粒 弾いた音に 影だけ重ねて消したい
だめだと わかっていても やわらかい顔をしていたい
あなたが気づかなくても わたしがわたしになれなくても
何でもない
Romaji
rokugatsu amefuri tsutsumikonda taion ni me wo tsumuru
aa miushinatte ita toozakatte ita kyou mo mata

watashi ga kowashita monotachi wo kazoe oeru hi wa konai deshou
tabe nokoshita batsu ga tenketsu atari de nagutta nagutta
shinda sakana no me no furi wa ikani mo tokui nan desu
nante hidoi ne gomen ne

koe ga koe ga seki wo kitte atashi wo senmei ni
irozuken da sarakedashitatte soko ni anata ga iru ka hoshou nai
nee kowai na kowai na hikitomete ita hazu no kanjou
tomaranaku nattanaraba mou baibai desu

kasunde icchau anata ni yasashiku aritai dake na no
usumete shimatta omoi ni yasashiku naritai dake na no
rokugatsu yarazu ame okamai nashi ne kaeranaide yo

anata ga aishita sekai mo itsuka kowarete shimau no yo
sanatoriumu kansei oten kiwadatsushi yowatta komatta
hinsougao no mi no furi wa ikani mo fuete nan desu
nante urusai ne gomen ne

koe ga koe ga nodo wo kitte atashi no zenshin sarashi dasun da
kakushitain datte oku no pyua na kitai wa tsukareta yo
mou konai de konai de kiekakatte ita hazu no gaishou
umi tamattekita naraba mou

ano toki iitakatta no wa ano hi iezu ni ita no wa
zutto toka sou iu no nuki ni utagai mo tsumi mo wasurete
amai koohii to nigai toosuto iwakan ga honmono ni natte yuku

koe ga koe ga kurushimagire kokoro ni kizuite ikanaide yo
tonari ni ite yotte kuchi ni dasu ni wa mou osokatta
nee kowai na kowai na mukidashite ita hazu no hankou
dekinaku nattanara watashi mou

amatsubu hajiita oto ni kage made kasanete keshitai
dame da to wakatte itemo yawarakai kao wo shite itai
anata ga kizukanakute mo atashi ga watashi ni narenakute mo
nandemonai
Original
6月 雨降り 包み込んだ体温に目をつむる
ああ 見失っていた 遠ざかっていた 今日もまた

わたしが壊したものたちを 数え終える日は来ないでしょう
食べ残した罰が転結あたりで殴った 殴った
死んだ魚の目のフリは いかにも得意なんです
なんて ひどいね ごめんね

声が 声が 堰を切ってわたしを鮮明に
色付けんだ 曝け出したって そこにあなたがいるか保証ない
ねえ怖いな 怖いな 引き止めていたはずの感情
止まらなくなったならば もう バイバイです

霞んでいっちゃうあなたに やさしくありたいだけなの
薄めてしまったおもいに やさしくなりたいだけなの
6月 遣らず雨 お構いなしね 帰らないでよ

あなたが愛した世界も いつか壊れてしまうのよ
サナトリウム閑静 汚点際立つし弱った 困った
貧相顔の身のフリは いかにも不得手なんです
なんて うるさいね ごめんね

声が 声が 喉を切ってわたしの全身 晒しだすんだ
隠したいんだって 奥のピュアな期待は疲れたよ
もう来ないで 来ないで 消えかかっていたはずの外傷
膿たまってきたならばもう 

あのとき言いたかったのは あの日言えずにいたのは
ずっととかそういうの抜きに 疑いも罪も忘れて
甘いコーヒーと苦いトースト 違和感が本物になっていく

声が 声が 苦し紛れ心に気づいて 行かないでよ
となりにいてよって 口に出すにはもう遅かった
ねえ怖いな 怖いな むき出していたはずの反抗
できなくなったなら わたし もう

雨粒 弾いた音に 影だけ重ねて消したい
だめだと わかっていても やわらかい顔をしていたい
あなたが気づかなくても わたしがわたしになれなくても
何でもない

Comments (0)

Ame / Kuhaku Gokko Video

From The Same Artists

Natsu / Kuhaku Gokko
Natsu / Kuhaku Gokko
2 weeks ago