Yoru wo Koero / Eve Album Cover
  • Title: 夜を超えろ
  • Also Known As: Yoru wo Koero
  • Country: Japan
  • Performer: Eve
  • Composer: Ramune
  • Arranger: Ramune
  • Lyricist: Ramune

Yoru wo Koero is the 7th track from the Wonder Word mini album released by Eve. It was released on August 17, 2014.

"Yoru wo Koero" Lyrics

mezame no warui asa ga sora kara ochite kita
taikutsu datta yoru wa dokoka e kiete itta

sonna koto wo boku wa itsumo omotteta kedo
kinou no yume no saigo ni chiisai hikari wo mita

sabishisa mo naishi tanoshisa mo nai kedo
subete ga kawatte mieta

boku wa
kinou miteta yume no tsuzuki wo
michi wo terasu tame no akari wo
sagashiteiru sore dake datta
tabun boku wa
kyou to chigau iro no sekai wo
itsuka warau tame no hikari wo
itsunomanika kitai shiteiru!

hikari wo sagasu tabi wa omoshiroi hodo susumu
sore dake hoshiku natte hoka wa sutete shimatta

sabishisa ga attari tanoshisa ni you kedo
subete ga kawatte mieta

boku wa
kareta hibi ni aragau sube wo
hirogaru kizu wo iyasu kusuri wo
sagashiteiru sono hazu datta
na no ni boku wa
kareta hibi ni narete ittari
shiranai kizu wo fuyashite itari
tada no baka da nakitakunaru yo

ki ga tsuitara hitoribocchi de
ashi mo zenzen ugokanakatta
owaritaku mo natte shimau naa
dakedo boku wa
kyou to chigau iro no sekai wo
itsuka warau tame no hikari wo
ima mo zutto kitai shiteiru!
目覚めの悪い朝が 空から落ちてきた
退屈だった夜は 何処かへ消えていった

そんな事を僕は いつも思ってたけど
昨日の夢の最後に 小さい光を見た

寂しさも無いし 楽しさも無いけど
全てが変わって見えた

僕は
昨日見てた夢の続きを
道を照らすための灯りを
探している それだけだった
多分 僕は
今日と違う色の世界を
いつか笑うための光を
いつの間にか期待している!

光を探す旅は 面白いほど進む
それだけ欲しくなって 他は捨ててしまった

寂しさが有ったり 楽しさに酔うけど
全てが変わって見えた

僕は
枯れた日々に抗う術を
広がる傷を癒す薬を
探している そのはずだった
なのに 僕は
枯れた日々に慣れていったり
知らない傷を増やしていたり
ただのバカだ 泣きたくなるよ

気が付いたら一人ぼっちで
足も全然動かなかった
終わりたくもなってしまうなあ
だけど 僕は
今日と違う色の世界を
いつか笑うための光を
今もずっと期待している!
Romaji
mezame no warui asa ga sora kara ochite kita
taikutsu datta yoru wa dokoka e kiete itta

sonna koto wo boku wa itsumo omotteta kedo
kinou no yume no saigo ni chiisai hikari wo mita

sabishisa mo naishi tanoshisa mo nai kedo
subete ga kawatte mieta

boku wa
kinou miteta yume no tsuzuki wo
michi wo terasu tame no akari wo
sagashiteiru sore dake datta
tabun boku wa
kyou to chigau iro no sekai wo
itsuka warau tame no hikari wo
itsunomanika kitai shiteiru!

hikari wo sagasu tabi wa omoshiroi hodo susumu
sore dake hoshiku natte hoka wa sutete shimatta

sabishisa ga attari tanoshisa ni you kedo
subete ga kawatte mieta

boku wa
kareta hibi ni aragau sube wo
hirogaru kizu wo iyasu kusuri wo
sagashiteiru sono hazu datta
na no ni boku wa
kareta hibi ni narete ittari
shiranai kizu wo fuyashite itari
tada no baka da nakitakunaru yo

ki ga tsuitara hitoribocchi de
ashi mo zenzen ugokanakatta
owaritaku mo natte shimau naa
dakedo boku wa
kyou to chigau iro no sekai wo
itsuka warau tame no hikari wo
ima mo zutto kitai shiteiru!
Original
目覚めの悪い朝が 空から落ちてきた
退屈だった夜は 何処かへ消えていった

そんな事を僕は いつも思ってたけど
昨日の夢の最後に 小さい光を見た

寂しさも無いし 楽しさも無いけど
全てが変わって見えた

僕は
昨日見てた夢の続きを
道を照らすための灯りを
探している それだけだった
多分 僕は
今日と違う色の世界を
いつか笑うための光を
いつの間にか期待している!

光を探す旅は 面白いほど進む
それだけ欲しくなって 他は捨ててしまった

寂しさが有ったり 楽しさに酔うけど
全てが変わって見えた

僕は
枯れた日々に抗う術を
広がる傷を癒す薬を
探している そのはずだった
なのに 僕は
枯れた日々に慣れていったり
知らない傷を増やしていたり
ただのバカだ 泣きたくなるよ

気が付いたら一人ぼっちで
足も全然動かなかった
終わりたくもなってしまうなあ
だけど 僕は
今日と違う色の世界を
いつか笑うための光を
今もずっと期待している!

Comments (0)