Shout Baby / Ryokuoushoku Shakai

Shout Baby / Ryokuoushoku Shakai Album Cover
  • Title: Shout Baby
  • Country: Japan
  • Performer: Ryokuoushoku Shakai
  • Composer: Haruko Nagaya
  • Arranger: Nao Nishimura, Naoki Itai, Ryokuoushoku Shakai
  • Lyricist: Haruko Nagaya

Shout Baby is the 1st track from the Shout Baby single released by Ryokuoushoku Shakai. It was released on February 19, 2020.

"Shout Baby" Lyrics

itsumo to chigau kami no nioi
odorasarete shimau kuyashii na
yurunde shimau kuchimoto mafuraa ni sotto shizumeta

itsu kara watashi konna fuu ni
gaman tsuyoku narete itan darou
kodomo no koro kara nakimushi datte baka ni sareta no ni

naisho ni shite ite ne
nante zankoku na kotoba
sakebigoe kasundeku
arifureteru hazu no mirai ni wa tookute

dare ni kikazu tomo wakaru
aitsu no moto ni wa todoki ya shinai
doko ni tadoritsukeba ii?
wakaranakute tada sugaritsuite
mainichi no fuan wo kakikesu hodo
mune wo kogasu akogare nado kienai
kawaritai

nandemo sugu ni atomawashi ni
shite shimau you na watashi dakara
wazuka na tsunagari dake demo zutto mamoritakatta

naisho ni shite itara
atte mo nai you na mono da ne
wasurete shimaeru hodo
chippoke na omoi de wa nai yo wakatteru?

yoru ga akeru koro ni mata
majime na sugata dake mi ni tsukete
datte sore shika nakatta no
hajimete no koto ni tomadotteru
taikutsu na jikan wo kakikesu hodo
mune wo shimeru aitsu nante
mou

konna mono shiritaku nakatta
ano toki aa sureba yokatta
konna ni moroi mono da kedo
jibun wo koutei shitakatta
warui koto wo shiteru you de
jibun ga nasakenakatta
dakedo subete hajimete de
mada shinjite itakatta

dare ni kikazu tomo wakaru
aitsu wa shiawase wo kure ya shinai
soredemo aitsu ga kureta mono
nanimo nakatta wake janai kara
mainichi no fuan wo kakikesu hodo
zurui uso ga ureshikute kienai
kawaritai
いつもと違う髪のにおい
踊らされてしまう悔しいな
緩んでしまう口元 マフラーにそっと沈めた

いつから私こんな風に
我慢強くなれていたんだろう
子供の頃から泣き虫だって馬鹿にされたのに

内緒にしていてね
なんて残酷な言葉
叫び声霞んでく
ありふれてるはずの未来には遠くて

誰に聞かずとも分かる
あいつの元には届きやしない
どこに辿り着けばいい?
分からなくてただ縋り付いて
毎日の不安をかき消すほど
胸を焦がす憧れなど消えない
変わりたい

何でもすぐに後回しに
してしまうような私だから
僅かな繋がりだけでもずっと守りたかった

内緒にしていたら
あってもないようなものだね
忘れてしまえる程
ちっぽけな想いではないよ分かってる?

夜が明ける頃にまた
真面目な姿だけ身に付けて
だってそれしかなかったの
初めてのことに戸惑ってる
退屈な時間をかき消すほど
胸を占めるあいつなんて
もう

こんなもの知りたくなかった
あの時ああすれば良かった
こんなに脆いものだけど
自分を肯定したかった
悪いことをしてるようで
自分が情けなかった
だけど全て初めてで
まだ信じていたかった

誰に聞かずとも分かる
あいつは幸せをくれやしない
それでもあいつがくれたもの
何もなかったわけじゃないから
毎日の不安をかき消すほど
ずるい嘘が嬉しくて消えない
変わりたい
Romaji
itsumo to chigau kami no nioi
odorasarete shimau kuyashii na
yurunde shimau kuchimoto mafuraa ni sotto shizumeta

itsu kara watashi konna fuu ni
gaman tsuyoku narete itan darou
kodomo no koro kara nakimushi datte baka ni sareta no ni

naisho ni shite ite ne
nante zankoku na kotoba
sakebigoe kasundeku
arifureteru hazu no mirai ni wa tookute

dare ni kikazu tomo wakaru
aitsu no moto ni wa todoki ya shinai
doko ni tadoritsukeba ii?
wakaranakute tada sugaritsuite
mainichi no fuan wo kakikesu hodo
mune wo kogasu akogare nado kienai
kawaritai

nandemo sugu ni atomawashi ni
shite shimau you na watashi dakara
wazuka na tsunagari dake demo zutto mamoritakatta

naisho ni shite itara
atte mo nai you na mono da ne
wasurete shimaeru hodo
chippoke na omoi de wa nai yo wakatteru?

yoru ga akeru koro ni mata
majime na sugata dake mi ni tsukete
datte sore shika nakatta no
hajimete no koto ni tomadotteru
taikutsu na jikan wo kakikesu hodo
mune wo shimeru aitsu nante
mou

konna mono shiritaku nakatta
ano toki aa sureba yokatta
konna ni moroi mono da kedo
jibun wo koutei shitakatta
warui koto wo shiteru you de
jibun ga nasakenakatta
dakedo subete hajimete de
mada shinjite itakatta

dare ni kikazu tomo wakaru
aitsu wa shiawase wo kure ya shinai
soredemo aitsu ga kureta mono
nanimo nakatta wake janai kara
mainichi no fuan wo kakikesu hodo
zurui uso ga ureshikute kienai
kawaritai
Original
いつもと違う髪のにおい
踊らされてしまう悔しいな
緩んでしまう口元 マフラーにそっと沈めた

いつから私こんな風に
我慢強くなれていたんだろう
子供の頃から泣き虫だって馬鹿にされたのに

内緒にしていてね
なんて残酷な言葉
叫び声霞んでく
ありふれてるはずの未来には遠くて

誰に聞かずとも分かる
あいつの元には届きやしない
どこに辿り着けばいい?
分からなくてただ縋り付いて
毎日の不安をかき消すほど
胸を焦がす憧れなど消えない
変わりたい

何でもすぐに後回しに
してしまうような私だから
僅かな繋がりだけでもずっと守りたかった

内緒にしていたら
あってもないようなものだね
忘れてしまえる程
ちっぽけな想いではないよ分かってる?

夜が明ける頃にまた
真面目な姿だけ身に付けて
だってそれしかなかったの
初めてのことに戸惑ってる
退屈な時間をかき消すほど
胸を占めるあいつなんて
もう

こんなもの知りたくなかった
あの時ああすれば良かった
こんなに脆いものだけど
自分を肯定したかった
悪いことをしてるようで
自分が情けなかった
だけど全て初めてで
まだ信じていたかった

誰に聞かずとも分かる
あいつは幸せをくれやしない
それでもあいつがくれたもの
何もなかったわけじゃないから
毎日の不安をかき消すほど
ずるい嘘が嬉しくて消えない
変わりたい

Comments (0)