Seigi / ZUTOMAYO

Seigi / ZUTOMAYO Album Cover
  • Title: 正義
  • Also Known As: Seigi
  • Country: Japan
  • Performer: ZUTOMAYO
  • Composer: ACAne
  • Arranger: Singo Kubota
  • Lyricist: ACAne

Seigi is the 2nd track from the Ima wa Ima de Chikai wa Emi de mini album released by ZUTOMAYO. It was released on June 12, 2019.

"Seigi" Lyrics

tsumasaki datte wakaranai no sa

sotto me wo awa shite shimaeba
shimau hodo hanabira chitte
tada taiikuzuwari shite aragatteru kimi to narande
te wo furu kyou wa boku to kimi ni chikazukitai kara

akai hitomi ga boyakeru on
mimizawari na koe de kimi to utau keredo
fukai hirune no ondo ni nareteku no?
tobihaneta emi dake machigaisou mo nakute

tada omoidashite owaranaide
dakishimetai you ni
tayashii emi ja matome kirenu hodo ni
tada hashai datte yuzuriatte sayonara sa
deokureta kotoba chikatte
sameta hifu dake tsugitashite
ikasareteta asai koe no seigi de aru you ni

chikazuite toonoite saguriatte mita nda
chikazuite toonoite wakariatte mita nda
chikazuite toonoite waraiatte mita nda
chikazuite toonoite meguriatte ita nda

sotto yuriokoshite mo nani mo kawaranu sonzai wo
taisetsu ni shisugite shimau kara
kitto korekara saki motto kirei na moji de
hiroi atsumeru ndarou na

warui koto shite nakute mo
himitsu wo kakushi tousu koto ga seigi nara
aoi fuusei kakurei oshikonde
itsudemo kaette oidette
kuchiguse ni natte yuku nda

tada omoidashite owaranaide
dakishimetai you ni
tayashii emi ja matome kirenu hodo ni
tada hashai datte yuzuriatte sayonara sa
deokureta kotoba chikatte
sameta hifu dake tsugitashite
ikasareteta asai koe no seigi de aru you ni

nando mo hanasou to nando mo tsuburou to shite mo
totan ni masshiroku natte
totan ni tsutaesugichau ne
ima wa tanjun ni sanzan ni negau no sa gouman demo seiippai no
"un un." tte kimi to boku de
shabetta ne, yume no hanashi de
kusuguttai emi de ima wa subete

mada kikoenaide owaranaide
dakishimetai you ni
chiisaku natta koe ni uso ga nai you ni
tada wa shaii datte waraiatte sayonara sa?
te okureta kotoba chikatte
sameta hifu dake tsugitashite
ikasareteta asai koe no seigi de aru you ni

chikazuite toonoite saguriatte mita nda
chikazuite toonoite wakariatte mita nda
chikazuite toonoite waraiatte mita nda
chikazuite toonoite meguriatte ita nda

chikazuite toonoite saguriatte mita nda
chikazuite toonoite wakariatte mita nda
chikazuite toonoite waraiatte mita nda
chikazuite toonoite meguriatte ita nda
つま先だって わからないのさ

そっと芽を合わして仕舞えば
仕舞うほど花びら散って
ただ体育座りして 抗ってる君と並んで
手を振る今日は 僕と君に近づきたいから
 
赤い瞳が ぼやける音
耳障りな声で 君と歌うけれど
深い昼寝の温度に慣れてくの?
飛び跳ねた笑みだけ 間違いそうもなくて

ただ 思い出して 終わらないで
抱きしめたいように
容易い笑みじゃ 纏めきれぬほどに
ただ はしゃいだって 譲り合って さよならさ
出遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足して
生かされてた 浅い声の正義であるように

近づいて遠のいて 探り合ってみたんだ
近づいて遠のいて わかり合ってみたんだ
近づいて遠のいて 笑いあってみたんだ
近づいて遠のいて 巡り合っていたんだ

そっと揺り起こしても 何も変わらぬ存在を
大切に しすぎてしまうから
きっと これから先 もっと綺麗な文字で
拾い集めるんだろうな

悪いこと してなくても
秘密を隠し通すことが 正義なら
青い風声鶴唳 押し込んで
いつでも帰っておいでって
口癖になってゆくんだ

ただ 思い出して 終わらないで
抱きしめたいように
容易い笑みじゃ 纏めきれぬほどに
ただ はしゃいだって 譲り合って さよならさ
出遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足して
生かされてた 浅い声の正義であるように

なんども話そうと なんども瞑ろうとしても
途端に真っ白くなって
途端に伝えすぎちゃうね
今は単純に散々に願うのさ 傲慢でも精一杯の
「うんうん。」って君と僕で
喋ったね、夢の話で
くすぐったい笑みで今は全て

まだ 聞こえないで 終わらないで
抱きしめたいように
小さくなった声に 嘘がないように
ただ はシャイいだって 笑いあって さよなら差?
手遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足し手
生かされてた 浅い声の正義であるように

近づいて遠のいて 探り合ってみたんだ
近づいて遠のいて わかり合ってみたンダ
地下着いて 問い解いて 笑いあってみタンダ
チカヅイテ トーノイテ 巡り合っていたんだ

チカヅイテ トーノイテ サングリアッテミタンダ
チカヅイテ トーノイテ ワカリアッテミタンダ
チカヅイテ トーノイ十 ワライアッテミタンダ
チカヅイテ 十ー退イテ 巡り合ってみたんだ
Romaji
tsumasaki datte wakaranai no sa

sotto me wo awa shite shimaeba
shimau hodo hanabira chitte
tada taiikuzuwari shite aragatteru kimi to narande
te wo furu kyou wa boku to kimi ni chikazukitai kara

akai hitomi ga boyakeru on
mimizawari na koe de kimi to utau keredo
fukai hirune no ondo ni nareteku no?
tobihaneta emi dake machigaisou mo nakute

tada omoidashite owaranaide
dakishimetai you ni
tayashii emi ja matome kirenu hodo ni
tada hashai datte yuzuriatte sayonara sa
deokureta kotoba chikatte
sameta hifu dake tsugitashite
ikasareteta asai koe no seigi de aru you ni

chikazuite toonoite saguriatte mita nda
chikazuite toonoite wakariatte mita nda
chikazuite toonoite waraiatte mita nda
chikazuite toonoite meguriatte ita nda

sotto yuriokoshite mo nani mo kawaranu sonzai wo
taisetsu ni shisugite shimau kara
kitto korekara saki motto kirei na moji de
hiroi atsumeru ndarou na

warui koto shite nakute mo
himitsu wo kakushi tousu koto ga seigi nara
aoi fuusei kakurei oshikonde
itsudemo kaette oidette
kuchiguse ni natte yuku nda

tada omoidashite owaranaide
dakishimetai you ni
tayashii emi ja matome kirenu hodo ni
tada hashai datte yuzuriatte sayonara sa
deokureta kotoba chikatte
sameta hifu dake tsugitashite
ikasareteta asai koe no seigi de aru you ni

nando mo hanasou to nando mo tsuburou to shite mo
totan ni masshiroku natte
totan ni tsutaesugichau ne
ima wa tanjun ni sanzan ni negau no sa gouman demo seiippai no
"un un." tte kimi to boku de
shabetta ne, yume no hanashi de
kusuguttai emi de ima wa subete

mada kikoenaide owaranaide
dakishimetai you ni
chiisaku natta koe ni uso ga nai you ni
tada wa shaii datte waraiatte sayonara sa?
te okureta kotoba chikatte
sameta hifu dake tsugitashite
ikasareteta asai koe no seigi de aru you ni

chikazuite toonoite saguriatte mita nda
chikazuite toonoite wakariatte mita nda
chikazuite toonoite waraiatte mita nda
chikazuite toonoite meguriatte ita nda

chikazuite toonoite saguriatte mita nda
chikazuite toonoite wakariatte mita nda
chikazuite toonoite waraiatte mita nda
chikazuite toonoite meguriatte ita nda
Original
つま先だって わからないのさ

そっと芽を合わして仕舞えば
仕舞うほど花びら散って
ただ体育座りして 抗ってる君と並んで
手を振る今日は 僕と君に近づきたいから
 
赤い瞳が ぼやける音
耳障りな声で 君と歌うけれど
深い昼寝の温度に慣れてくの?
飛び跳ねた笑みだけ 間違いそうもなくて

ただ 思い出して 終わらないで
抱きしめたいように
容易い笑みじゃ 纏めきれぬほどに
ただ はしゃいだって 譲り合って さよならさ
出遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足して
生かされてた 浅い声の正義であるように

近づいて遠のいて 探り合ってみたんだ
近づいて遠のいて わかり合ってみたんだ
近づいて遠のいて 笑いあってみたんだ
近づいて遠のいて 巡り合っていたんだ

そっと揺り起こしても 何も変わらぬ存在を
大切に しすぎてしまうから
きっと これから先 もっと綺麗な文字で
拾い集めるんだろうな

悪いこと してなくても
秘密を隠し通すことが 正義なら
青い風声鶴唳 押し込んで
いつでも帰っておいでって
口癖になってゆくんだ

ただ 思い出して 終わらないで
抱きしめたいように
容易い笑みじゃ 纏めきれぬほどに
ただ はしゃいだって 譲り合って さよならさ
出遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足して
生かされてた 浅い声の正義であるように

なんども話そうと なんども瞑ろうとしても
途端に真っ白くなって
途端に伝えすぎちゃうね
今は単純に散々に願うのさ 傲慢でも精一杯の
「うんうん。」って君と僕で
喋ったね、夢の話で
くすぐったい笑みで今は全て

まだ 聞こえないで 終わらないで
抱きしめたいように
小さくなった声に 嘘がないように
ただ はシャイいだって 笑いあって さよなら差?
手遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足し手
生かされてた 浅い声の正義であるように

近づいて遠のいて 探り合ってみたんだ
近づいて遠のいて わかり合ってみたンダ
地下着いて 問い解いて 笑いあってみタンダ
チカヅイテ トーノイテ 巡り合っていたんだ

チカヅイテ トーノイテ サングリアッテミタンダ
チカヅイテ トーノイテ ワカリアッテミタンダ
チカヅイテ トーノイ十 ワライアッテミタンダ
チカヅイテ 十ー退イテ 巡り合ってみたんだ

Comments (0)