Rabbit Gray / Eve

Rabbit Gray / Eve Album Cover
  • Title: Rabbit Gray
  • Also Known As: ラビットグレイ
  • Performer: Eve
  • Composer: Eve
  • Arranger: Tomoya Yamaue
  • Lyricist: Eve

Rabbit Gray is the 7th track from the OFFICIAL NUMBER album released by Eve. It was released on October 19, 2016.

"Rabbit Gray" Lyrics

entenka mahiru no kion wa boku no joushikigai
jitensha korogashita gozen niji shiroi ikimajiri de

nigedashitakunatta toki itsu datte
koko made hashirasete machihazure no sumikko de hitori samayoi aruita

doko de michi ni mayotta no are ga dame datta no ka na
kangaedashitara tomaranai kokyuu ga mashiteku
wasureyou ze iki wo tomete
boku wo tsuredashite kure

maware maware kotoba janai kimi no koe kikasete yo
chabangeki de sa ima wa sou janai jibun katte bakka shite shimaou

koko e koko e modottara koe ga kasurete shimatte mo
miushinawanai you ni tsurete ikarechau kara

aimai na kimi no hokou wa boku no joushikigai
hohaba awaseroyotte fukai tame iki majiri de

nemurenakunatta toki itsu datte
koko de machiawasete machihazure no sumikko e himitsukichi made aruita

doko de michi ni mayotta no are ga dame datta no ka na
kangaedashite mo tokei no hari wa susundeku
wasureyou ze iki wo tomete
boku wo tsuredashite kure

maware maware kotoba janai kimi no koe kikasete yo
chabangeki de sa ima wa sou janai jibun katte bakka shite shimaou

koko e koko e modottara koe ga kasurete shimatte mo
miushinattara saigo kurai soko e

me wo samashi tatte kitto taikutsu datte iu no
monokuro sekai de egaita jibun jishin wa inai no
jikan wa tomatta manma boku wa nani shiteru no
eranda michi ga machigatte ita to shite mo

samase samase joudan janai boku no koe todokeru yo
chabangeki janai yume ga sou nara kimi wo wasurekakete shimatte mo

koko e koko e modottara koe ga kasurete shimatte mo
miushinawanai you ni tsurete ikarechau kara
炎天下 真昼の気温は僕の常識外
自転車ころがした 午前2時 白い息混じりで

逃げ出したくなった時 いつだって
ここまで走らせて 街外れの隅っこで 独り彷徨い歩いた

どこで道に迷ったの あれがダメだったのかな
考え出したら 止まらない 呼吸が増してく
忘れようぜ 息を止めて
ボクを連れ出してくれ

回れ 回れ 言葉じゃない キミの声聞かせてよ
茶番劇でさ 今はそうじゃない 自分勝手ばっかしてしまおう

ここへ ここへ 戻ったら 声がかすれてしまっても
見失わないように 連れていかれちゃうから

曖昧な 君の歩行は僕の常識外
歩幅合わせろよって 深いため息交じりで

眠れなくなった時 いつだって
ここで待ち合わせて 街はずれの隅っこへ 秘密基地まで歩いた

どこで道に迷ったの あれがダメだったのかな
考え出しても 時計の針は進んでく
忘れようぜ 息を止めて
ボクを連れ出してくれ

回れ 回れ 言葉じゃない キミの声聞かせてよ
茶番劇でさ 今はそうじゃない 自分勝手ばっかしてしまおう

ここへ ここへ 戻ったら 声がかすれてしまっても
見失ったら最後 暗い底へ

目を覚ましたってきっと退屈だって言うの
モノクロ世界で描いた 自分自身はいないの
時間は止まったまんま 僕はなにしてるの
選んだ道が間違っていたとしても

覚ませ 覚ませ 冗談じゃない ボクの声届けるよ
茶番劇じゃない 夢がそうなら 君を忘れかけてしまっても

ここへ ここへ 戻ったら 声がかすれてしまっても
見失わないように 連れていかれちゃうから
Romaji
entenka mahiru no kion wa boku no joushikigai
jitensha korogashita gozen niji shiroi ikimajiri de

nigedashitakunatta toki itsu datte
koko made hashirasete machihazure no sumikko de hitori samayoi aruita

doko de michi ni mayotta no are ga dame datta no ka na
kangaedashitara tomaranai kokyuu ga mashiteku
wasureyou ze iki wo tomete
boku wo tsuredashite kure

maware maware kotoba janai kimi no koe kikasete yo
chabangeki de sa ima wa sou janai jibun katte bakka shite shimaou

koko e koko e modottara koe ga kasurete shimatte mo
miushinawanai you ni tsurete ikarechau kara

aimai na kimi no hokou wa boku no joushikigai
hohaba awaseroyotte fukai tame iki majiri de

nemurenakunatta toki itsu datte
koko de machiawasete machihazure no sumikko e himitsukichi made aruita

doko de michi ni mayotta no are ga dame datta no ka na
kangaedashite mo tokei no hari wa susundeku
wasureyou ze iki wo tomete
boku wo tsuredashite kure

maware maware kotoba janai kimi no koe kikasete yo
chabangeki de sa ima wa sou janai jibun katte bakka shite shimaou

koko e koko e modottara koe ga kasurete shimatte mo
miushinattara saigo kurai soko e

me wo samashi tatte kitto taikutsu datte iu no
monokuro sekai de egaita jibun jishin wa inai no
jikan wa tomatta manma boku wa nani shiteru no
eranda michi ga machigatte ita to shite mo

samase samase joudan janai boku no koe todokeru yo
chabangeki janai yume ga sou nara kimi wo wasurekakete shimatte mo

koko e koko e modottara koe ga kasurete shimatte mo
miushinawanai you ni tsurete ikarechau kara
Original
炎天下 真昼の気温は僕の常識外
自転車ころがした 午前2時 白い息混じりで

逃げ出したくなった時 いつだって
ここまで走らせて 街外れの隅っこで 独り彷徨い歩いた

どこで道に迷ったの あれがダメだったのかな
考え出したら 止まらない 呼吸が増してく
忘れようぜ 息を止めて
ボクを連れ出してくれ

回れ 回れ 言葉じゃない キミの声聞かせてよ
茶番劇でさ 今はそうじゃない 自分勝手ばっかしてしまおう

ここへ ここへ 戻ったら 声がかすれてしまっても
見失わないように 連れていかれちゃうから

曖昧な 君の歩行は僕の常識外
歩幅合わせろよって 深いため息交じりで

眠れなくなった時 いつだって
ここで待ち合わせて 街はずれの隅っこへ 秘密基地まで歩いた

どこで道に迷ったの あれがダメだったのかな
考え出しても 時計の針は進んでく
忘れようぜ 息を止めて
ボクを連れ出してくれ

回れ 回れ 言葉じゃない キミの声聞かせてよ
茶番劇でさ 今はそうじゃない 自分勝手ばっかしてしまおう

ここへ ここへ 戻ったら 声がかすれてしまっても
見失ったら最後 暗い底へ

目を覚ましたってきっと退屈だって言うの
モノクロ世界で描いた 自分自身はいないの
時間は止まったまんま 僕はなにしてるの
選んだ道が間違っていたとしても

覚ませ 覚ませ 冗談じゃない ボクの声届けるよ
茶番劇じゃない 夢がそうなら 君を忘れかけてしまっても

ここへ ここへ 戻ったら 声がかすれてしまっても
見失わないように 連れていかれちゃうから

Comments (0)

From The Same Artists

Caravan / Eve
1 month ago
Fuyuukan / Eve
3 weeks ago
Mel Factory / Eve
2 weeks ago