1 week ago

Hourensou no Saute / flumpool

Hourensou no Saute / flumpool Album Cover
  • Title: ほうれん草のソテー
  • Also Known As: Hourensou no Saute
  • Performer: flumpool
  • Composer: Kazuki Sakai
  • Arranger: N/A
  • Lyricist: Ryuta Yamamura

Hourensou no Saute is the 10th track from the Real album released by flumpool. It was released on May 20, 2020.

"Hourensou no Saute" Lyrics

hitokuchi kurai de sugu akaku naru toko
ano koro kara kawattenai yo na

shitsuren shita yoru wa furii ni natta oiwai datte
kanpai wo shita kke

itsumo no famiresu de hourensou no sotee
asa made nebatte ita

majime ni baka ni naretan da fuzake aetan da
shinya no puuru shinobikonde oyoida kke
dare no sashizu mo mimi wo kasanai mama
hadaka de hashaide ita muboubi na mama de

baiku hitotsu de doko made yukeru katte
nippon juudan no mubou na tabi

ima de wa minna sorezore no tabiji no ue
asu no tame hashiru

chii mo katagaki mo tagai no nayami mo
konya wa futtobashite

nan jikan mo yume no hanashi de sawagi aetan da
kurabe ai nante shinakute yokattan da
you mo naku suki na ano ko ni denwa shita kke
sono shunkan ga subete datta
"sore dake" dattan da

ikutsu ni nattatte hourensou no sotee
jidai wo tobikoete

ima datte baka ni narerun da hajikerarerun da
ano koro e to taimu riipu suru you ni
ima wo wasurete futsukayoi no mabushii asayake
jikan ga tatte mo kawari wa shinai ya
ひと口くらいで すぐ赤くなるとこ
あの頃から変わってないよな

失恋した夜は フリーになったお祝いだって
乾杯をしたっけ

いつものファミレスで ほうれん草のソテー
朝まで ねばっていた

真面目にバカになれたんだ ふざけあえたんだ
深夜のプール 忍び込んで泳いだっけ
誰の指図も 耳をかさないまま
裸ではしゃいでいた 無防備なままで

バイクひとつで どこまで行けるかって
日本縦断の無謀な旅

今ではみんな それぞれの旅路の上
明日のため 走る

地位も肩書きも 互いの悩みも
今夜は吹っ飛ばして

何時間も夢の話で 騒ぎあえたんだ
比べあいなんてしなくて よかったんだ
用もなく好きな あの子に電話したっけ
その瞬間がすべてだった
“それだけ”だったんだ

いくつになったって ほうれん草のソテー
時代を飛び越えて

今だってバカになれるんだ 弾けられるんだ
あの頃へとタイムリープするように
現実を忘れて 二日酔いの眩しい朝焼け
時間が経っても 変わりはしないや
Romaji
hitokuchi kurai de sugu akaku naru toko
ano koro kara kawattenai yo na

shitsuren shita yoru wa furii ni natta oiwai datte
kanpai wo shita kke

itsumo no famiresu de hourensou no sotee
asa made nebatte ita

majime ni baka ni naretan da fuzake aetan da
shinya no puuru shinobikonde oyoida kke
dare no sashizu mo mimi wo kasanai mama
hadaka de hashaide ita muboubi na mama de

baiku hitotsu de doko made yukeru katte
nippon juudan no mubou na tabi

ima de wa minna sorezore no tabiji no ue
asu no tame hashiru

chii mo katagaki mo tagai no nayami mo
konya wa futtobashite

nan jikan mo yume no hanashi de sawagi aetan da
kurabe ai nante shinakute yokattan da
you mo naku suki na ano ko ni denwa shita kke
sono shunkan ga subete datta
"sore dake" dattan da

ikutsu ni nattatte hourensou no sotee
jidai wo tobikoete

ima datte baka ni narerun da hajikerarerun da
ano koro e to taimu riipu suru you ni
ima wo wasurete futsukayoi no mabushii asayake
jikan ga tatte mo kawari wa shinai ya
Original
ひと口くらいで すぐ赤くなるとこ
あの頃から変わってないよな

失恋した夜は フリーになったお祝いだって
乾杯をしたっけ

いつものファミレスで ほうれん草のソテー
朝まで ねばっていた

真面目にバカになれたんだ ふざけあえたんだ
深夜のプール 忍び込んで泳いだっけ
誰の指図も 耳をかさないまま
裸ではしゃいでいた 無防備なままで

バイクひとつで どこまで行けるかって
日本縦断の無謀な旅

今ではみんな それぞれの旅路の上
明日のため 走る

地位も肩書きも 互いの悩みも
今夜は吹っ飛ばして

何時間も夢の話で 騒ぎあえたんだ
比べあいなんてしなくて よかったんだ
用もなく好きな あの子に電話したっけ
その瞬間がすべてだった
“それだけ”だったんだ

いくつになったって ほうれん草のソテー
時代を飛び越えて

今だってバカになれるんだ 弾けられるんだ
あの頃へとタイムリープするように
現実を忘れて 二日酔いの眩しい朝焼け
時間が経っても 変わりはしないや

Comments (0)