Haikei ni Tettou, “Chizuru” wa Den’en Nite Matsu. / Wolpis Kater
Share Report

Haikei ni Tettou, “Chizuru” wa Den’en Nite Matsu. / Wolpis Kater Lyrics

TitleHaikei ni Tettou, “Chizuru” wa Den'en Nite Matsu.
廃景に鉄塔、「千鶴」は田園にて待つ。
Performed byWolpis Kater
Composed byTohma
Arranged byN/A
Lyrics byTohma

"Haikei ni Tettou, “Chizuru” wa Den'en Nite Matsu." is the 2nd track from the Korekara mo Wolpis Sha no Teikyo de Ookurishimasu. album released by Wolpis Kater. It was released on December 26, 2018.

廃景に鉄塔、「千鶴」は田園にて待つ。 歌詞

どこかくすんだ九月の日
枯れだす大気は
季節を掻き毟った
母胎の森はいつもより
騒ぎ立てていた

教室の水槽が消え
幾千の魚が
海岸に打ち上がった
不吉にも僕は自転車で
カラスを轢いた

山小屋の羊たちの鳴き声は
何処へ行ったろうか
ずっと長い未来から
逃げ出すみたいに
「ウージの眼」と呼ばれる
巨大な送電塔は
赤く赤く染め上がって
見下ろしていた

閑静な廃景に鉄塔、
田園に浸かって
簡単なカメラで
僕を写した
唐突に視界に入った
黒い制服の彼女は
口を開いた
「あなたは私の
産まれ変わりなの」
そう言ってすぐに
背を向けて去った
焼き付いて離れない表情から
もう逃げられない

タ暮れがアスファルトを焼く
単調に焚きだす祭難子を抜け
綺麗な字が書かれた
紙切れをまた見た

線路に導かれて
聞かない駅, 
二番ホーム 
そこには予告通り
彼女はいた
手には枯れた
花東を持っていた

静寂な夜を歩いた 
会話もなかった
塞がれた石の
トンネルがあった 
板張りの隙間から
奥の方に鳥居が 
僅かに見えた
「あなたの産まれる
前の日のこと、 
16年前の今日を 
教えてあげる」 
花を供えた目は 
泣いていた
これはまだ始まりだった

守られない命も
隠したことも
ほんの些細な言葉も 
誰かが背負っていた
Wolpis Kater

Wolpis Kater (ウォルピスカーター) or also known as Wolpis Carter is an utaite who started singing in 2012. Wolpis Kater has a high pitched voice which can be mistaken for female at times, but his voice can become manly when he sings lower, such as in his cover of "How-to Sekai Seifuku" or "Sarishinohara". He is known for his ballad songs, ...

All site material is property of their respective copyrights owners. All material provided for educational purposes and personal use only. No copyright infringement intended. Please support the artists by purchasing related recordings and merchandise.

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.