Dramaturgy / Eve Album Cover
  • Title: Dramaturgy
  • Also Known As: ドラマツルギー
  • Country: Japan
  • Performer: Eve
  • Composer: Eve
  • Arranger: Numa
  • Lyricist: Eve

Dramaturgy is the 3rd track from the Bunka album released by Eve. It was released on December 13, 2017.

"Dramaturgy" Lyrics

atama de wakatte wa nageita 
korogatteku yousu wo waratta 
sabishii to ka ai to ka wakannai 
ningen no katachi wa nagedashitan da 

kakae kirenai kotoba darake no sonzai shoumei wo 

kono chiisana heya kara derannai 
kidzuitara saigo nigedashitai 
bokura zenin enjite itanda 
endo rooru ni mukatte yukun da 

saa minna hisshi ni yaku wo enjite boukansha nante inai no sa 

"watashi" nante nai no 
doko ni datte inai yo 
zutto boku wa nanimono ni mo narenaide 

bokura ima saa saa kuraiatte 
enchousen sarendaa shite 
meedee awai aiso 
tarenagashi koto no aizou 

doramachikku na tenkai wo dokka kitai shiten darou 

kimi mo YES YES iki wo nonde 
saihai wa soko ni anda 
heddo shotto sawagu omoi mo 
sono kokoro uchinuite saa 
mada minu ito wo hiite kuromaku no odemashi sa 
sono me ni utsuru no wa 

furetara kowarete shimatta 
machigatteku yousu wo damatta 
bokura zenin muku de arimashita 
itsunomani yara kaibutsu ni nattanda 

sono subete wo koutei shinai to mae ni susumenai kai 

"maa kimi ni wa kitto muri nan da"
"dakara kimi ni wa kitto muri nan da"
itsunomani yara gaiya ni itan da 
sonna gaya bakkari tobashite kitan da 

minna hisshi ni jibun wo mamotte sukui no te wo matteru no sa 

kangaetaku wa nai yo 
baka ni natte itai mon 
zutto boku wa nanimono ni mo narenaide 

dakara ima zensen jou ni tatte 
sono hata wa takaku matte 
ressei tayoru aibou 
kotoba sura hitsuyou nai yo 

doramachikku na tenkai wa dotto hiito shiteku darou 

kimi mo YES YES iki wo nonde 
saikai wo chikaiatte 
wan chansu shika nai boku no 
isshun wo kakeru no sa
kuraimakkusu mitai na te ni ase wo nigiru no sa 
potsuri to naita 

kakushite kita honto wa doko ni mo nai 
waratte kita yatsura ni ibasho wa nai 
omoidashite poi tte shite kanjou wa nai 
nagashita namida riyuu nante nai 

yasashisa ni ondo mo kanjirarenai 
sashinobeta te ni utagai shika nai 
ana ga aite ai wa tarete shimai ni nattanda 
taoresou na boku wo nozokikondan da 

akiramekaketa hito no mae ni anta wa 
itsumo azawarau you ni odemashi sa 
kimi ni wa donna fuu ni mieterun dai 
kokyuu wo totonoete saa saa 

zutto boku wa nanimono ni mo narenaide 

bokura ima saa saa kuraiatte 
enchousen sarendaa shite 
meedee awai aiso 
tarenagashi koto no aizou 

doramachikku na tenkai wo dokka kitai shiten darou 

kimi mo YES YES iki wo nonde 
saihai wa soko ni anda 
heddo shotto sawagu omoi mo 
sono kokoro uchinuite saa 
mada minu ito wo hiite kuromaku no odemashi sa 

"sono me ni utsuru no wa"
頭でわかっては嘆いた
転がってく様子を嗤った
寂しいとか愛とかわかんない
人間の形は投げだしたんだ
抱えきれない 言葉だらけの存在証明を
この小さな劇場から出らんない
気づいたら最後逃げ出したい
僕ら全員演じていたんだ
エンドロールに向かってゆくんだ
さあ皆必死に役を演じて傍観者なんていないのさ
“ワタシ”なんてないの
どこにだって居ないよ
ずっと僕は 何者にもなれないで
僕ら今 さあさあ 喰らいあって
延長戦 サレンダーして
メーデー 淡い愛想
垂れ流し 言の愛憎
ドラマチックな展開をどっか期待してんだろう
君も YES YES 息を呑んで
采配は そこにあんだ
ヘッドショット 騒ぐ想いも
その心 撃ち抜いて さあ
まだ見ぬ糸を引いて 黒幕のお出ましさ
その目に映るのは
触れたら壊れてしまった
間違ってく様子を黙った
僕ら全員無垢でありました
いつのまにやら怪物になったんだ
その全てを肯定しないと前に進めないかい
『まあ君にはきっと無理なんだ』
「だから君にはきっと無理なんだ」
いつのまにやら外野にいたんだ
そんなガヤばっかり飛ばしてきたんだ
皆必死に自分を守って救いの手を待ってるのさ
考えたくはないよ
馬鹿になっていたいもん
ずっと僕は 何者にもなれないで
だから今 前線上に立って
その旗は高く舞って
劣勢 頼る相棒
言葉すら必要ないよ
ドラマチックな展開はドットヒートしてくだろう
君も YES YES 息を呑んで
再会を誓いあって
ワンチャンスしかない僕の
一瞬をかけるのさ
クライマックスみたいな 手に汗を握るのさ
ぽつりと鳴いた
隠してきた真実はどこにもない
嗤ってきた奴らに居場所はない
思い出してぽいってして感情はない
流した涙 理由なんてない
優しさに温度も感じられない
差し伸べた手に疑いしかない
穴が空いて愛は垂れてしまいになったんだ
倒れそうな僕を覗き込んだんだ
諦めかけた人の前にアンタは
いつも嘲笑うようにおでましさ
君にはどんな風に見えてるんだい
呼吸を整えて さあ さあ
ずっと僕は 何者にもなれないで
僕ら今 さあさあ 喰らいあって
延長戦 サレンダーして
メーデー 淡い愛想
垂れ流し 言の愛憎
ドラマチックな展開をどっか期待してんだろう
君も YES YES 息を呑んで
采配は そこにあんだ
ヘッドショット 騒ぐ想いも
その心 撃ち抜いて さあ
まだ見ぬ糸を引いて 黒幕のお出ましさ
“その目に映るのは”
Romaji
atama de wakatte wa nageita 
korogatteku yousu wo waratta 
sabishii to ka ai to ka wakannai 
ningen no katachi wa nagedashitan da 
kakae kirenai kotoba darake no sonzai shoumei wo 
kono chiisana heya kara derannai 
kidzuitara saigo nigedashitai 
bokura zenin enjite itanda 
endo rooru ni mukatte yukun da 
saa minna hisshi ni yaku wo enjite boukansha nante inai no sa 
"watashi" nante nai no 
doko ni datte inai yo 
zutto boku wa nanimono ni mo narenaide 
bokura ima saa saa kuraiatte 
enchousen sarendaa shite 
meedee awai aiso 
tarenagashi koto no aizou 
doramachikku na tenkai wo dokka kitai shiten darou 
kimi mo YES YES iki wo nonde 
saihai wa soko ni anda 
heddo shotto sawagu omoi mo 
sono kokoro uchinuite saa 
mada minu ito wo hiite kuromaku no odemashi sa 
sono me ni utsuru no wa 
furetara kowarete shimatta 
machigatteku yousu wo damatta 
bokura zenin muku de arimashita 
itsunomani yara kaibutsu ni nattanda 
sono subete wo koutei shinai to mae ni susumenai kai 
"maa kimi ni wa kitto muri nan da"
"dakara kimi ni wa kitto muri nan da"
itsunomani yara gaiya ni itan da 
sonna gaya bakkari tobashite kitan da 
minna hisshi ni jibun wo mamotte sukui no te wo matteru no sa 
kangaetaku wa nai yo 
baka ni natte itai mon 
zutto boku wa nanimono ni mo narenaide 
dakara ima zensen jou ni tatte 
sono hata wa takaku matte 
ressei tayoru aibou 
kotoba sura hitsuyou nai yo 
doramachikku na tenkai wa dotto hiito shiteku darou 
kimi mo YES YES iki wo nonde 
saikai wo chikaiatte 
wan chansu shika nai boku no 
isshun wo kakeru no sa
kuraimakkusu mitai na te ni ase wo nigiru no sa 
potsuri to naita 
kakushite kita honto wa doko ni mo nai 
waratte kita yatsura ni ibasho wa nai 
omoidashite poi tte shite kanjou wa nai 
nagashita namida riyuu nante nai 
yasashisa ni ondo mo kanjirarenai 
sashinobeta te ni utagai shika nai 
ana ga aite ai wa tarete shimai ni nattanda 
taoresou na boku wo nozokikondan da 
akiramekaketa hito no mae ni anta wa 
itsumo azawarau you ni odemashi sa 
kimi ni wa donna fuu ni mieterun dai 
kokyuu wo totonoete saa saa 
zutto boku wa nanimono ni mo narenaide 
bokura ima saa saa kuraiatte 
enchousen sarendaa shite 
meedee awai aiso 
tarenagashi koto no aizou 
doramachikku na tenkai wo dokka kitai shiten darou 
kimi mo YES YES iki wo nonde 
saihai wa soko ni anda 
heddo shotto sawagu omoi mo 
sono kokoro uchinuite saa 
mada minu ito wo hiite kuromaku no odemashi sa 
"sono me ni utsuru no wa"
Original
頭でわかっては嘆いた
転がってく様子を嗤った
寂しいとか愛とかわかんない
人間の形は投げだしたんだ
抱えきれない 言葉だらけの存在証明を
この小さな劇場から出らんない
気づいたら最後逃げ出したい
僕ら全員演じていたんだ
エンドロールに向かってゆくんだ
さあ皆必死に役を演じて傍観者なんていないのさ
“ワタシ”なんてないの
どこにだって居ないよ
ずっと僕は 何者にもなれないで
僕ら今 さあさあ 喰らいあって
延長戦 サレンダーして
メーデー 淡い愛想
垂れ流し 言の愛憎
ドラマチックな展開をどっか期待してんだろう
君も YES YES 息を呑んで
采配は そこにあんだ
ヘッドショット 騒ぐ想いも
その心 撃ち抜いて さあ
まだ見ぬ糸を引いて 黒幕のお出ましさ
その目に映るのは
触れたら壊れてしまった
間違ってく様子を黙った
僕ら全員無垢でありました
いつのまにやら怪物になったんだ
その全てを肯定しないと前に進めないかい
『まあ君にはきっと無理なんだ』
「だから君にはきっと無理なんだ」
いつのまにやら外野にいたんだ
そんなガヤばっかり飛ばしてきたんだ
皆必死に自分を守って救いの手を待ってるのさ
考えたくはないよ
馬鹿になっていたいもん
ずっと僕は 何者にもなれないで
だから今 前線上に立って
その旗は高く舞って
劣勢 頼る相棒
言葉すら必要ないよ
ドラマチックな展開はドットヒートしてくだろう
君も YES YES 息を呑んで
再会を誓いあって
ワンチャンスしかない僕の
一瞬をかけるのさ
クライマックスみたいな 手に汗を握るのさ
ぽつりと鳴いた
隠してきた真実はどこにもない
嗤ってきた奴らに居場所はない
思い出してぽいってして感情はない
流した涙 理由なんてない
優しさに温度も感じられない
差し伸べた手に疑いしかない
穴が空いて愛は垂れてしまいになったんだ
倒れそうな僕を覗き込んだんだ
諦めかけた人の前にアンタは
いつも嘲笑うようにおでましさ
君にはどんな風に見えてるんだい
呼吸を整えて さあ さあ
ずっと僕は 何者にもなれないで
僕ら今 さあさあ 喰らいあって
延長戦 サレンダーして
メーデー 淡い愛想
垂れ流し 言の愛憎
ドラマチックな展開をどっか期待してんだろう
君も YES YES 息を呑んで
采配は そこにあんだ
ヘッドショット 騒ぐ想いも
その心 撃ち抜いて さあ
まだ見ぬ糸を引いて 黒幕のお出ましさ
“その目に映るのは”

Comments (0)