Baumkuchen End / Eve Album Cover
  • Title: バウムクーヘンエンド
  • Also Known As: Baumkuchen End
  • Country: Japan
  • Performer: Eve
  • Composer: Eve
  • Arranger: Numa
  • Lyricist: Eve

Baumkuchen End is the 10th track from the Smile album released by Eve. It was released on February 12, 2020.

"Baumkuchen End" Lyrics

karamawari bakka de sa kore ga boku nan datteba
aiso tsukarete hanarebanare no te
yuujuu fudan datte sa nodo made kiten datteba
"kaishin no ichigeki" ga nai you ja

maa kitai shitatte kotae wa mietemashita
kono dou shiyou mo nai kurai no puraido ni
oite ikarete shimai sou na boku wa
nanimo nokoranai nokori wa shinai bibitten janai ka
umaku natteiku aiso warai nan desu

boku nante douse kimi no mae ja kitto

koe ni dashita tte boku wa koe ni dashita tte boku wa
dare no mimi ni mo todokanu kurai nara
kokoro ni shimatte daiji ni suru kara

omoidashitan da boku wa omoidashitan da boku wa
koko de hajimete naiteru kimi wo mita
uso demo ii kara sono kotoba de sukutte

nichijou ni iradatte wa buchikowashitain datteba
kanjou yusuburareru kono setsuna
itami wo shiranai mama koko made kitan datteba
kantan ni iki ga dekinakunaru

aa sonna mon ka mada nanimo tsutaetenain da
kono dou shiyou mo nai kurai no memai ni osowarete yoru mo
kosenai to bokura koukai nado nai to omoun da
hora mata aiso warai nan desu

boku nante douse kimi no mae ja kitto

omoi wo tsutaetakute boku wa omoi wo tsutaetakute boku wa
kako wo kaeru koto nado dekinai kedo
ashita ni kitai shitai kara mada owaranaide daiji ni suru kara

koe ni dashita tte boku wa koe ni dashita tte boku wa
dare no mimi ni mo todokanu kurai nara
kokoro ni shimatte daiji ni suru kara

omoidashitan da boku wa omoidashitan da boku wa
koko de hajimete naiteru kimi wo mita

"kimi no sono ippo ga irodoru sekai ni"

uso demo ii kara sono kotoba de sukutte
空回りばっかでさ これが僕なんだってば
愛想尽かれて 離れ離れの手
優柔不断だってさ 喉まできてんだってば
“かいしんのいちげき” がないようじゃ

まあ 期待したって 答えはみえてました
このどうしようもないくらいのプライドに
おいていかれてしまいそうな僕は
何も残らない 残りはしない びびってんじゃないか
上手くなっていく 愛想笑いなんです

僕なんて どうせ君の前じゃきっと

声に出したって僕は 声に出したって僕は
誰の耳にも届かぬくらいなら 
心にしまって 大事にするから

思い出したんだ僕は 思い出したんだ僕は
ここで初めて泣いてる君を見た 
嘘でもいいから その言葉で救って

日常に苛立っては ぶち壊したいんだってば
感情揺すぶられるこの刹那
痛みを知らないまま ここまで来たんだってば
簡単に息ができなくなる

ああそんなもんか まだ何も伝えてないんだ
このどうしようもないくらいの眩暈に襲われて夜も
越せないと僕ら 後悔などないと思うんだ
ほらまた 愛想笑いなんです

僕なんて どうせ君の前じゃきっと

想いを伝えたくて僕は 想いを伝えたくて僕は
過去を変える事などできないけど
明日に期待したいからまだ 終わらないで 大事にするから

声に出したって僕は 声に出したって僕は
誰の耳にも届かぬくらいなら 
心にしまって 大事にするから

思い出したんだ僕は 思い出したんだ僕は
ここで初めて泣いてる君を見た 

“キミのその一歩が 彩る世界に”

嘘でもいいから その言葉で救って
Romaji
karamawari bakka de sa kore ga boku nan datteba
aiso tsukarete hanarebanare no te
yuujuu fudan datte sa nodo made kiten datteba
"kaishin no ichigeki" ga nai you ja

maa kitai shitatte kotae wa mietemashita
kono dou shiyou mo nai kurai no puraido ni
oite ikarete shimai sou na boku wa
nanimo nokoranai nokori wa shinai bibitten janai ka
umaku natteiku aiso warai nan desu

boku nante douse kimi no mae ja kitto

koe ni dashita tte boku wa koe ni dashita tte boku wa
dare no mimi ni mo todokanu kurai nara
kokoro ni shimatte daiji ni suru kara

omoidashitan da boku wa omoidashitan da boku wa
koko de hajimete naiteru kimi wo mita
uso demo ii kara sono kotoba de sukutte

nichijou ni iradatte wa buchikowashitain datteba
kanjou yusuburareru kono setsuna
itami wo shiranai mama koko made kitan datteba
kantan ni iki ga dekinakunaru

aa sonna mon ka mada nanimo tsutaetenain da
kono dou shiyou mo nai kurai no memai ni osowarete yoru mo
kosenai to bokura koukai nado nai to omoun da
hora mata aiso warai nan desu

boku nante douse kimi no mae ja kitto

omoi wo tsutaetakute boku wa omoi wo tsutaetakute boku wa
kako wo kaeru koto nado dekinai kedo
ashita ni kitai shitai kara mada owaranaide daiji ni suru kara

koe ni dashita tte boku wa koe ni dashita tte boku wa
dare no mimi ni mo todokanu kurai nara
kokoro ni shimatte daiji ni suru kara

omoidashitan da boku wa omoidashitan da boku wa
koko de hajimete naiteru kimi wo mita

"kimi no sono ippo ga irodoru sekai ni"

uso demo ii kara sono kotoba de sukutte
Original
空回りばっかでさ これが僕なんだってば
愛想尽かれて 離れ離れの手
優柔不断だってさ 喉まできてんだってば
“かいしんのいちげき” がないようじゃ

まあ 期待したって 答えはみえてました
このどうしようもないくらいのプライドに
おいていかれてしまいそうな僕は
何も残らない 残りはしない びびってんじゃないか
上手くなっていく 愛想笑いなんです

僕なんて どうせ君の前じゃきっと

声に出したって僕は 声に出したって僕は
誰の耳にも届かぬくらいなら 
心にしまって 大事にするから

思い出したんだ僕は 思い出したんだ僕は
ここで初めて泣いてる君を見た 
嘘でもいいから その言葉で救って

日常に苛立っては ぶち壊したいんだってば
感情揺すぶられるこの刹那
痛みを知らないまま ここまで来たんだってば
簡単に息ができなくなる

ああそんなもんか まだ何も伝えてないんだ
このどうしようもないくらいの眩暈に襲われて夜も
越せないと僕ら 後悔などないと思うんだ
ほらまた 愛想笑いなんです

僕なんて どうせ君の前じゃきっと

想いを伝えたくて僕は 想いを伝えたくて僕は
過去を変える事などできないけど
明日に期待したいからまだ 終わらないで 大事にするから

声に出したって僕は 声に出したって僕は
誰の耳にも届かぬくらいなら 
心にしまって 大事にするから

思い出したんだ僕は 思い出したんだ僕は
ここで初めて泣いてる君を見た 

“キミのその一歩が 彩る世界に”

嘘でもいいから その言葉で救って

Comments (0)