Adabana no Namida / Wolpis Kater

Adabana no Namida / Wolpis Kater Album Cover
  • Title: 徒花の涙
  • Also Known As: Adabana no Namida
  • Country: Japan
  • Performer: Wolpis Kater
  • Composer: HarryP
  • Arranger: Teruaki “EDDY“ Tanahashi
  • Lyricist: HarryP

Adabana no Namida is the 11th track from the 40 Kajitsu no Ki album released by Wolpis Kater. It was released on March 25, 2020.

"Adabana no Namida" Lyrics

hitorikkiri ano ko wa naite ita nigedashita kako no muryoku omoidashite
taisetsu na kioku wo hitakakushi umarete wa ikenakatta to naite ita

jihen no aranami ga uneri wo agete yuku izure daremo ga tooru wakaremichi e
atomodori ga dekinai bokura no jiyuu to wa nan darou ka deatte shimau meiro

umareta daishou bakari ni tsumi wo daite shinisokonatta kokoro ga
nokosareta ai mo ubatte shimatte karappo ni natta
toite yo itai yo koroshite kure yo unasareta yoru no yukusue wa
kimetsukerareta tsuuretsu na sanjou karetsu gouku no naka de

nakiyanda ano ko wa fukitsu na ko aitsu wa aitsu wa kodoku nan da
mujun wo kakiatsumete sute ni yuku sugata jibun ni wa fusawashii to ni wo oroshita

aruiwa itsuka dareka no tame ni nari donna shigoto mo konasetara ii natte
mi wo kogashita setsunai omoide ni
tsunagarete fujiyuu na no ni ano ko wa waratte ita

dare ni mo kegasarete inai shinjitsu no ai wo motomete ikinuku kokoro ga
arukeba mizu wo kakerareru you na kareta sekai darou
tsurai no wa mou narekko datte kaerarenai koto wo shitteru
muryoku na mama de waraiaeru hibi
sore dake ga anata e yurusunara taenuite misete

tokoyo to utsushiyo no sakaime ni ochite ten to chi no hazama de chuu burari darou
onegai anata wa kurayami ni idomu hito manazashi wo mukeru saki ni hikari wo sagaseru hito

itsuka anata no chikaku de naite iru dareka ga iru to shitara
kitto bokutachi no namida mo sono umi ni nagaretsuku
nureta hoho ni nukumori no kasa wo sashite ame wo shinogou yo
kesshite mayowanai asa ga kuru kurushimi no mukougawa ni

inochi no daishou nante doko ni mo nai ze arayuru subete no kokoro wa
towa ni kagayaku senkou to natte tsukisusunde yuke
aisare sugite ushinatta ai wo kodoku to iu na no sekai darou
ano ko wa kimi ni deau made ima mo naite iru kara

sou da bokutachi wa kurushikute mo iki wo suru
itsuka wa sou da bokutachi wa ureshikute naite ita

ikiru imi sore wa umareta koto / (seiippai iki wo shiyou ze)
bokutachi ga ikiru "ima" no koto / (donna konnan mo norikoero)
一人っきり あの子は泣いていた 逃げ出した過去の無力 思い出して
大切な記憶を ひた隠し 生まれてはいけなかったと泣いていた

事変の荒波が 畝りをあげてゆく いづれ誰もが通る 別れ道へ
後戻りができない 僕らの 自由とは何だろうか 出会ってしまう迷路

生まれた 代償ばかりに罪を抱いて 死に損なった心が
のこされた愛も奪ってしまって からっぽになった
解いてよ 痛いよ 殺してくれよ うなされた夜の行く末は
決めつけられた 痛烈な惨状 苛烈業苦の中で

泣き止んだあの子は不吉な子 あいつはあいつは孤独なんだ
矛盾をかき集めて 捨てにゆく姿 自分には相応しいと荷を下ろした

或いはいつか 誰かのためになり どんな仕事も熟せたらいいなって
身を焦がした 切ない思い出に
繋がれて不自由なのに あの子は笑っていた

誰にも 汚されていない 真実の愛を 求めて生き抜く心が
歩けば 水をかけられるような 枯れた世界だろう
つらいのはもう 慣れっこだって 変えられないことを知ってる
無力なままで 笑いあえる日々
それだけがあなたへ許すなら 耐え抜いてみせて

常世と現世の境目に落ちて 天と地の狭間で宙ぶらりだろう
お願い あなたは 暗闇に挑む人 眼差しを向ける先に 光を探せる人

いつか あなたの 近くで 泣いている 誰かがいるとしたら
きっと 僕たちの 涙も その海に流れつく
濡れた頬に 温もりの 傘をさして 雨を凌ごうよ
決して迷わない 朝が来る 苦しみの向こう側に

命の大小 なんてどこにもないぜ あらゆる全ての心は
永遠に輝く閃光となって 突き進んでゆけ
愛され過ぎて失った愛を 孤独という名の世界だろう
あの子は 君に出会うまで 今も泣いているから

そうだ 僕たちは 苦しくても 息をする
いつかはそうだ 僕たちは 嬉しくて 泣いていた

生きる意味それは 生まれたこと /(精一杯 息をしようぜ)
僕たちが生きる「今」のこと /(どんな困難も乗り越えろ)
Romaji
hitorikkiri ano ko wa naite ita nigedashita kako no muryoku omoidashite
taisetsu na kioku wo hitakakushi umarete wa ikenakatta to naite ita

jihen no aranami ga uneri wo agete yuku izure daremo ga tooru wakaremichi e
atomodori ga dekinai bokura no jiyuu to wa nan darou ka deatte shimau meiro

umareta daishou bakari ni tsumi wo daite shinisokonatta kokoro ga
nokosareta ai mo ubatte shimatte karappo ni natta
toite yo itai yo koroshite kure yo unasareta yoru no yukusue wa
kimetsukerareta tsuuretsu na sanjou karetsu gouku no naka de

nakiyanda ano ko wa fukitsu na ko aitsu wa aitsu wa kodoku nan da
mujun wo kakiatsumete sute ni yuku sugata jibun ni wa fusawashii to ni wo oroshita

aruiwa itsuka dareka no tame ni nari donna shigoto mo konasetara ii natte
mi wo kogashita setsunai omoide ni
tsunagarete fujiyuu na no ni ano ko wa waratte ita

dare ni mo kegasarete inai shinjitsu no ai wo motomete ikinuku kokoro ga
arukeba mizu wo kakerareru you na kareta sekai darou
tsurai no wa mou narekko datte kaerarenai koto wo shitteru
muryoku na mama de waraiaeru hibi
sore dake ga anata e yurusunara taenuite misete

tokoyo to utsushiyo no sakaime ni ochite ten to chi no hazama de chuu burari darou
onegai anata wa kurayami ni idomu hito manazashi wo mukeru saki ni hikari wo sagaseru hito

itsuka anata no chikaku de naite iru dareka ga iru to shitara
kitto bokutachi no namida mo sono umi ni nagaretsuku
nureta hoho ni nukumori no kasa wo sashite ame wo shinogou yo
kesshite mayowanai asa ga kuru kurushimi no mukougawa ni

inochi no daishou nante doko ni mo nai ze arayuru subete no kokoro wa
towa ni kagayaku senkou to natte tsukisusunde yuke
aisare sugite ushinatta ai wo kodoku to iu na no sekai darou
ano ko wa kimi ni deau made ima mo naite iru kara

sou da bokutachi wa kurushikute mo iki wo suru
itsuka wa sou da bokutachi wa ureshikute naite ita

ikiru imi sore wa umareta koto / (seiippai iki wo shiyou ze)
bokutachi ga ikiru "ima" no koto / (donna konnan mo norikoero)
Original
一人っきり あの子は泣いていた 逃げ出した過去の無力 思い出して
大切な記憶を ひた隠し 生まれてはいけなかったと泣いていた

事変の荒波が 畝りをあげてゆく いづれ誰もが通る 別れ道へ
後戻りができない 僕らの 自由とは何だろうか 出会ってしまう迷路

生まれた 代償ばかりに罪を抱いて 死に損なった心が
のこされた愛も奪ってしまって からっぽになった
解いてよ 痛いよ 殺してくれよ うなされた夜の行く末は
決めつけられた 痛烈な惨状 苛烈業苦の中で

泣き止んだあの子は不吉な子 あいつはあいつは孤独なんだ
矛盾をかき集めて 捨てにゆく姿 自分には相応しいと荷を下ろした

或いはいつか 誰かのためになり どんな仕事も熟せたらいいなって
身を焦がした 切ない思い出に
繋がれて不自由なのに あの子は笑っていた

誰にも 汚されていない 真実の愛を 求めて生き抜く心が
歩けば 水をかけられるような 枯れた世界だろう
つらいのはもう 慣れっこだって 変えられないことを知ってる
無力なままで 笑いあえる日々
それだけがあなたへ許すなら 耐え抜いてみせて

常世と現世の境目に落ちて 天と地の狭間で宙ぶらりだろう
お願い あなたは 暗闇に挑む人 眼差しを向ける先に 光を探せる人

いつか あなたの 近くで 泣いている 誰かがいるとしたら
きっと 僕たちの 涙も その海に流れつく
濡れた頬に 温もりの 傘をさして 雨を凌ごうよ
決して迷わない 朝が来る 苦しみの向こう側に

命の大小 なんてどこにもないぜ あらゆる全ての心は
永遠に輝く閃光となって 突き進んでゆけ
愛され過ぎて失った愛を 孤独という名の世界だろう
あの子は 君に出会うまで 今も泣いているから

そうだ 僕たちは 苦しくても 息をする
いつかはそうだ 僕たちは 嬉しくて 泣いていた

生きる意味それは 生まれたこと /(精一杯 息をしようぜ)
僕たちが生きる「今」のこと /(どんな困難も乗り越えろ)

Comments (0)